アーカイブ

2009 年 のアーカイブ

夢の中の電気羊は雲の上

ここのところ携帯端末の話題ばかりですが、今回もそっち系で。Nexus Oneの発表で最近にわかに注目度が上がっているAndroid OSですが、こんな面白いこともできるのね、という話。

Android のなかの小さなクラウド

そうだよなぁ、中身Linuxなんだから、やり様によっては何でもありだよなぁ。こりゃ良いおもちゃになるよ。おもちゃにするならGoogleのリファレンス実装とも言うべきNexus Oneもよさそう。SIMロックフリーだしね。

ところで、ソニエリの例のAndroid端末ですが、もしかしたら投入が早まるかも、とか期待させられてしまうような記事を発見。

ソニエリのドコモ向けスマートフォンSO-01B/X10a、Wi-Fi認証を取得

折角SC-01Bに心が決まりかけていたのに、なんとも悩ましいところだぁよ。Androidは開発環境が無料でそろうって言うのも大きいんだよなぁ。SC-01B発売まで2ヶ月、、、電気羊の夢でも見ながら、もう少し悩んでみることにします。

Do androids dream of electric sheeps? — Yes, the electric sheeps is already upon the cloud.

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , ,

いわゆる普通のスマートフォンを見てきた

来年2月にdocomoから発売予定のSC-01Bですが、六本木ヒルズに行くと実機にいち早く触れるということで、行ってきましたよ、という話。

「六本木ヒルズ「けやき坂イルミネーション」ジャック!!SAMSUNG X’mas CAFEを期間限定オープン。「SAMSUNGリング」を10万本配布や「オリジナルスープ」を6,000名に無料配布など。

SC-01Bは私が理想とする、いわゆる普通のスマートフォンっぽくて良さそうなのですが、気になるのはBlackBerry Boldよりも幅の狭いボディーに収まったQWERTYキーボードの使い心地と、Outlook Mobileの使い勝手です。特に前者は、この端末を購入する上での大前提となりますので、とても気になっていました。

結論から言うと、意外にもまったく問題なく使えました。というより、むしろ快適なほどに。QWERTYキーは深めの段差がついていて、大きめな自分の手でもミスタッチなく入力できました。この手のキーボードを長時間触ったのは初めてだったのですが、今まで使っていたCLIE(Palm OS)のGraffitiに比べても圧倒的に高速に間違いなく入力できました。もちろん、携帯のテンキーなんかとは比べるまでもありません。この使い勝手はQWERTYキー搭載端末ならではでしょう。

キーボード操作でちょっと気になったのは、テキストの選択やコピペです。タッチパネルでの操作になるようなのですが、なかなか思うように操作できませんでした。この辺りは慣れれば問題無いのでしょうか。

Outlook Mobileの方はあまりいじくることはできませんでしたが、動作にもっさり感もなく、まずまず使えそうです。大きさ/重さは今使っているSO902iに比べればかなり大きめですが(当たり前か…)、この手の端末にしては小さいほうだと思います。電話として耳に当てていても、iPhoneとかに比べれば違和感ないし。

SC-01B/ここが知りたい/価格

これでホントに↑この価格だったら買ってもいいかな。

この記事をついーと

Next Success.

Googleブランドのスマートフォンがいよいよ登場間近か!?と言う話

Google、独自携帯「Nexus One」を2010年投入?

Googleの携帯電話「Nexus One」、米政府の認可獲得

Googleケータイ「Nexus One」、写真がネットに流出か

製造を担当するHTCは台湾のメーカーですが、docomoから発売されているHT-03Aという初期のAndroid携帯を作っているのがこのメーカーです。しかしながら、HT-03Aは、はっきり言って今一な印象が強いです。今回はOSもAndroid 1.5から2.1に上がるとのことで、今一感を払拭できるかどうか見物ですね。

上の記事曰く、この携帯はキャリア縛り無しのSIMロック・フリーで、Googleが直販するとのこと。キャリアに縛られたくないと言ったところはいかにもGoogleらしいですが、販売奨励金制度などの恩恵にあずかれないので端末価格は高めになりそうです。

それにしても、端末名が「Nexus One」って、、、個人的にはちょっと、、、

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , ,

不景気だけのせいにはできないな

1週間ぶりの更新となります。

この1週間、小売系の某社にシステムを売るための最後の追い込みでがんばってみたのですが、結果、ダメでした。不景気だからと言ってしまえばそれまでですが、買う側にしてみたら、安くなるからとかお得だからとか言うのは、システム導入の決定打にはならないです。そもそも、その提案されたシステムに業務としての必然性、もしくは、経営者の施策に対する必然性が無ければ、モチベーションにはならないということですね。

まぁ、今にして思えば当たり前のことなのですが、この当たり前になかなか気付けないでいます。やってみてダメでガッカリして、こうやって振り返ってみてまた落ち込んでみたりして。。。

エリクサーとその仲間たち

というわけで、でもないですがエリクサーです。今回も発売されていたのですね。以前はポーションだった気もしますが、レベルアップしたわけですか。エリクサーの後ろに並んでいるのは、個人的にはエリクサーと同じぐらい癒し効果のあるCOEDOビールです。近所のスーパーで見かけたので買ってしまいました。まさか横浜でこのビールに出会えるとは。

HPも回復できたことだし、来週からがんばろう!

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ:

良くも悪くもGoogleらしさ満点のGoogle日本語入力

Googleから同社の得意分野を生かした日本語入力システムがリリースされました。なぜか、各ニュースサイトでの注目度は高いですよね、と言う話。

グーグルが「Google 日本語入力」ベータ版を公開、クラウド武器に辞書を強化

グーグル、Webとユーザーから学習する日本語入力IM「Google日本語入力」リリース

Google日本語入力をイケメン芸能人でいじってみた

Googleの収集したWebページから抽出した語録が辞書の元になっているとのこと。検索エンジンの検索条件の誤字を修正してくれる「もしかして」機能の延長上にあるところや、クラウドを利用しているあたりはいかにもGoogleらしいですね。たしかに、複数のPCを使っていると、変換辞書をインターネット経由で簡単に共有できないかということをよく考えたりしていたのですが、既存の製品にはそのようなものはありませんでした。

また、Google日本語入力の面白いところは、作成者が2人の日本人であることと、エンジニアが自分の時間を業務以外に使うことを許されている「20%ルール」の中から生まれた製品だと言うこと。この辺りもGoogleらしいと言えば、らしいでしょうか。

日本語入力システムと言えばジャストシステムのATOKが有名ですが(私もPCやCLIEで愛用しています)、注目度は創業社長が退任したジャストシステムとは対照的ですね。Googleの一挙手一投足に注目が集まっているというのも理由としてはあるでしょうが、優れた技術を持っていても(特に最近では)ビジネスに生かし切れなかったジャストシステムと明暗を分けた結果の現れですね。

このような皆が使う基本的なソフトウェアを無償で提供してしまうところに、Googleの戦略的なものを感じてしまいますが、これって、かつてのMicrosoftのやり方とよく似てますね。ブラウザはもちろんOSも無料、アプリも無料、周辺のソフトウェアも無料ですか。Microsoftよりえげつないかも。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , ,

横濱夜景散歩 in Bing Maps

Googleの猿真似だとか何かと話題のMicrosoft Bingですが、Google Mapならぬ、Bing Maps (Beta版)も公開になりました。期せずして、横濱夜景散歩の追加データがそのBing Mapからも見られるよ、と言う話。

Bing Maps Beta

一部都市ではGoogleのストリートビュー的な表示も可能だそうで、航空写真や衛星写真ををうまく使った鳥瞰図表示も可能。後出しジャンケンだけあって、見た目の綺麗さやおもしろさはGoogle Mapの上を行っています。

また、Photosynthとの統合も今回の目玉の一つです。上のリンクのランドマークタワーの上に出ている緑色のピンをクリックすると、私が以前作成していたランドマークタワーから見た夜景のPhotosynthが、いつの間にか見られるようになっています。

それにしても、この夜景写真達って、横濱夜景散歩の追加データ用として用意しているものなのだけど、肝心の追加データの方は一向に公開にこぎ着けないのに、写真自体の露出はかなり増えてしまいました。もう、追加データの方は良いかなとか思ってしまうのだけど… いっそのこと、逆に横濱夜景散歩の追加データ達を全てPhotosynthに落とし込んでやろうかとか思ってしまったり。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , ,

忘れてはならない

IT関連ではないですが… 肝炎対策法案が衆参両議会で可決されましたね、という話。

肝炎対策法と返済猶予法が成立

しかし…忘れてはならない。国家の怠慢と知らず死に甘んじた犠牲者達が居たことを。病と闘い、自らもが犠牲になった医師達が居たことを。

そういう者達の無念と、我々に託された思いを忘れてはならない。

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ:

Net Applications 2009年11月度のMarket Share

Net Applicationから2009年11月度のデスクトップOS、ブラウザ、検索エンジンのマーケットシェアが発表されています。

Market Share by Net Applications

OSのシェアではWindowsがトップで92.52%、次いでMac 5.11%、Linux 1.00%となっています。トレンドは、Windowsは10ヶ月前より約1.1ポイントのダウン、Macは0.4ポイントアップとなっています。直近だと、Windowsは横這い、Macは下降傾向です。Windowsが下げ止まりの傾向を見せている反面、Macがやや下降トレンド入りしているように見えますが、この点は後述します。

OSのバージョン別シェアでは、WindowsXPがトップで69.038%、次いでVistaの18.60%、Windows7の3.98%です。前回3位のMac OS X 10.5(Leopard)は2.61%で4位に後退しています。トレンドは、XPは10ヶ月前より約7ポイントのダウン、Vistaが3ポイントの アップとなっていますが、どちらも先月よりも約1ポイントづつ下げており、Windows7への世代交代が進みつつあることが窺えます。

Windows7は、日次では既に11月下旬の時点で5%を超えており、反面、XP、Vistaは合わせて約1.7%ものシェアを失っています。

Trend for ‘Windows 7′

11月にはMacのシェアも0.16%下がっていますが、これは、Macが下がったと言うよりは、Windows7が買い換えだけではなく新規需要を掘り起こし、分母が広がったのが原因ではないかと推測されます。

Vistaのシェアが4%を超えるには7ヶ月かかっており、これに比べるとWindows 7のシェア拡大は如何に急速かが分ります。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,