アーカイブ

‘IT関連’ カテゴリーのアーカイブ

レスポンシブ導入

お久しぶりでございます。実に3年ぶりの投稿になりますか。

その間、震災など世の中の情勢も大きく変わり、自分の身辺でもいろいろな変化がありましたが、思うところあってblogの更新を再開します。とは言え、以前ほど頻繁には更新するつもりはないですし、内容も事務的なものになる見込みです。よろしくお願いいたします。

で、タイトルの通り、我がサイトにもレスポンシブ、導入しました。Google先生がどうしてもというので、ここのところの流行でもあるし、サイトリニューアルと相成りました。サイトリニューアルと言っても、PCデバイスでの見え方はほとんど変わりませんし、トップページをはじめ対応していないページも多くあります(汗

レスポンシブウェブデザインというのは、ブラウザの横幅から判断して、そのサイズのブラウザ画面で綺麗に見えるようにスタイルシートを切替えて、同一HTMLソースで複数のデバイスに対応させる手法全般のことを言います。CSS3のMedia Queryを利用して実装します。

そもそもの切っ掛けは、Google AdSenseのレポートから一部のページ、手作りきりたんぽに挑戦のページですが、そのアクセスの割合がPCよりスマートフォンの方が多いというレポートがありまして、実際アクセスログの分析からも同様の結果が出ていまして、時代は変わったなぁと思う次第であります。しかしながら前述のとおりCSS3による実装なので古いブラウザ、特にIE8以前のブラウザではこちらの意図した表示ができていないものと思います(IE 8の環境が無くて未確認)。アクセスログからは全ページの平均で(IE8以前 : IE9以降)=(4 : 5)なので、世の中的にはまだまだレガシーブラウザ全盛といったところですが、来年にはコンシューマー向けのWindows XPのサポートも終了するとのことですので、ちょうど良い機会かなと思います。なお、IE8以前のブラウザをMedia Queryに対応させるためのJavaScriptがあるようですが、当方としては対応する予定はありません。

UserAgent別カウンタ

UserAgent別カウンタ - 過去一ヶ月の集計

ちなみにAdsenseやアクセスログ解析の傾向からは別な面白い結果も見えていまして、これはまた別の機会に。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連, 日々の雑記 タグ:

青の巨人がいよいよ動くぞ

CloudBurstなどでプライベートプラウドに注力すると見せかけていたIBMが、遂にパブリッククラウドへ本格参入する、という話。ちょうど一年前に「データセンターが全てを握る日」というエントリーを書きましたが、全てを握るのはこの巨人かも知れません。

IBM Impact 2010 Report:いよいよ「IBM Cloud」始動、年内に国内でもサービス開始へ

IBMは「IBM Cloud」の正式リリースにより、SaaSのLotus Liveに加えてPaaSをも手にすることになります。そして、上のリンクの記事にも「多くのISVがIBM Cloudを活用してサービス提供してくれることを狙っている。」と書かれているように、IBMは今後、巷のエンタープライズ系のISV達を巻き込んだ壮大なエコシステムを、ゆっくりながらも着実に作り上げていくものと思われます。

これは、システム開発を生業とするSIerには思わぬチャンスとなるかもしれません。IBMは企業向けシステムにおいては一日の長があります。クラウドコンピューティングに対して企業のリーダーが抱いている不安を取り除く方法を編み出すかもしれません。IBM Cloudも他のPaaS同様、ハー ドウェアにかかる費用をかなり抑えた提案ができるでしょうから、うまくいけば、近年ますます重くなっていた企業の情報担当役員の腰を上げさせるきっかけになるかもしれません。

もちろん、それにはSIerがこの新しい運用形態を使いこなせることが前提です。IBM Cloudの日本での正式リリースは今秋以降でしょうか。もうそんなに時間はありませんが、まだ間に合います。↓のリンクからどうぞ。

IBM Smart Business Development & Test

そして、このことに一番警戒しなくてはならないのは、Google Apps Engine擁するGoogleかもしれません。IBM Cloud & Lotus Liveは、Google Apps Engine & GMail他に真っ向勝負を挑む形になってしまいました。

IBMは動きの遅い巨人ではありますが、百戦錬磨の手練れです。未だにベンチャー企業のような動きしかできないGoogleとは、何というか、企業としてのレベルのようなものが違うように思います(そこがGoogleの魅力であったりもしますが)。

一年後が楽しみです。

この記事をついーと

やはりiPhoneはMacになってしまうのか

ここ最近のAppleの動きについての話。

iPhone アプリ開発から他社ツール閉め出し Appleの真意は?

「Appleの意向で」ヨドバシ通販、Apple製品の扱い中止 Amazon、ジョーシンは継続

これは、Appleのいつもの戦略。今回も、自社の強いブランド力を前面に出してゴリ押しているようですね。このやり口には、先進的ですばらしく良いマシンだったMacintoshを、ただのマイノリティーマシンのMacにしてしまったという前科があります。

販売戦略に関してはもとより、「プラットフォームとしてのiPhone」という観点においては、このゴリ押しは致命傷となる可能性があります。特に、対Androidとして見てみると、まるで往年のオフコンがオープン系のサーバー達に駆逐されていく様を見ているようではありませんか。

プラットフォームを盛り上げるには開発者を増やすのが不可欠。開発者を集めるには自由なフロンティアを用意するのが不可欠。これは過去の歴史からも明らかです。専制君主制のジョブズ帝国に最後まで残っていたのは熱狂的な信者だけ、なんて話にならなければ良いですけどね。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ:

復活なるか、おサイフケータイ

みなさんXperiaに充電しまくってますかー?Xperiaを使い始めて驚いたのは、バッテリーの持ちが画期的に悪いということと、パケホーダイの上限を4日で超えてしまったということ。という訳で、今回はケータイ料金節約をがんばる話。

NTT docomoのイメージといえば、「繋がる」「音質が良い」というポジティブなものから、「高い!」というネガティブなものまでありますが、どんなに回線品質が良くても通話料金は下げたいのが人情。しかしながら、複雑な料金体系のオプションや割引を駆使して料金を抑えるにも限界があります。かといって、パケットを使うのを我慢するとかはしたくないですしね。

そこで、docomoを使用しながら、docomoではないキャリアを併用して料金を下げる作戦を考えてみたいと思います。まずは、SIMカードについての基礎知識を下のサイトをどうぞ。

SIMカード – Wikipedia

携帯電話の隠れた必須アイテム、SIMカードに迫る!!

で、先日、日本通信からSIMカード「通信電池 b-mobileSIM U300」の単体売りが発表されました。

日本通信、SIMフリー端末向けにSIMカード販売へ

これは何かと簡単に言うと、日本通信という会社が販売する「b-mobileSIM」というSIMカードを手持ちのスマートフォンやデータ通信用のアダプターに装着すると、月額2,483円(固定料金)でパケット通信が使い放題になるという代物です。しかも、日本通信のサイトをみると、なんと、動作確認端末一覧にXperiaが掲載されているではないですか!

この「b-mobileSIM U300」については、下のリンクに詳しく書かれています。

[Xperia_Report] Xperia SO-01B レビュー 第6回 b-mobileSIMで利用料を削減しよう!

詳しくは上記サイトや直接日本通信のb-mobileSIMのサイトを見てもらうとして、簡単に特徴とメリデメを挙げておきます。

  • 特徴
    • docomo FORMA回線を利用
    • 前払いの完全固定料金制
  • メリット
    • 料金が安い。年間契約なら1ヶ月あたり2,483円、1ヶ月のみの契約でも2,980円
    • 回線がdocomo FORMAなので広域で高品質
  • デメリット
    • 通話では利用できない
    • データ転送速度の上限が300Kbpsに抑えられている

デメリットとして「通話はできない」と言うことがあがっていますが、以前利用していたケータイを活用することで克服できそうです。つまり、

  1. 現在Xperiaに装着されているFORMAカードを以前使用していたケータイへ移設して通話専用で使用
  2. Xperiaにはb-mobileSIM装着してメールやWebなどデータ通信専用で使用

という2台体制で運用することで、克服しようというものです。

で、この運用で実際どのくらいお安くなるのかというのを試算するために、自分が現在支払っている料金と、そこにb-mobileSIMを導入した場合の料金の比較をしてみます。試算の前提は以下のとおりです。

  • 通話料金は無料通話分で収まっていると仮定する
  • iモードの利用は無料分に収まっていると仮定する
  • データ通信は上限一杯まで利用すると仮定する
  • b-mobileSIMは1ヶ月契約のパッケージを利用すると仮定する

パケット代の考え方ですが、Xperiaに替えてからの傾向としてはほぼ毎月パケホーダイの上限にいきそうですので、その料金で計算します。一方、b-mobileSIMに移行した場合はiモードはほとんど使わないという前提で、最低料金で計算します。

以上の条件で比較したのが下の表です。

現在の料金 b-mobileSIMを
使った場合
タイプSSバリュー+ファミ割★MAX50適用 980円 980円
付加機能使用料(iモード) 315円 315円
付加機能使用料(メロディーコール) 105円 105円
メロディーコール音源利用料 105円 105円
ケータイ補償 お届けサービス 315円 315円
ユニバーサルサービス料 8円 8円
mopera U スタンダードプラン 315円 315円
パケ・ホーダイ ダブル 5,985円
(上限一杯まで使う)
390円
(無料分で収める)
b-mobileSIM U300 1ヶ月契約 - 2,980円
合計 8,128円 5,513円

なんと、毎月2,615円もお安くなります!!しかも、b-mobileSIMに完全移行した暁には、1年契約のパッケージにしたり、パケホーダイダブルを解約したり、moperaUを解約したりすることでさらに料金を下げることが可能になるわけです!さらに、2台体制をとることで、通話を行わないことによるXperiaのバッテリー消費の低減が期待されたり、何より、おサイフケータイが使えるようになる!という思わぬ副産物(というより、これが狙いか?)があります。

今月は既にパケホ上限オーバーですので、来月からこの作戦に切り替えてレポートしようと思います。乞うご期待。

※2010/4/14追記

少し気になったので日本通信にウェブサイトの質問フォームからいくつか質問してみました。質問の要旨と回答の原文を掲載します。ご参考までに。

質問1:b-mobileSIMカードの利用開始日と期限の考え方は?開通手続きをした時が利用開始?

b-mobileSIM U300の利用期間は、開通手続だけでは開始されません。開通手続後、通信デバイスにSIMを挿入し、接続設定をして、初回通信が行われた日から利用開始となり日数のカウントがスタートします。

ご購入からご利用開始、および、開通手続きを済まされてから利用を開始するまでの日数には特に制限もございません。

おぉ、なんて良心的。

質問2:XperiaはSIMロックされてるけど普通に使える?何か特別な設定がいる?

b-mobileSIMは、DocomoFOMAネットワークが使用できる端末でご利用いただける製品です。

XPERIAは、DocomoFOMAネットワークが使用できる端末ですのでSIMロックに関係なくご利用いただけ、特別な設定も必要ございませんのでご安心ください。

うーん、まぁ、特別な設定なしで使えるって解釈で良いのかな。

質問してから回答まで約1日。対応も丁寧で、イイ感じですね。

※2010/4/14さらに追記

コメントにご指摘があったので、ぎりぎりまで切り詰めた場合の料金表も載せておきます。

docomoのみの
場合
b-mobileSIMを
併用した場合
タイプSSバリュー+ファミ割★MAX50適用 980円 980円
ユニバーサルサービス料 8円 8円
mopera U スタンダードプラン 315円 解約
パケ・ホーダイ ダブル 5,985円
(上限一杯まで使う)
解約
b-mobileSIM U300 1年契約 - 2,483円
(1ヶ月あたりの料金)
合計 7,288円 3,471円

こ、これは2台分の値段じゃないな。ちょっと前まで基本料金だけでもこれぐらいは普通に払っていたよ。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

さらばおサイフケータイ

Xperia買いました。発売日当日の4/1に。数日間使用した感想としては、イイ!とてもイイです!

ただし、この感想は、Palmをこよなく愛し、CLIE TH-55の置き換えを狙って購入したデジタルガジェット好きオヤジとしての感想です。そうではない普通の人たちにこのケータイ(スマートフォンではなくあえてケータイと書く)がお勧めかというと、必ずしもそうではないと思いました。

予約が5万件もあったとのこと。iPhoneからの買い替えは無いとして、購入した人の中にはスマートフォンやPDAが初めてと言う人も多かったのではないでしょうか。そう言った人達にとって、Xperiaはかなり敷居が高いのではないかと思います。早くも後悔した人も結構いるのではないかと。

iモードやおサイフケータイなどドコモのサービスが今までどおりには使えないということは各所で散々言われていますが、それよりも文字入力や各種アプリなど、ケータイとしての基本機能の操作方法や使用感があまりに違うことで、「使えねー」と思ってしまった人も多いと思います。

そこで、私が感じたXperiaの「使えねー」ところと、その克服法を挙げてみたいと思います。

  • タッチパネルは操作に慣れが必要

XperiaのタッチパネルはiPhoneなどと同じ静電容量方式です。この方式のタッチパネルは一昔前のものとは比較にならないほど感度が高く、指先が少しかすっただけでも読み取られてしまいます。スタイラスも使えず、CLIEとは全く別物の使い勝手に、最初はかなり戸惑いました。が、すぐに慣れました。

  • 文字入力の問題

標準で付いている文字入力用アプリのPOBox Touchは予測や変換の精度が非常に高く、動作も軽くてとても良いのですが、キートップのサイズが小さすぎます。大きい自分の指ではミスタッチの連続でストレスがたまり、タッチパネルの扱いに慣れるまではかなり苦労しました。慣れればそれなりに高速に入力できるようになります。

文字入力アプリにはsimejiやOpenWnnなどのフリック入力ができるものもそろっています。simejiなどはカーソルキーなども使えて便利なのですが、入力方法が今までに無く特殊なので、扱いには慣れが必要です。また、POBoxに比べ予測と変換の精度が劣るところも少し残念です。フリック入力とPOBoxのようなフルキーのものと、どちらが高速に入力できるかというと、これはもう完全に慣れの問題かと思います。

  • メールがプッシュ配信じゃない

GMailは実はプッシュ配信ではありません。一定時間ごとに自動で確認に行くというものです。メール受信のタイムラグは時間間隔の設定によります。バッテリーとパケット代と相談して設定する必要があります。ケータイのメールをプッシュ配信前提で考えている人は、考え方を改めるか、Xperiaをあきらめるしかありません。

  • アプリ選択のための試行錯誤が必要

PDAから来た人にとっては普通のことですが、いわゆる一般のケータイとは違って、標準で入っているアプリを使い続けなければならないという義理はありません。アプリを好きに入れて使うことができるのですが、自分のやりたいことに合った、デザインや使い勝手も自分好みの、となるとなかなか見つかりません。この辺りを試行錯誤することも醍醐味ですが、これを好んでできる人じゃないと、Xperiaは(スマートフォン全般は)キツイかと思います。

  • 予定表アプリがあまりにもお粗末

これは、Xperia最大の、いや、Android最大の問題かもしれ ません。私は今までCLIE TH-55でAgendusという予定表アプリを使ってきたのですが、これに比べるとAndroidのカレンダーアプリはゴミです。全く使い物になりません。Androidマーケットでいくつかアプリを試してみましたが、 Agendusを置き換えられるようなアプリには今のところお目にかかれていません。これについて書き始めるときりがないので、別の機会に。

  • アドレス帳の移行をやってもらえない

既存のケータイからのアドレス帳などのデータ移行は、ドコモショップをはじめどこの販売店でもやってもらえないと思っておいたほうが良いです。PCを利用したり、SDカードを使って移行したりする方法があるようですが、自分で方法を探して自分で移行する必要があります。私の場合、アドレス帳の件数は200件もないので全て手で移行しました。文字入力の問題もあり、その後行った「アドレス変わりましたよメール」の発信とあわせてかなり苦しみましたが、今となっては良い思い出です。

こういった苦しみを乗り越えられない人にはXperiaは向きません。

  • バッテリーの持ちが悪すぎ

これは仕方のないことなのでしょうか。最初は特にいじりまくりますから、1日に2回の充電が必要でした。そのために各種充電グッズを揃えましたが、こういった出費を惜しんでいるようではXperiaは向かないです。

ま、問題はいろいろありましたが、おおむね「慣れ」だけで克服できるという結論でしょうか。また、こう言ったデジタルガジェットものが好きな人じゃないと、最初のつまずきから復活できなくなってしまうかもしれないという危険はあると思いました。買って後悔してしまった皆さん、がんばって使い続けてみましょう。

実は、自分にとって一番インパクトが大きいのは、おサイフケータイが使えなくなったことだったりするのですが、こればっかりはどうしようもないですね。Suicaオートチャージなど、目的に合わせた代わりになりそうなサービスに切り替えて行くしかないです。

あとは、予定表アプリを何とかしなければ。CLIE TH-55を置き換えるのはまだまだ先になりそうです。

これを機にTwitterはじめました。フォローはお気軽にどうぞ→ aibirdie

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ:

10億総ハッカー時代

なんだか、できレースのようなおもしろみのない結末でしたが、Googleが中国から正式に撤退しました、と言う話。それに関して、空恐ろしい内容の記事を発見。

グーグルが恐れたサイバースパイ「GhostNet」とは?

悲しいかな、中国だったらやりかねないとか思っちゃいますよね。この一件については、中国国内にその影響が黒い霧のように滞留しているようです。↓こんな記事もありました。

中国、18分野の報道禁止 グーグル撤退直前に通達

この一覧を見ると、今の中国の抱える問題が一目瞭然でおもしろいですね。中国の「大学生の就職難」とか日本では全然話題にもならないですから、非常に興味深いです。大きなシンガポールを目指しているとか言っても、大きいだけあって国民の世論を押さえつけるのは相当大変でしょう。

↓こんな記事もありますよ。

中国のグレートファイアウォール、Googleなしでも穴はある?

ネットの世界には国境はなく、それは中国といえども例外ではなく、国民を旧世紀のように自国の世界だけに閉じ込めておくことは、もはやできないと言うことですね。不謹慎ですが、制約のあるネット社会というのも、その制約を如何にして破るかと言うことを考えるのであれば、結構面白いものかも知れません。もう、10億の国民全員で力を合わせてハッキングしてもらいたいものです。私は命懸けってのは嫌ですけどね。

中国のグレートファイアウォール、Googleなしでも穴はある?中国のグレートファイアウォール、Googleなしでも穴はある?

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

失敗の反対の反対なのだ

Xperiaの発売日も決まって、価格も決まって、私のお買上げも決まって、花粉症も悪化して、桜も開花して、ドコモショップにもホットモックが並んでいる春ですね。それはさておき、例のGoogle TVに関して面白い記事を発見。

「Webとテレビの融合」失敗の歴史、Google TVは覆せるか

かつて色々な巨人達が挑んでは失敗してきたTVとWebとの融合ですが、今回もまーぁ無理っぽいですね。

TVというメディアの最大の楽しみは、一方的に垂れ流されるコンテンツを、全くの受け身で視聴できることにあるのではないかと思います。もう、脳ミソなんてなーんにも使う必要ないんだから。少なくとも、多くの人々にとってみればテレビなんてまだそんな程度のものでしょう。少しだけ能動的になれるとすればチャンネルというコンテンツの帯を切替えられることぐらいで、これはこれでザッピングという疑似能動的な楽しみ方もできますけど。

それもこれも、今のTVには何が何でも見たい金払ってでも見たい、と思えるようなコンテンツが無いからで、作り手の問題のように思うのですが、作る側からすれば視聴者がそれを求めているってことになるのでしょうから、つまり、TVなんてその程度のものって言うことですよ。

上のリンクにも書かれていますが、結局のところ、GoogleがTVとWebを融合させて何を見せてくれるかが一番の問題です。既成概念の延長で失敗するのは過去の例から言って間違いないのですが、何がやりたいのか今一つよく見えてこないですよね。

面白いのは、今回はここに、最近やけにAndroid好きのソニーが絡んでいること。虎視眈々と何かを狙っていそうでちょっと期待してみたりもするのですが、何も考えていないようにも見えるよなぁ… この会社は何だかんだ言っても結局最後はただの箱売りメーカーになっちゃうからなぁ

そろそろTVの一方的垂れ流しコンテンツ的な現状を誰かが何とかしてくれないと、僕たちホントにバカんなっちゃうよー

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

いつのまにかeOpenがMicrosoft Volume Licensing Service Center(VLSC)に統合されていた件

何を隠そう、このblogにたどり着いてくれた方々のほとんどは、Googleから「Windows 7 ボリュームライセンス」とかで検索してお越し頂いているようなのです。いらっしゃいましー

以前書いた、「Windows 7をボリュームライセンスで購入しちまった」とか、「Windows 7ボリュームライセンスがやって来た」とかいうエントリーでは、Microsoftの「eOpen」というサイトでライセンスの登録作業を行う手順を紹介したのですが、どうやらこの半年間でその辺りが大幅に変更されているようです。2009年12月以降では「eOpen」は廃止され、「Microsoft Volume Licensing Service Center」(以下VLSC)と言うサイトを使用するようになりました。

VLSC

そこで今回は、開発用ライセンスであるところのVisual Studio Professional with MSDN Premium(以下単にMSDN)のボリュームライセンスを購入した後に行う作業をログしておこうと思います。MSDNは開発者向けのライセンスですが、VLSCの操作自体はWindows 7のボリュームライセンスを購入した場合も同じですので、個人の方の参考にもなると思います。っていうか、何で自分がここまで!?Microsoftのサイトが使い易ければこの記事も必要ないのでしょうけどね。自分用のメモも兼ねてます。因みに、私はMicorosoft社員でもその親族でも関係者でも信者でも何でもありませんのでー (^_^;

※ここに記した内容は個人的なメモですので、MicrosoftやインプレスR&D他の販売店に対してこの記事の内容に関して問い合わせることはしないで下さい。質問等があればこの記事のコメントへどうぞ。ただし、私自身も単なるいちユーザーですのでそこのところはご承知置き下さい。

ではでは… MSDNをインプレスR&Dなんかで購入した後の手続きを大まかに記すと次のようになります。

  • Windows Live IDを取得する
  • 購入したライセンスを確認する
  • MSDN SubscriptionとLiveIDを関連付ける

では、順に見ていきます。

Windows LiveIDを取得する

初めて利用する場合は、Windows Live IDを取得します。LiveIDは次の2種類を用意しておきます。

  • VLSC用のLiveID
  • MSDN用のLiveID

VLSC用というのは、VLSCを使用してライセンスそのものの管理を行う社員用のLiveIDで、MSDN用というのはMSDNのサービスを受ける社員用のLiveIDです。あ、「XX用」とか勝手に言ってますけど、どちらも普通のWindows Live IDですよー。普通にWindows Live IDを取得して下さい。両方を同じLiveID(同じメールアドレス)で共用しても構いませんが、MSDNの使用権はLiveIDに1対1に関連付けられますので、MSDN使用時には「本当の使用者」のLiveIDが必要になります。

また、VLSC用のLiveIDに関連付けるメールアドレスは、販売店で購入したときに登録したメールアドレスと同じである必要があります。例えば、インプレスR&Dで購入した場合は、インプレスR&Dにユーザー登録した際のメールアドレスが必要になります。この辺りは、eOpenとVLSCでの大きな変更点です。購入したライセンスは、あちら側(販売店? Microsoft?)で、登録したメールアドレスに関連付けてくれます。

購入したライセンスを確認する

販売店でのライセンス発注から数週間すると、「マイクロソフトオープンライセンス発注確認書」というタイトルの紙の書類が送付されてきます。これが届くころには、ライセンスが利用できる状態になっているはずです。下記リンクから、上で登録したVLSC用のLiveIDでサインインしてみます。

Microsoft Volume Licensing Service Center

もしかしたら、最初のサインインのタイミングでライセンスとLiveIDを関連付ける作業が必要になることがあるかも知れません。「ライセンス認証番号」と「ライセンス番号」の入力が求められたら、送付されてきた「マイクロソフトオープンライセンス発注確認書」を参考にして入力して下さい。

サインインできたら、画面上段のメニューから「ライセンス」→「契約の一覧」を表示させてみます。書類に書かれているライセンス番号と同じものがリストされているはずです。

VLSC_ライセンス

ボリュームライセンスには、「ライセンスを管理するユーザー」という概念があります。「ライセンスを管理する」というのは、ソフトウェアのメディアをダウンロードしたり、ライセンスキーを参照したりすることです。

なお、「ライセンスを管理するユーザー」は、ソフトウェアをインストールして「ライセンスを使用するユーザー」とは別物です。「ライセンスを使用するユーザー」はLiveIDと紐付けたりVLSCで登録して管理したりはしません。ユーザーが自分達で管理する必要があります。

VLSC用のLiveIDとライセンスとの関連付けは、「ライセンスを管理するユーザー」の中でも「VLSC管理者」という権限を持っているユーザーが行います。購入したライセンスに対する最初の「VLSC管理者」は、あちら側(販売店? Microsoft?)の方で、購入時に登録したメールアドレス=LiveIDに割り当ててくれています。先程の画面の上段のメニューから「管理」→「ユーザー管理」の一覧に、VLSC用のLiveIDのメールアドレスが表示されているはずです。クリックして内容を確認してみます。管理者にチェックがついていますね。

VLSC_ユーザー管理

MSDN SubscriptionとLiveIDを関連付ける

Windows 7のボリュームライセンス版では、ここまでの操作でメディアのダウンロードやライセンスキーの参照が可能になります。(ダウンロードの手順などは「Windows 7ボリュームライセンスがやって来た」を参照のこと)

MSDNの場合、メディアのダウンロードはVLSCからではなくMSDNサブスクライバ・ダウンロードを使用する必要があります。しかしながら、まだこの時点ではMSDNのサービスは受けることができません。MSDNのサービスとLiveIDの関連付けが必要です。 が!この手順が最高に分かり難いですよ。

手順としては、2段階です。

  • VLSC側からMSDNサブスクリプションに対してMSDN用のLiveIDの関連付けを行う
  • MSDN側からその関連付けを登録する

と、まぁ、何ともまどろっこしい手順が必要です。前者はVLSC管理者が行う作業で、後者はMSDNの使用者が行う作業と言った位置付けのようですが、順に説明します。

まずはVLSC管理者側です。VLSC用のLiveIDでサインインした後、メニューの「ライセンス」→「契約の一覧」で契約を一覧表示します。該当のライセンスIDをクリックし、「ライセンス詳細」を表示して下さい。画面上の「ライセンス」タブをクリックすると下図のように、Visual Studioの製品名と共に利用可能なライセンス数などが表示されていると思います。

VLSC_ライセンス詳細

ここで、上図中程に赤丸で囲った、「MSDN サブスクリプションの管理 : ここをクリックしてください」と書かれているリンクをクリックします。すると、「管理 ユーザー一覧」が表示されます。

VLSC_MSDNユーザー一覧

この一覧にMSDNに関連付けたいユーザー、即ち、MSDNの使用者を追加して行きます。上図中の「検索」の枠の中に赤丸で示した「ユーザーの追加」のリンクをクリックし、必要な情報を入力してユーザーを追加します。追加するのはMSDNの使用者、即ち、MSDN用のLiveIDです。注意しなければならないのは、ここで入力する情報とMSDN用のLiveIDに登録されている情報を一致させる必要があると言うことです。特にメールアドレス、氏名は一致させておく必要があるようです。

登録が完了すると、MSDN用のLiveIDのメールアドレスに「お客様のMSDNサブスクリプション特典アクセス番号がご利用いただけるようになりました。」と言ったようなタイトルのメールが届きます。

MSDNの使用者が複数いる(ライセンスを複数購入している)場合は、上の手順を繰り返して使用者全員に特典利用開始メールを送信して下さい。この段階で、VLSC上での使用ライセンス数の更新が行われます。

ここまでがVLSC管理者の作業です。ここからはMSDNの使用者の作業です。

まずは、先程のVLSC管理者の作業により送られてきたメールを確認して下さい。メール本文中に「MSDN サブスクリプションの登録」のURLが書かれているので、ブラウザを使ってアクセスして下さい。LiveIDでのサインインを求められるので、MSDN用のLiveIDでサインインします。

下図のような画面が表示されますので、先程のメールに記載されている名、姓、メールアドレス、サブスクリプション特典アクセス番号を入力します。姓・名ではなく、であることに注意して下さい。

MSDN_アクティブ化

入力が正しければ、登録完了です。お疲れ様でした。

これで、MSDNサブスクライバ・ダウンロードの利用やライセンスキーの生成が可能になります。

MSDN_ダウンロード

VLSCのサイトですが、eOpenの頃よりはまともにはなりましたが、相変わらず概念や用語などが一般的ではないものが多いため、依然として敷居がかなり高いように思います。しかも、頻繁に操作するわけではないのですぐに忘れるし。今回は、自分用のメモも兼ねてのエントリーでした。

Googleの検索結果からの訪問については、「windows 7 オフラインファイル」なんかもかなり上位のキーワードなのですが、何でこのblogが上位に現れるのかは不明です。Yahoo!では全くのランク外ですから。しかも、大した情報はないのに…来て下さった方々、ホントすみませんね。役に立たなくて。これから頑張ります。

この記事をついーと