アーカイブ

2009 年 11 月 のアーカイブ

もしかして気付いたのか?このゲームの必勝法に

先日Windows対抗の本命と目されるOSがGoogleから発表されましたが、がぶり四つなMicrosoftとGoogleの勝負の見所は?と言う話。

MicrosoftがChrome OSを打ち負かすための10の作戦

私が思うに、ポイントは2つ。即ち、企業ユーザーを繋ぎ止めることと、オンライン・サービスの改善でしょう。企業ユーザーはGoogleのアキレス腱であり、オンラインサービスはGoogleの本丸ですから、この2分野でうまくやれればMicrosoftの勝利は確実なものになるでしょう。

逆にGoogleからすると、アキレス腱である企業ユーザーを取込むことと、Microsoftが従えている膨大な開発者達をChrome OSに乗換えさせることができれば、勝利は目前です。それには、クラウドの安全性を客観的、定量的に説明し企業ユーザーを説得する必要があるでしょう。また、アイデア次第ではGoogleが提供するWebアプリケーションと同レベルかそれ以上のものを簡単に開発することができる環境を提供し、開発者達を手厚く遇する必要もあります。

お、今気付いたけど、Googleが勝つには、SalesForceあたりと手を組んじゃうのが一番手っ取り早いのかも知れませんね。。。おぉ、Microsoft危うし。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , ,

歴史は繰り返し、そのOSは現れた

Googleの懐刀のChrome OSがついにお目見えしましたね、という話。

Official Google Blog: Releasing the Chromium OS open source project

そんでもって、ソースはこちらから落とせます。

Getting and Building a Chromium-Based OS

Chrome OSでは、「OSとはインターネットである」という思想の基に、アプリケーションとデータの全てをネットワークの先のクラウド上に置くという形態になります。つまり、Googleが集中管理する巨大なコンピューターのリソースを、みんなでシェアして使うという考え方です。ネットワークがインターネットになったこと以外は、大昔の「ホストとダム端」の世界に戻る感じね。正に、歴史は繰り返しています。

オープンソースであることが「ホストとダム端」の世界との大きな違いですが、これは、Googleと当時の汎用機メーカーのビジネスモデルが違うというだけのことです。ま、オープンソースがもたらす価値も大きくはありますが、OSと称するブラウザ上にいつも現れる広告は、さぞかし鬱陶しいでしょうね。 それを言うなら、ここの右とか下とかにある広告は何だ!っていう突っ込みはナシね(笑)

コンパイル済み、インストール済みのVMイメージを配布しているサイトもあるようですね。新し物好きの方は↓からどうぞ。

Download Google Chrome OS for free

この記事をついーと

Windows 7での動作報告/64bit版

秋葉原では32bit版より64bit版のほうが売れ行きが良いとの噂もありまして、拙宅のメインPCでも、ボリュームライセンスのSA特典で入手した64bit版Enterpriseをインストールしてみました。あ、そう言えば、SA特典の32bit版Enterpriseのメディアと巨大なメディア・ケースが届いていましたよ。

Windows 7 Enterprise (32bit)

でもって、64bit版ですが、結論から言うと、64bit版のドライバが無いデバイスがいくつかあって、使用に耐えませんでした。具体的にはI/O DATAのTVキャプチャカードGV-MVP/RX3とMIDIインターフェースのMIDISPORT 2×2です。こいつらが使えないのはちょっと問題があるので、32bit版をインストールし直しました。

また、体感的なパフォーマンスも32bit版より若干劣っているような気がしたのと、デスクトップ・ガジェットの中に不安定なものがありましたので、32bit版やむなしと言ったところでしょうか。

64bit版のパフォーマンスについては、下のような記事もあります。

Windows 7の64ビット版は“速い”のか

うーん、64bit版にはまだ時期尚早なのかなぁ。4GB以上のメモリーを使えるのは、かなり良いと思うのだけれどもね。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , ,

トップページをチョビっと変更

AIDE’s Favorites & Works のトップページをチョビっとだけ変更しました。さてどこを変更したでしょう?こう言うのちょっと前にありましたね。ゆっくり変わるから脳が認識できないっていうやつ。

JavaScriptのサンプルを作ってくれた後輩のKくん、どうもありがとう!

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ:

日本のIT産業の終わりの始まり

公約だかなんだか知らないが、とにかく予算を削ることに命をかけている人たちがいるようですね。そんな彼らによって、日本のIT産業の未来をぶち壊されたかも知れないという話。

もう世界一を目指す時代じゃない?–「次世代スパコン」の凍結判断に至る議論は正当か – 大河原克行のエンプラ徒然

政治家からは「世界一である必要はあるのか。二番ではダメなのか」という指摘があったとか。そんなもの、世界一じゃなきゃ何の意味もない!でしょう。ハイパフォーマンス・コンピューティングの分野は、コンシューマ向け、ビジネス向け、ハードウェア、ソフトウェア、サーバービジネス、ネットワーク、クラウドなどあらゆる分野で海外勢の後塵をなめている日本のIT産業にとっては最後の砦なのだから、ここでアドバンテージが取れないということは…!

この日は、後生の人々から「あの日が日本って国のIT産業の終わりの始まりだったね」と振り返られる、歴史的な日となるでしょう。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ:

いわゆる普通のスマートフォンが欲しい

先日行われたNTT docomoの冬春モデル発表会での発表は見送られましたが、遂に、ソニエリ製Android携帯の発売が公式に言及されました。

ソニエリAndroid端末「Xperia X10」、ドコモが国内販売検討

正式に発売が決まったとかいうわけではないですが、発売されるとすると2010年夏モデルとしての発売となるようです。

これはなかなか良さそうですねぇ iPhoneキラーになり得るのでしょうか。

iPhoneやこのXperiaもそうですが、いわゆる普通のスマートフォンとは一線を画していますよね。でも、はっきり言って自分は「いわゆる普通のスマートフォン」が欲しい。今使っているCLIE TH-55を置換えられるスマートフォンを探しているのです。もうね、極端な話、メディア再生機能とか、快適なWebブラウジングとか要らないのよ。ところが、これがなかなか見付からないです。東芝のT-01A辺りが近いかなぁ。ただ、CLIEを使っていてつくづく思うのだけれど、たくさん入力しようと思ったらやっぱり物理キーボードは欲しいかな。すると、BlackBerryとか?とか。。。

でもって、先日のdocomoの冬春モデルで発表になったSAMSUNGのSC-01Bがちょっと気になっています。QWERTYキー付いてるし。サイズもちょうど良さそうで。見た目も変に頑張ってないのもまた良し。

問題は、おサイフケータイとiモードメールをどうしてくれようか、ってとこですかね。私、docomoの囲い込み作戦に比較的乗っかってしまっている方ですから。docomoさん、何とかしてください。

この記事をついーと

2009年はIT業界にとって最悪の年だったらしい

来年もそんなに期待できないのかなぁ、と言う話。

「IT投資は底打った。2012年には平常状態に戻る」—米ガートナーのリサーチ部門最高責任者が予想

前略~ 「2009年はIT業界にとって最低の年だったが,グローバルで見ると,2009年の第3四半期(7~9月)で企業のIT投資は底を打った。2010年は回復基調になり,2012年には2008年の水準まで戻るだろう」と明るい見通しを示した。 ~中略~ 「ただし,2010年に本格回復するのは中国,インドなどの新興国に限られる。日本や欧米諸国のIT支出が2008年の水準に戻るには2012年になるだろう」(ソンダーガード氏)。

確かに今年は悪かったですね。特に後半になるにつれてどんどん悪くなってきている感じがしていました。でも、来年の1Qの方がヤバいんじゃないのかという雰囲気もありますね。とりあえずは、年度が変わるまでどう凌ぐかですね。がんばろう。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

MG RGM-79 GM 塗装中…こりゃたまらん

9月の5連休で完成させるはずが、未だこの状態です。お台場ガンダムに相当にインスパイアされてしまって、このザマです。

GM RGM-79 Painting...

かなり使い込まれた空間戦闘用の機体をイメージしています。初期にジャブローで生産され、宇宙に上がってア・バオア・クー以降も生き残った機体の成れの果てとでも言いましょうか。

塗装は、ベースのダークグレーにガンクロームを噴いて、マスキング・ゾルで剥げチョロを描いてから、下地色の灰色を噴いた状態です。ここからもう一度マスキング・ゾルで大きめに剥げ模様を描いてから、ボディー色で塗って終わりです。赤い部品と武器類は未だガンクロームの状態で止まっております。

白のボディー色は、お台場ガンダムよろしく4色に塗り分けてみようかと思います。あと、空間戦闘用なので土汚れとか錆とかは不要だけど、ウォッシングは必須だな… って、こりゃいつになったら完成するかわからん。

そんでもって、こっちが塗装前。

MG RGM-79 Constructing...

素組みに色塗って終わりって言ってたのに、お台場ガンダム並にモールドなんか入れちゃったのがそもそもの敗因です。写真では分かり難いですが、ふくらはぎの辺りなんかはかなり苦労しています。モールドを入れ始めると、他にもいろいろと気になるところが出てきて、結果、現在に至っているわけですね。まぁ、気長にやります。

この記事をついーと
カテゴリー: プラモ関連 タグ: , , , ,