アーカイブ

2009 年 4 月 のアーカイブ

画面操作を動画でキャプチャーするソフト

IronPythonの動画デモを作成したソフト達のURLをログしておきます。

CamStudio

CamStudioは画面上の任意の場所の操作を動画として保存できます。ファイル形式は、AVI形式と、Flash Playerで実行可能なSWFファイルが選択できます。また、AVIで保存したファイルからSWFを作成することもできます。

ミルキャプション

CamStudioでAVIファイルを作成した後、ミルキャプションを使って操作説明の字幕は作成しました。ミルキャプションでは字幕の作成、動画への合成を行うことができます。操作方法にかなり癖がありますが、フリーなものがこれぐらいしか見つけられなかったので、、、

ミルキャプションで字幕を合成したAVIファイルを作成したら、再びCamStudioでAVIからSWFを生成しました。CamStudioで作成できるSWFでは、早送りができないので少し不便です。次の機会にはYouTubeでも利用してみようと思います。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ:

どうしてくれるんだ草彅!

IT関連ではないですが、ショッキングなニュースが、、、

SMAP草なぎ容疑者逮捕 泥酔状態、全裸で騒いだ疑い

何が心配かって、例の、実写版クレヨンしんちゃんがどうなっちゃうのかってことです。公開日は9/5に決まってますし、今週末にはTVでスペシャル番組も放送される予定なのですが… お蔵入りかなぁ 残念。

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ:

「OracleがSunを買収」のプチまとめ

とりあえず、情報と論評のソースをログしておきます。

オラクルが74億ドルでサンを買収

OracleはSunの輝きを永久に奪う

Sun買収でハードウェア市場に乗り込むOracle

土壇場でOracleに負けたIBM 独禁法がハードル

Sun買収により,3年越しでMySQLを手に入れたOracle

オラクルによるサン買収でオープンイノベーションは死ぬか

Javaを手に入れてハードウェアプレイヤーに–オラクルによるサン買収の狙いは

論調はどちらかというとやや悲観的、批判的なものが目に付くかな。Java、MySQL、VirtualBoxなど、オープン性を重視してきたSunだけに、クローズドなOracleがそれらを今後どの様に扱うのか、期待半分、不安半分と言ったところでしょうか。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , ,

Windows 7 RC版に関するリーク情報

日経BP ITProより… Windows 7のRCがまもなく入手可能になるだろうという予想。

Windows 7のRC版が5月5日に一般公開,MSDN/TechNetではまもなく入手可能に

米Microsoftは自社のあるWebサイトに,次期クライアントOS「Windows 7」のリリース候補(RC:Release Candidate)版を2009年5月5日に一般公開する予定,との情報をうっかり掲載してしまった。このことから,RC版の社内リリースはすでに実施されており,パートナ向け配布も間もなく始まることが分かる。RC版は,2009年第3四半期末までに完成が見込まれるWindows 7において,正式な製品版がリリースされる前に登場する最終メジャー・バージョンとなる。 …[以下略]…

正式発表ではなく、リークだそうです。ベータ版の時にも似たようなリークがあり、今回も含めて意図的なものではないかとの憶測を呼んでいます。このところ、忘れた頃に「7」の名前を聞きますが、サブリミナル的に刷り込む作戦でしょうか。ベータ版の評判は良いようですので、小細工はもうやめて、更なる品質向上と早期の出荷に注力したもらいたいものです。

あと、ITmedia NEWSからはこんな情報も、

Microsoft、「Windows 8」開発に向け準備

宣伝にしか見えないのが悲しいです。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , ,

GitHubでオレオレ・リポジトリ

OSS開発者の間では、Linuxの作者のリーナス・トーバルス氏がLinuxカーネル開発のために自ら開発したGitというバージョン管理システムが注目されています。また、そのGitリポジトリをシェアできるGitHubなるホスティングサービスも盛況だとか。

@ITより… リーナス・トーバルス氏がGoogleで行った分散ソース管理に関する講演のYouTube動画を引き合いにして、GitやGitHubと言ったツールやサイトによる影響が、今後のソフトウェア開発プロセスの大きな変化に繋がるかも、という話。

ソーシャル化するOSS開発者たち

Subversionなどの過去のバージョン管理システムでは、常に正となる中央リポジトリをよりどころにした中央管理型のバージョン管理を行いますが、Gitは逆に分散管理型とでも言いましょうか。中央リポジトリのようなものは事実上存在せず、各自がオレオレ・リポジトリを管理します。そして、信頼できる他人の管理するリポジトリとの差分をpullして、自分のリポジトリに取り込みます。上のコラムの結論としては、このような分散リポジトリと「信頼の輪」による開発モデルを基礎としたGitやGitHubは、今後のソフトウェア開発プロセスに少なからず影響を与えるでしょう、とのこと。

このモデルがうまくいくのは、例えばコミュニティ主体のオープンソースによる開発のような限られたケースだけではないかと思われます。当たり前ですが企業で行うリニアな開発では、プロジェクト管理者という権威の元で中央集権的な管理が行われます。参加者全員のゴールは同じに設定され、全員が一丸となってそこに向かって突き進むわけですから、トーバルス氏が指摘するところの「コミットに関する政治的な駆け引き」などというものはそもそも存在しませんし、氏自身もこの辺りは認めています(もっとも、彼は、「オープンソースこそ正しくソフトウェア開発を行う唯一の方法だ」と言い切っていますがw)。このようなウォーターフォールな多くの開発プロジェクトにとっては、影響はあるかもしれませんが限定的かと。

ただ、何より日本人の場合、影響を受けようにも、言語の壁がまず一番はじめに来ますよね。ますますオイテケボリですねー さぁ、明日も頑張ってsvn mergeしよう!

この記事をついーと

ソニーの有機EL Walkman登場

一昨日、ソニーから電撃発表。4/25発売だって。やっぱりなー去年の年末の時点で、そろそろ出るのかなぁって思ってたんだよなぁー 有機EL搭載機。

ソニー、有機EL/デジタルNC搭載「最高峰ウォークマン」

待ちきれずに、年末にS730Fこーてしまいましたがな。なので、今回はスルー。見て見ぬふり。ぬぬぬぬ、我慢できるのか?

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ: , ,

日本語版 “Azure” 現る

MSDN Onlineより… Microsoftのクラウドコンピューティング・プラットフォーム、Azure Service Platformのポータルが日本語化されました。

“Azure Services Platform” デベロッパー センター公開!

Windows Live IDがあればアカウントを作ることができ、一部制限はあるようですが、誰でもAzure Service Developer PoralのTECH PREVIEWに参加することができます。と言っても、肝心の Azure Service Developer Poral は依然として英語とスパニッシュだけです。(4/15現在)

ちなみに、Azureとは、Microsoftが提供するクラウドコンピューティングのためのプラットフォームです。MicrosoftのデータセンターにホスティングされたWindowsサーバーを間借りして、ユーザーの作成したアプリケーションを動作させることができます。また、このプラットフォーム上での開発環境も提供されます。このサーバーのOSのことを「Windows Azure」と言う名前で呼びます。

アカウントは作ってみましたが、まだ全然触っていません。Visual Studio Expressに「Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio」を入れて連携させるみたいですね。時間があったら試してみます。

この記事をついーと

データセンターが全てを握る日

クラウドコンピューティングなる言葉が流行っておりますが、もはや企業はサーバーなどのインフラを持たなくなる時代が来るのかもしれません。それを予期するような話。

2012年のデータセンター・サービス市場は1兆2000億円超,IDCが予測

…[前略]… 専用ホスティングはデータセンター・サービスの市場で今後数年にわたって最も成長が見込める。「最近,大手製造業を中心に基幹システムの運用をアウトソーシングする動きが広がっている。経費を抑制しつつシステムを刷新する方法としてホスティング・サービスを採用する企業が増えているようだ」。伊藤氏は今後 5年間で平均12.7%という高い成長を予測する根拠をこう説明した。 …[以下略]…

サーバーをデータセンターにホスティングしたりアウトソーシングに出したりするということは、ある意味インフラ周りの一切合切をデータセンター側に握られてしまうわけで、データセンターによる「囲い込み」も可能になるわけで。そうなると、ベンダー、ツール等々の選定、要員などは、「データセンター側の都合」による影響を少なからず受けるようになるものと考えられます。オープンであること、標準化による品質向上、量によるコストダウンなど、「データセンター側の都合」がユーザーにも都合の良い結果をもたらすことは、充分にあり得ます。

もっと極端なことを言うと、オープン系サーバーにおいては、データセンター以外のインフラ関係のビジネスは成り立たない世界が来るかもしれません。サーバー構築系のSEはどこかのベンダーに転職するか、どこかのデータセンターに取り込まれるか、自分達でデータセンターを持つかしないと生き残れないのかも。あとは、メインフレームでもを勉強するか?

この記事をついーと