アーカイブ

2009 年 9 月 のアーカイブ

本当にパーソナルなコンピュータ

クラウドコンピューティングも良いけれど、こういうのも面白そうだーね。

Beagle Board で Linux をブートする

Beagle Boardはオープンな規格の元につくられた超小型のハードウェアで、ほんの10センチ四方の1枚のボードを使って、Linuxが動作するフル機能のコンピューターシステムを作ることができます。インストールするLinuxはAngstromという、これまたちっちゃい感じの名前のディストリビューションです。一応、組込み系に属するのだと思うのだけれど、これって、やっぱりホビー向けですよね。

自分も、玄箱なんかをいじるぐらいだからこう言うのは嫌いじゃないです。エンタープライズシステムを扱う反動で、こういった極めて小さなコンピュータに興味がいってしまうのか。大昔のマイコンの感覚ですかね。これほどパーソナルなコンピュータもないですよね。いつも使っているパソコンなんて、扱っている内容が全然個人的じゃないですから。

それにしても、こんな細々したホビーコンピュータを天下のI○Bが扱うのかい!って販売する訳じゃないのね。面白いから許す。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ:

ITアーキテクト休刊

先日、滝川クリステルがニュースJapanを卒業しました。ニュースJapanの滝川クリステルといえば、斜め45°からのカメラアングルという個性的なスタイルを確立し、お笑いのネタにもされたりして、各局がしのぎを削る夜のニュースの時間帯において一際異彩を放った存在でした。

金太郎飴のようなIT系雑誌のなかにも、一際異彩を放っている雑誌があります。『ITアーキテクチャ』という雑誌です。

最終号『ITアーキテクト Vol.25』を刊行

「ITアーキテクト向け」に特化した個性で、日経○○などとは一線を画した雑誌ですが、残念ながら今号で最終刊とのこと。最新の情報を扱いながらも、Webでさらっと読むような内容ではく、手元に置いてじっくり読みたいような特集が多かったので、休刊はとても残念です。

思えば、月刊マイコンに始まり、DDJ、C MAGAZINEなど、自分が購読していた雑誌はことごとく休刊に追い込まれているような… こうなったら、日経○○でも読むか。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ:

買い方色々Windows 7の予約開始

MicrosoftがWindows7の予約受付を開始しました。今回も色々お得な購入方法が出そろっています。

Windows 7 パッケージ製品を9月25日より予約受付開始

米国では既にお馴染みのようですが、家庭のPC、3台に導入可能なファミリーパックがお目見え。また、「Windows7発売記念優待パッケージ」なるものもかなりお安く出るみたいです。どちらも数量限定とのことですので、狙っている方はお早めに。

製品構成は、わかりにくくて不評だったVistaの時と違い、Home Premium → Professional → Ultimateと完全に上位互換となっています。また、Vista同様、上位エディションに乗換える「Anytime Upgrade」も利用可能。今回はオンラインのみでのアップグレードも可能とのこと。

このほか、XP→Vistaの時にもお馴染みの、DSP版Vistaで「Windows 7優待アップグレードキャンペーン」を使う方法も利用できます。ベンダー製PCだけではなく、FDDやメモリーとセットのDSP版でも利用可能です。Microsoftへの登録が必要。

DSP版Windows 7も従来通り出るようです。価格はVista DSP版の対応するエディションとほぼ同じとのこと。

買い方をよく考えて選びましょう。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

映画鑑賞報告:BALLAD 名もなき恋の歌

先日、例の映画、『BALLAD 名もなき恋の歌』を観てきました。

BALLAD 名もなき恋の歌

要所要所が原作の『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』に忠実で、原作の雰囲気を損なうことなくうまく実写化してあります。もちろん、原作同様、感動作に仕上がっていました。ラストは原作にはない一捻りがあって、これもなかなか良かったです。原作のラストの青空もかなり良かったですが、それに負けず劣らずです。

原作では、合戦シーンから従来の戦国時代物にあるような「お約束事」を廃し、時代考証に基づいた斬新な解釈で、大人をも唸らせるものがありました。この映画でもそのエッセンスは生かされており、実写であるがためにそれが一層際立っていました。淡々とした合戦シーンは、ハリウッドの中世ヨーロッパの戦争映画を思わせるものがあります。長いアクションシーンのワンカット撮りも見物ですね。

残念だったのは、舞台の「春日の国」が春日部じゃないってこと。あの起伏の多い地形は、どう見ても関東平野のド真ん中にある春日部のものではないです。自分が春日部出身なもので、その辺りにすごく違和感を感じてしまいました。

草彅くんの演技も「鬼の井尻」として違和感はなかったです。総じて満足度は高かったかと。

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ:

NetCraft ‘09年9月のServer Survey

NetCraftのServer Surveyが出ています。

September 2009 Web Server Survey

今月注目すべきはnginxで、823000増のApacheを破り、120万サイトの増加をしました。 ~[中略]~ lighttpdは、200万サイト以上という際だった成長を見せた先月とは対照的に、今月は著しく下落するという憂き目に遭いました。lighttpdは、先月の半分以上を失いました。 ~[以下略]

lighttpdの下落は、Amazon AWSをホスティングしているtubely.comドメインから100万サイトが削除されたのが原因であろうとのこと。

グラフを見ると、IISの落ち込みとGoogle、nginxの伸びが対照的ですね。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , ,

MG RGM-79 GM

シルバーウィークなので、休暇モードです。

MG RGM-79 GMMG RGM-79 GM パチ組み完了

ずいぶん前に購入して放置されていたものです。とりあえずパチ組みしてみました。

内部フレームのABS樹脂の部分だけ、ランナー状態でつや消しトップコート済み。特にいじりたいところもないので、お台場ガンダム風にモールドでも掘って、この5連休中に仕上げようと思います。

この記事をついーと

やられはせんぞ貴様如きに!やられはせん!

AS/400と呼ばれたマシンがあります。メーカーのブランド戦略に翻弄され、2009年9月現在では「IBM i」と呼ばれているそのマシンは、かつて存在した「オフコン(オフィス・コンピューター)」というジャンルのマシンです。整然として、かつ、現実的なアーキテクチャを持った独自のOSで動作します。CUIとしては格別の操作性を誇っており、しかも、今ではメイン・フレームを凌ぐほどの処理能力と可用性も持っています。

基本的にはクローズドなマシンですが、オープン系のテクノロジーを元々の美しいアーキテクチャと折り合いを付けながら巧みに取り込み、最先端のソフトウェア・アーキテクチャに対応することが可能です。また、メイン・フレームのお下がりでオープン系ではまだ一般的になっていない最先端技術に、いち早く対応するのも魅力の一つです。

そんなAS/400はもう死んでいる!?という話。

誰がAS/400を殺したのか

誰がAS/400を殺したのか その2

刺激を受けたので、私も思うところをぶちまけてみたいと思います。

  • マシンも保守料もメーカーのSE単価も高すぎです。昔はどうだか知りませんが、今はそれに見合う価値があるとは思えません。マシンがどんなに優れていても限界があります。
  • 売る側も使う側も、勝手に活躍のフィールドを限定しないで下さい。このマシンにはもっと色々な事ができるはずです。もっと色々な事に使って下さい。
  • 売る側が訴求するポイントが間違っています。今時、MySQLやPHPが動くことにどれほどの価値があるのか。もっと本質的な部分を見て考えて下さい。
  • 対抗する相手が間違っています。Windows Serverは敵ですか?
  • 売る側はもっとこのマシンの真価を理解して、誇りを持って下さい。どこの現場に行っても、AS/400のエンジニアは自虐的すぎます。メーカーの技術者からしてそうだったりするから目も当てられません。

ま、この記事のタイトルもかなり自虐的ですけどねー

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

コンセントを探せ

1870年にユダヤ系オーストリア人のジークフリート・マルクスによってガソリン自動車が誕生してから140年、自動車はガソリンで動く内燃機関を 内包し、その技術に磨きをかけて進歩してきました。そして、近年のエコブームにより売れに売れているハイブリッド・カー。さらには、電気自動車という内燃機関を持たない自動車が、明るい未来の自動車として脚光を浴びています。

自動車の技術は、そのコア・テクノロジーである内燃機関と共に発展してきました。ところが、電気自動車には内燃機関がありません。自動車の技術者は、140年間培ってきた内燃機関のテクノロジーを捨て、電動モーターや発電・蓄電システムをコアとするテクノロジーへとスキルチェンジすることを強いられています。

ここに、PCとサーバーをコア・テクノロジーとしたITシステムがあります。1980年代に全盛を誇ったこれらのシステムは、パラダイムシフトであると言われたインターネットですら飲み込みながら、21世紀に入った現在でも未だ現役のテクノロジーとして利用され続けています。

ところがです、インターネットによって起こったと言われるパラダイムシフトには、実は続きがあったのです。インターネット出現後もソフトウェアとハードウェアの技術は着実に進化し、ついには、インターネットを基盤としたクラウドコンピューティングへとたどり着きます。

IT技術者は、過去30年間培ってきたテクノロジー・スキルを捨て去らなければならない時期に来ています。現在のIT技術者の多くが持っているプラットフォーム・スキルは、オープン系のものも含めて、エンタープライズ分野においてはほとんど役に立たなくなるでしょう。テクノロジー・スキルで身を立てようと考えているIT技術者は、ここ数年の間で重大な決断を強いられることになります。

これから先30年でIT業界に起こることは、とてもエキサイティングでバラ色で、且つ、悲惨で残酷なものになります。人々は、GoogleやSalesForceのような一握りの勝ち組企業による容赦のない一人勝ち状態(これはWintelの時の比ではありません)を目の当たりにするでしょう。大企業による独占と支配に対して反発する人々も現れますが、人々の生活は画期的に豊かになるので、それを問題視する者はほとんどいないでしょう。

DSC00621

…というのが、本日開催されたCloudforce Japanにおけるセールスフォース・ドットコム会長兼CEOのマーク・ベニオフによる基調講演を、たっぷり2時間聴いた直後に書いたメモを元にして書いた文章です。かなりマインドコントロールされている感がありますが、手元の資料とあわせて見て思い出しながら書いたらこのような文章になりました。

午後のセッションを聞くうちにクラウドコンピューティングを取り巻く内情が少し分ってきて、クールダウンしました。私のような頭の固いIT技術者が生き延びていくヒントを感じることもできましたが、そのあたりはまた追々。。。

さて、ガソリンエンジン自動車を取り上げられて電気自動車を与えられた技術者はどうすればよいか。まずは、コンセントを探すところから、ですね。

※2009/09/16追記

機能の基調講演の様子は、日経ITProなんかにも関連記事が出ていますね。

クラウドの潮流は「リアルタイム」、セールスフォースCEOが講演

あと、コンセントを探している方は、↓こちら。

developerForce

この記事をついーと