アーカイブ

2009 年 5 月 のアーカイブ

Photosynthを試してみた

Microsoft Live LabsPhotosynthを試してみました。まずはご覧あれ↓↓↓ (表示にはPhotosynthのプラグインが必要と思われるので適宜ダウンロード&インストールしてください。あと、もしかしたらSilverlightも必要かも)

Photosynthは、先日縮小が伝えられたMicrosoft Live Labsの中で、数少ない生き残りプロジェクトのひとつ。複数の写真を合成してオブジェクトを立体的に見せたり、パノラマ写真を作成したりする技術を利用したソフト。面白いのは、くっつけられそうな複数枚の写真をアップロードするだけで、上のようなコンテンツを自動生成してくれるところ。上の場合も、横濱夜景散歩のために最近撮影した27枚の写真をアップロードしただけで自動生成されました。でも、自動生成のみで、手動での合成はできないみたい。なかなか自分の思ったとおりには合成されないので、うまく作るにはちょっとしたコツと大量の写真が必要。

今のところ、登録や利用等は無料のようです。Live Idがあればすぐにアカウントは作成できます。また、ファイルアップロードのためのソフトをインストールする必要があります。用意する写真はデジカメで撮ったそのままの大きなサイズのものでも、アップロード時にサイズ変更されるので気にする必要はありません。作った作品は非公開にも設定できるので、ちょっとお試しで使ってみるのも良いでしょう。もっとも、これを本格的に何に使うのかと言ったところは、ちょっと思いつきません。

でも、これおもしろいね。まぁ、こういうの見せられると、横濱夜景散歩とか作る気力無くすね。

この記事をついーと

IBMからHALが誕生する

2001年宇宙の旅ではチャンドラ博士によって開発され、1997年に誕生したとされる人工知能HAL 9000ですが、HAL誕生以来いつもHALの一歩後ろを歩かされてきたIBM(H・A・Lをアルファベット順で1文字ずつ後ろにずらすとI・B・Mとなることから、HALの由来は「IBMの一歩先を行くコンピューター」であるとする説がある)。そのIBMが真剣に人工知能を開発しているという話。

IBM、米国の人気クイズ番組「ジョパディ!」にチャレンジするコンピューターを開発中

IBM(本社:米国ニューヨーク州アーモンク、会長:サミュエル・J・パルミサーノ、NYSE:IBM)は本日、米国の人気クイズ番組「Jeopardy!(ジョパディ!)」で人間と競い合える先端コンピューター・システムの詳細を発表しました。 …[中略]… ワトソンというコードネームで呼ばれているコンピューター・システムの基礎を成している研究は、コンピューターの知能および人間とコンピューターとのコミュニケーションをかつてないほどのレベルにまで高めることが期待されています。IBMは、様々な業界のお客様がビジネスに関連した質問により早く、正確に答えられるよう、ワトソン向けに開発された他に類を見ない技術力を適用していく意向です。 …[以下略]…

現実世界では1997年にHAL 9000は誕生しませんでしたが、IBMはこの年、Deep Blueというスーパーコンピューターでチェスの世界チャンピオンに勝利しています。そして、今回発表されたワトソンとよばれているシステムは、動的で制約の無い自然言語を処理し、人間の参加者と一緒にクイズ番組に挑戦するようです。ちなみに、「ジョパディ」ですが、日本では1970年代に「クイズ・グランプリ」という番組名でフジテレビ系列で製作・放送されていたそうです。私の記憶にはありませんが…

ワトソンのキモとなる技術は、駄洒落や皮肉を含む曖昧な質問から本当の質問を抽出する技術と、解答の信頼性を自己分析する技術だそうです。そして、これらの処理を超高速に行うためのハードウェアも含まれています。また、これらに対するアプローチは、キーワードの抽出などによる従来のコンピューティング技術とは全く異なる手法をとっているとのこと。

IBMのすごいところは、このような基礎研究を継続的に行っていることと、それを現実のシステムに応用するためのアイデアと手段を持っていることだと思います。こういう会社は、なんだかんだ言っても(言われても)生き残るよ、間違いなく。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,