アーカイブ

2009 年 8 月 のアーカイブ

テクノロジーは使うもの

テレビ朝日の「題名のない音楽会」(日曜朝9:00~9:30)というクラシック音楽の番組があります。放送開始から45年という長寿番組で、「世界一長寿のクラシック音楽番組」としてギネス世界記録に認定されていたりするのですが、その中で不定期に開催されている「振ってみまSHOW!」というコーナーがあります。これは、視聴者の応募から選ばれた数名に、1分間だけフルオーケストラを指揮する権利が与えられるというものなのですが、やはりフルオーケストラの指揮というのはクラシック・ファンにとっては夢なのでしょう、過去に有名人が実名で応募していたりして大盛況となっています。

その「振ってみまSHOW!」への参加募集ですが、今まではビデオテープによる応募だったのですが、今回はYouTubeを使って行われています。

YouTube : 題名のない音楽会

保守的に見られがちなクラシック音楽の世界ですが、あのカラヤンがCDの規格に大きく関わったことでもわかるように、テクノロジーを取込んだり利用したりすることに関しては、他のジャンルの音楽より数段貪欲なのではないでしょうか。とにかく、音楽そのものを表現したりエンターテイメントする事に関しては、派手さはないですが堅実で、後にスタンダードになるような方向の最先端を行っているように思います。

話は大げさになりましたが、今回のYouTubeに関しても同じような臭いを感じます。動画投稿なんてさして新しくもないですが、テクノロジーを利用して堅実に運用していく姿は、テクノロジーの先端だけを見ているミーハーとは違う力強さを感じます。

視聴者参加型のコンテンツ、テレビとネットの融合、普段はそういう世界とは無縁の人々が利用者としてそこにいる。もしかして、何年も前からこの手のことに挑戦しては失敗していた人達って、こういうことがやりたかったのかな?テクノロジー主導だといつも失敗するね。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ:

狙われた老兵Delphi

Delphiの開発環境を狙ったウィルスが出回っています。

「Delphi」を狙ったウイルスの弊社公開ソフトへの感染について(追記2)

問題のウイルス「Induc(W32/Induc-A, Compile-a-virus)」はDelphi4~7の開発環境に感染し、コンパイル・バイナリーに自身のコピーを埋め込んで感染拡大するウィルスだそうです。

拙作のFlipCal横濱夜景散歩もDelphi5と6で作成されています。NAV2009の定義ファイルを最新にしてスキャンしてみましたが、ウィルスは発見されませんでした。なので、使用されている方は、ご安心下さい。

このウィルスの不思議なところは、ウィルスによる直接的な被害がない、ただ感染するだけというものだと言うこと。作者の意図が分りません。とは言え、第三者がこのコードを土台に悪意のあるコードを埋め込むことも可能なので、放置はできませんよね。

また、何でまた今更Delphi?というのも不思議なところですね。これはホントに不思議。

Delphiは、企業ユーザーがメインのVisual Studioとは違って、日曜プログラマーや学生などのアマチュアを中心に草の根的に人気が出ていたツールだと思うのですが、無償版が提供されなくなってから確実にユーザーを減らしているものと思います。今回のウィルス騒動はそれに追い打ちをかけるというか、むしろ、忘れられた存在だったDelphiが再び悪い意味で脚光を浴びる機会になってしまったかなと。

一世を風靡してフィールドを去った老兵の死亡記事を、新聞の片隅に見付けた、そんな心境です。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

Windows7のオフライン・ファイル機能

誰か知っていたら教えてください話。

自宅PCも復活し、Windows7への移行もほぼ順調に進んで、今は新しい環境の使いこなしに焦点が移っています。で、Windows7のオフライン・ファイル機能で試行錯誤してみました。

オフライン・ファイルはVistaのころからあった機能で、ネットワーク上の共有フォルダにあるファイルをローカルにキャッシュして、ネットワークから切断した後も使用できるようにする機能です。ネットワーク間を渡り歩くノートPCで便利に使えます。詳しくは、こちらなどでどうぞ。

自宅ではファイル・サーバーとしてDebian化した玄箱HGを使用しているのですが、どうやらオフライン・ファイルとSambaとの相性がいまいち良くないようです。具体的な現象としては、同期センターから同期の実行を行うと失敗してしまうファイルがあります。調べてみると、所有者が自分以外のファイルは同期に失敗するようです。失敗するファイルでも、ファイルを開いて保存したりして所有者が自分に替わると同期が成功します。

自宅の玄箱のDebianは未だetchでSambaのバージョンが3.0.24と古かったので、とりあえずbackportsを使って3.2.5に更新したのですが、現象は変わりませんでした。

このあたり、情報があまりないです。オフライン・ファイルって、みんなあんまり使ってないのかなぁ。因みに、Windows7から追加されたファイル検索の機能は、ネットワーク・ドライブは対象外ですが、オフライン・ファイルにしてローカルキャッシュを作ると対象になります。使えると便利だと思うんだけどな。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , ,

異世界の料理

日本人が書いた本格ファンタジーと言えば、上橋菜穂子さんの「精霊の守り人」「闇の守り人」などの守人シリーズが有名ですが、あ、因みに「守り人」は「もりびと」と読みます。「まもりびと」と読ませる某ゲームとは何の関係もありませんし。で、その上橋さんの物語に出てくる架空の料理のレシピ本が発売されています。

バルサの食卓

「バルサ」と云うのは守り人シリーズの主人公の女用心棒の名前です。

本の内容としては、プロの料理人たちが架空の食材を現実の食材に置き換えて異世界の味を再現したそのレシピと写真、その料理が出てくる物語の一節と、作者のエッセイというものですが、この料理達が実にうまそう! しかも、物語の中で出てきたときは想像でしか味わうことができなかったわけですが、このレシピがあれば現実に食べることができる! ということで、レシピ見ながら作ってみました。

真ん中上が南のサンガルの肉料理で、豚肉に甘い果実を合わせてとろとろに煮たもの。実際は豚モモ肉とプルーンを一緒に煮込んだもの。右は北方のカンバルやロタで食されている「バム」という無発酵のパンで、実際は強力粉をこねたものをフライパンで焼いたもの。これにラ(バター)や蜂蜜を付けて食べたり、ラガ(チーズ、ラガはカンバル語で、ロタ語ではラクァ)を挟んで食べたり。真ん中下の白いのは白桃を刻んで入れたヨーグルトで、これはオリジナル。

簡単に作れそうなものを選んでみたのですが、素朴な味わいでなかなか良いね。

上橋菜穂子さんの作品が本格ファンタジーと言われているのは、物語や人物描写もさることながら、物語の世界が言語や文化やそれこそ食べている食事に至るまで細部に渡って緻密に構築されているからです。作者本人は文化人類学の研究者であり、作品にはご自信の膨大なフィールドワークの経験が織り込まれているわけですから、ファンタジーにありがちな嘘っぽさがありません。もしかしたらそれは、世界に名だたるファンタジーである「指輪物語」や「ゲド戦記」に匹敵するかもしれない。

バムは少し薄めに作ったほうが食べやすいかな。小さく作れば子供のおやつにもなるかも。豚肉煮は少し置いてから食べたら味が染み込んでさらに美味しくなっていたよ。

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ:

Windows XP Modeのセキュリティ

Windows 7上で互換性の理由でどうしても実行できないプログラムを救済するために登場したWindows XP Mode。要は、Win7にVirtual PCをインストールし、そこにXPをインストールして、その上でアプリを動かしてしまおうというモノです。因みに、この時使用するVirtual PCは以前から公開されている「Microsoft Virtual PC」ではなく、「Windows Virtual PC」と呼ばれるもので、Win7の追加機能として公開されています(2009/8/20現在ではRC版)。中身はほぼ同じものなのでしょうが、サポートOSがホストはWin7のみ、ゲストはVista、XPのみとなっているのが違いです。また、ホストOS側との連携機能も強化されているようです。

Windows 7の新機能「Windows XP Mode」を使ってみる

さて、実際にインストールしてみて気になるのは、そのセキュリティーです。Virtual PCを使用すると言うことはパソコンがもう一台増えるようなものなので、セキュリティーに関する世話をホストのWin7と同等に行う必要があります。つまり、セキュリティーパッチが出れば適用するし、ウィルス対策ソフトも当然インストールしなければならないし、それらのアップデートもしなければならないのです。

Windows XPのサポートは既に「延長サポート」の期間に入っており、それも2014年4月14日をもって終了して、以後、Microsoftが認めた例外を除いてセキュリティーパッチなどは提供されなくなります。XP Modeのサポートがこれに該当するのかどうか分りませんが、気になるところです。

マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル

また、ウィルス対策ソフト購入の負担も気になるところです。インストール単位は2台分となりますので、今までと同様のカウント方法では1台で2ライセンス必要になるわけです。実際は1台しか使用していないわけですから、そこのところを対策ソフトのメーカーさんには何とかしてほしいと思います。

そして、こうしたことから懸念されるのは、これらの負担や作業の煩わしさからセキュリティーが等閑にされたXP Modeが大量に出回り、それらがウィルスやワームの温床にならないかと言うことです。XP Modeに寄生することを狙ったボットなんかが出てきても不思議ではないかと。

以上のことから、Microsoftが言うように、XP Modeは最後の手段にすべきでしょう。また、XP Modeを利用するからには責任をもって使用する、ということが大事ですね。

「互換性確保の最終手段にしてほしい」—マイクロソフトがXP Modeの位置付けを説明

この記事をついーと

Windows7のタスクバー

もう1年近く前からいろいろなところでレビューされ尽くされた感もありますが、Windows7のタスクバーは使いやすいという話。

Windows 7のタスクバーとガジェットは一味違う

Windows7のタスクバーですが、一見するとVistaのタスクバーに比べて野暮ったいというか、Linux系デスクトップに見られるようなセンスの無さを感じますが、実際これはとても使いやすいです。簡単に言うと、以前のWindowsのタスクバーにあった「クイック起動」を進化させて、タスクバーの機能と統合してしまったようなもので、起動しているアプリもしていないアプリも一絡げに扱うという考え方はMAC OS Xのドックの影響を受けているようにも見えます。タスクバーが画面下に固定されていて、ドックのような派手なアニメーション効果が無いところが野暮ったさの原因だと思うのですが、これはこれで、使い込むほどに味が出てくるというか、Win98のころからクイック起動を積極的に利用してきた私としては、この新しいタスクバーは今までになく使いやすい。

野暮ったい表示も、小さいアイコンを表示するようにすると、下の写真のように、多少はスタイリッシュな雰囲気になります。カスタマイズ次第では従来のようなタイトル入りのタスクバーにもできるみたい。

この他にも、タスクバーのアイコン上にカーソルを持って行ったときに表示されるウィンドウのサムネイルや(サムネイルは小さくても内容がちゃんと更新されます!)、サムネイルにカーソルを重ねるとほかのウィンドウがスッと消えてそのウィンドウが一時的に手前に表示されたりと言った、AeroのDirectX全開便利機能が満載です。重箱の隅というか、かゆいところもかゆくないところも手が届いてる感じ。

このタスクバーだけでもXPからWindows7に入れ替える積極的な理由になると思います。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ:

PCリペア&Win7インストール

PCですが、とりあえずハードウェアだけ復活しました。ほぼ総取換えになりましたが、購入した部品は以下の通り。

CPU : AMD AthlonII X2 245 (2.9GHz, L2 1MB×2): ¥6,980-

MEM : UMAX PC3-10600(1333) 2GB x 2 : ¥7,980-

M/B : GIGABYTE GA-MA785GT-UD3H (AMD 785G/SB710) : ¥11,800-

最近ではPC組むことも滅多にないので、折角なので最新のAM3を選んでみました。しかも、あえて出たばかりのAMD 785Gを選んだのは、前使っていたビデオカードがAGP仕様だったので、さしあたってのビデオカードの支出を抑えるためにオンボード・ビデオが必要だったからと、なんでも良いからとにかく最新のものがほしかったから。メモリーについても、AM3ならばということで、DDR3のみ対応のモデルを選択。

GIGABYTEのM/Bは久しぶりに使用しますが、なかなか良い感じです。コンデンサーはすべて個体コンデンサー(しかもすべて日本製らしい)ですから、長く使えそうです。AM3/DDR3は良い選択肢だったかも。BIOS設定を見ても、昔に比べたらかなりこなれた感じがします。だいたい、付属マニュアルが日本語ですよ。ビックリ。

BIOS設定は、え?これがデフォルト? というような箇所がいくつか見られましたが、ほぼデフォルトの状態で使用しています。SATAになってからBootのHDDが選べたりして便利になったのね。

CPUにはクアッドコアは選ばず、価格性能比で一番リーズナブルなところを選びました。いずれ、クアッドのPhenomIIが1万円を切るようになったころに交換しようと思います。

予定外の出費としては、上の3つに加えてIDE→SATAの変換アダプター ¥1,680-を2つ購入しています。最近のM/BはSATAが主流なのね。

OSは先日ダウンロード済みのWindows 7 Ultimateの英語版をLanguage Packで日本語化して。さすがに最新のチップセットなのでインストールDVDにドライバが入っていませんでしたが、M/B付属のCD-ROMとダウンロードサイトからダウンロードして、ビデオドライバーまで最新のものにすることができました。RADEON系なのでCatalystかとも思ったのですが、最新の9.7でもまだ785Gはサポートされていないようです。GIGABYTEのサイトのビデオドライバーでエクスペリエンス・インデックスのグラフィックスが4.5となりましたので、良しとします。

また、以前から使っているお気に入りのONKYOのサウンドカードは、ドライバーがWin7対応されておらず互換性の問題でうにゃうにゃしましたが、なんとかインストールできました。NAVの動きがなにやらおかしいですが、大体こんなものでしょうかね。

今週は、ソフトをぼちぼち入れていこうと思います。

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ: ,

1/1 RX-78-2 GUNDAM

お台場に立っている例のアレを見に行ってきました。まずは写真から。

次に所感など。

迫力もさることながら、ディテールがものすごいです。目から鱗です。パネルラインの細さ、メンテナンス用のフックやノブ、ハッチなどの数の多さ、整備用の注意書きの細かさ、、、そうか、実物大で考えるとこうなるわな。各ディテールはサイズが小さい(近くで見て適当なサイズ)ので、遠目には目立たないのです。しかも、一つひとつのディテールに存在意義が感じられ、説得力があります。今までガンプラにデカールを貼ってしまうと玩具っぽくなってしまうので嫌っていたのですが、ここまで徹底すると逆にリアリティが増すってことがわかりました。

色にも驚きました。今までリアリティを求めるなら艶消しだと考えていたのですが、こいつには艶がある。ロールアウト直後をイメージしているとのことで、新品の自動車のような艶があります。そして、それが風雨にさらされて程よく汚れていい感じに半艶消しになっています。艶消しじゃなくても充分リアルな存在感があるし、もしかしたら、この方が作者のイメージに近いのかも知れないと思いました。

このガンダムには定期的に首を動かしたり、ダクトから排気ガスを吐いたりするイベントがあります。子供だましだろうと思って斜に構えて見ていたのですが、これが結構感動しました。実物大が動くというのは、プラモデルが動くのとは全く違う迫力と、「本物だぞ」という説得力があります。SFですから実在するわけではないのだけれど、そこにある1/1模型が「本物」に見えてきてしまうから不思議です。おそらく一緒に見ていた皆さんも同じ思いだったんじゃないかなぁ ガンダムが首を動かす度におぉーという歓声が上がって、最後は拍手喝采でした。

8/31までです。入場無料です。親子でどうぞ。ただし、ゆりかもめの混雑にはご注意ください。TDLのアトラクションなみに並びます。早朝がお勧めかな。

この記事をついーと