アーカイブ

‘日々の雑記’ カテゴリーのアーカイブ

レスポンシブ導入

お久しぶりでございます。実に3年ぶりの投稿になりますか。

その間、震災など世の中の情勢も大きく変わり、自分の身辺でもいろいろな変化がありましたが、思うところあってblogの更新を再開します。とは言え、以前ほど頻繁には更新するつもりはないですし、内容も事務的なものになる見込みです。よろしくお願いいたします。

で、タイトルの通り、我がサイトにもレスポンシブ、導入しました。Google先生がどうしてもというので、ここのところの流行でもあるし、サイトリニューアルと相成りました。サイトリニューアルと言っても、PCデバイスでの見え方はほとんど変わりませんし、トップページをはじめ対応していないページも多くあります(汗

レスポンシブウェブデザインというのは、ブラウザの横幅から判断して、そのサイズのブラウザ画面で綺麗に見えるようにスタイルシートを切替えて、同一HTMLソースで複数のデバイスに対応させる手法全般のことを言います。CSS3のMedia Queryを利用して実装します。

そもそもの切っ掛けは、Google AdSenseのレポートから一部のページ、手作りきりたんぽに挑戦のページですが、そのアクセスの割合がPCよりスマートフォンの方が多いというレポートがありまして、実際アクセスログの分析からも同様の結果が出ていまして、時代は変わったなぁと思う次第であります。しかしながら前述のとおりCSS3による実装なので古いブラウザ、特にIE8以前のブラウザではこちらの意図した表示ができていないものと思います(IE 8の環境が無くて未確認)。アクセスログからは全ページの平均で(IE8以前 : IE9以降)=(4 : 5)なので、世の中的にはまだまだレガシーブラウザ全盛といったところですが、来年にはコンシューマー向けのWindows XPのサポートも終了するとのことですので、ちょうど良い機会かなと思います。なお、IE8以前のブラウザをMedia Queryに対応させるためのJavaScriptがあるようですが、当方としては対応する予定はありません。

UserAgent別カウンタ

UserAgent別カウンタ - 過去一ヶ月の集計

ちなみにAdsenseやアクセスログ解析の傾向からは別な面白い結果も見えていまして、これはまた別の機会に。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連, 日々の雑記 タグ:

飛鳥II寄港予定2010年版

明日4/1(木)夕方から~4/4(日)午後まで、横浜港の大さん橋埠頭に豪華客船「飛鳥II」が寄港します。

ただ寄港するだけなら良くあることなのですが、この4日間は、夜間も停泊しています。つまり、巨大な豪華客船の夜景が見られるというわけですが、横浜港客船入港予定を見ると、今年は早くもこれが最後の機会となっています。

横浜市港湾局 横浜港客船入港予定(2010年)

季候も良くなってきましたから、皆様お誘い合わせの上大さん橋埠頭までお出かけください。因みに私は金曜日あたりを狙っています。

遠方で出かけられないという方は、↓こちらのスクリーンセーバーをどうぞ。追加データに飛鳥IIの夜景もあります。

横濱夜景散歩 (窓の杜の紹介記事は→こちら

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ: ,

映画鑑賞報告:アバター (AVATAR)

遅ればせながら表題の作品、見てきましたよ、という話。

DVDやBlu-rayが発売間近にもかかわらず、いまだに上映しているほどの人気振りですね。私も、大きなスクリーンで3Dを体験してみたくて、仕事が忙しくないのを良いことに、家族に内緒で仕事帰りのレイトショーに行ってしまいました。

感想ですが、映像は大迫力、3Dも効果的で見ごたえ十分です。ストーリーもいろいろなサイトでの評判ほど悪くもなく、娯楽作品としてはA級の部類だと思います。いろいろな映画などにいろいろと影響を受けている感じはしましたが、目くじら立てるほどのことはないですね。

何よりも、パンドラという名の未開の衛星の自然や風景がすばらしく、アクション大作というよりは『アトランティス』や『ディープ・ブルー』『アース』といった類のドキュメンタリー映画として観る楽しみ方もできるかと思います。そういった意味では、原住民たちの暮らしぶりや生態系の描写に物足りなさを感じました。2時間42分の上映時間では表現しきれないということなのでしょう。

ジェイムズ・キャメロン監督が子供のころから暖めていた作品とのこと。もっと掘り下げて、もっと緻密な世界観を見てみたかったです。海辺に暮らす原住民の暮らしぶりや海洋生物達の生態、空を飛ぶ生物達、森の動物達、飛び交う無数の小さな昆虫達、神秘的な発光植物達、狂った磁場の中で生活する生き物達、、、 12回×2クールぐらいのテレビシリーズにしたら良かったかもしれませんね。ディスカバリーチャンネルみたいな感じにして。

3Dについては、↓のような面白いことをやってる人もいるようですよ。

『アバター』3D全方式完全制覇レビュー:It’s a …:So-net blog.

私が見た映画館はRealD方式でした。目は全く疲れませんでした。画面右に出る字幕にはバリバリゴースト出てましたが、体勢に影響なしです。それにしても本当に自然な感じの3Dで、これなら奇をてらった一時的なブームだけでは終わらないかもしれないと思えました。

そういえば、昔、東京ディズニーランドに『キャプテンEO』という3D映画を見せるアトラクションがありましたね。マイケル・ジャクソン主演で。あれ、そろそろ復活しないのかなぁ。

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ:

そうよ鉱山も長いのよ

今回は少し趣向を変えて、音楽販売業界の構造不況の話。

音楽のダウンロード購入者数、2009年に前年比100万人の減少–NPD調査

CD 派とダウンロード派で音楽の試聴方法にも違い

最近の仕事柄、音楽販売業の業界のことをいろいろと調べたりしています。音楽販売業も世間一般同様不景気なわけで、小売りでは特にCDが売れない、売れないと嘆いている訳です。一方、音楽のダウンロード販売に関しても、つい先日iTunesが100億ダウンロード突破したとか言って浮かれていますが、上の記事からも、必ずしもダウンロード販売がCD販売に取って代わっているとは言えない事態のようなのです。大手量販店のサイトではダウンロード販売を終了したところも、ちらほらとあるようですし。業界の景気が悪いのは、どうやら単純に世の中一般に言う不景気のせいだけではないようです。

詳細な分析は専門家に任せるとして、想像するに、人々と音楽との関わり方が変わってきているのが原因の一つではないかと思います。周りの若い人々の話を聞いても、CDも買わなければダウンロードしたことも無いという人が結構居たりするし。車を持っていない=ドライブしながら音楽を聴くことがない、と言う人も多いですし、移動時間や待ち合わせの暇つぶしの主役も音楽ではなくなっていますし。

一方、下の記事にも書かれているように、コンサートやライブなどのチケット販売は好調なようで、人々が完全に音楽を購入することから離れてしまっているわけでもなさそうです。

コンビニ「チケット販売戦争」 セブン「ぴあ出資」で激化

不景気故の本物志向の現れなのか、ライブを通してリアルに繋がっていたいという時代感覚の表れなのか… いずれにしても、音楽を作っている人達から見れば、ライブだろうとCDだろうと、「音楽ができる」という点においては大差はないのかも知れないですけど。

古くは造船とか鉱山にしても、構造不況から立ち直った例は聞きません。音楽販売業にはなんとか復活してもらいたいものです。飯の種なので (^_^;

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ:

不景気だけのせいにはできないな

1週間ぶりの更新となります。

この1週間、小売系の某社にシステムを売るための最後の追い込みでがんばってみたのですが、結果、ダメでした。不景気だからと言ってしまえばそれまでですが、買う側にしてみたら、安くなるからとかお得だからとか言うのは、システム導入の決定打にはならないです。そもそも、その提案されたシステムに業務としての必然性、もしくは、経営者の施策に対する必然性が無ければ、モチベーションにはならないということですね。

まぁ、今にして思えば当たり前のことなのですが、この当たり前になかなか気付けないでいます。やってみてダメでガッカリして、こうやって振り返ってみてまた落ち込んでみたりして。。。

エリクサーとその仲間たち

というわけで、でもないですがエリクサーです。今回も発売されていたのですね。以前はポーションだった気もしますが、レベルアップしたわけですか。エリクサーの後ろに並んでいるのは、個人的にはエリクサーと同じぐらい癒し効果のあるCOEDOビールです。近所のスーパーで見かけたので買ってしまいました。まさか横浜でこのビールに出会えるとは。

HPも回復できたことだし、来週からがんばろう!

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ:

忘れてはならない

IT関連ではないですが… 肝炎対策法案が衆参両議会で可決されましたね、という話。

肝炎対策法と返済猶予法が成立

しかし…忘れてはならない。国家の怠慢と知らず死に甘んじた犠牲者達が居たことを。病と闘い、自らもが犠牲になった医師達が居たことを。

そういう者達の無念と、我々に託された思いを忘れてはならない。

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ:

トップページをチョビっと変更

AIDE’s Favorites & Works のトップページをチョビっとだけ変更しました。さてどこを変更したでしょう?こう言うのちょっと前にありましたね。ゆっくり変わるから脳が認識できないっていうやつ。

JavaScriptのサンプルを作ってくれた後輩のKくん、どうもありがとう!

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ:

これはもうパンデミックではないのか

言わずと知れた、インフルエンザ・A型の話です。(医療関係でない)一般の企業では身近に感染者が少ないので、もしかしたらピンと来ないかも知れません。電車に乗っていても流行り初めの5月の頃に比べてマスク姿が少ないですし。ところが、小学生の子供がいる方は既知かと思いますが、学校関係での感染状況は、もしかしてこれってパンデミック?とも思える状況です。

ちなみに、、、「パンデミック」とは、「ある感染症(特に伝染病)が世界的に流行すること(Wikipediaより)」ですので、正確にはパンデミックとは言わないかもしれませんが、小学生という特定の集団においてはかなりの感染率に達しています。

こんな記事もありましたよ。

インフルエンザの休校や閉鎖、前週の1.6倍

実際のところ、小学校における感染率はすさまじいものがあります。私の携帯には長男の通っている横浜市内の某公立小学校から週次で報告メールが来るのですが、それによると、全校生徒の約30%が既に感染済みで、今週は3クラスが学級閉鎖、先々週には1学年が学年閉鎖という状況です。

かくいう私の長男も今週の月曜日に感染が確認され、次男は幼稚園から、私も会社から、3日間ほどの自宅待機を命じられて燻っておりました。幸いにして、私も家内も次男も、今のところ感染してはいないようです。

これから本格的な流行期に入ると言われていますが、今度は未感染の大人や幼児がターゲットになるものと思われます。この先毒性が強くなることも危惧されています。皆さんも食事の前と帰宅時の手洗いは忘れぬよう。。。

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ: