アーカイブ

2010 年 1 月 のアーカイブ

SO-01BとSC-01B

遂に遂に正式発表と相成ったソニエリ・ドコモのAndroid端末「Xperia」。個人的に期待していたWindows Mobile端末はどこかへ吹っ飛んでしまった、と言う話。

ドコモ、ソニー・エリクソン製Android端末「Xperia」発表

このソニエリ端末については、これまでいつ出るかも解らない状態が続いていたために、QWERTYキーボード付きのSAMSUN製Wndows Mobile端末に興味が行っていました。が、SAMSUN端末についても、最近はめっきり露出が減っていて、しかも発売予告の2月まで2週間を切っているにもかかわらずモックはおろか価格の発表もなされておらず、やきもきしておりました。

そこへ来て、ソニエリのこの発表です。しかも、当初の予想より早い4月の発売となれば、うぅぅ、これはちょっと考えてしまいますね。

型番はSAMSUN端末がSC-01Bなのに対して、ソニエリがSO-01Bと僅かに1文字違い。なのに、内容はと言うと、方やビジネスユース優先のSAMSUNに対して、バリバリエンタメのソニエリと、まさに正反対というのも面白いですね。しかも、ソニエリ端末は「ドコモ・スマートフォン」という「PRO Series」とは一線を画した新カテゴリーに入れられています。この待遇の違い。あーぁ、SAMSUNも出すタイミングを間違えたな。年明け前に出ていればまた違っていただろうに。

キーボードレスなので文章入力に不安を感じますが、早く現物が触れるようになることを楽しみにして待ちたいと思います。

この記事をついーと

子供パワー

子供の発想というのは、大人の想像力の範囲を超えることがよくあります。そんな子供達によるGoogleロゴのコンテストが日本で開かれている、という話。

ねとらぼ:富士山、土偶、うどん――Googleロゴ、日本の子どもが描くとこうなる

日本の小中学生を対象に「私の好きな日本」をテーマに作品を募集したところ、全国から68,142点の作品が応募されたとのこと。現在、Googleの特設サイトでは、Google社員による一次審査を突破した150作品の全てを閲覧することができ、お気に入りの作品に投票することができます。最終審査でグランプリに選ばれた作品は、実際にGoogleのトップページで使用されるとか。

狙ったのか天然なのか奇抜なアイデア作品有り、荒削りだけどプロ顔負けの作品有り、地域ごとの特色有りで、これは見ていて飽きないですね。オリジナルのGoogleロゴに全く囚われない自由な作品や、ロゴの概念を無視した絵画的な作品など、子供ならではの発想には脱帽します。もはやテーマすらも無視した、いや、本人的は無視していないのかも知れないけど、、、そんな作品もあったりして、かなり楽しめました。

おそらく本人達はかなり時間をかけて描き上げているはずで、ひらめいたアイデアの練り上げ方、アイデアの捨て方、道具や技術の使い方など、じっくり見ていくとそれぞれに個性があってとても興味深いです。何より、どの作品も創作を楽しんでいるという雰囲気に溢れていて、心が洗われますね。

投票は1/28までです。150点の作品の全てを閲覧するのも結構大変ですが、是非に是非に。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

どっちもどっちだろ

「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」を企業使命としているGoogleが、そこを曲げてまでも参入した中国市場ですが、ここにきて重大な決断を行おうとしているようだ、と言う話。

Googleが中国からの撤退示唆、「検閲をこれ以上容認できない」

Googleがこの強硬手段に出たのは、中国国内からGMailに対する「高度に洗練された大規模なサイバー攻撃」が原因とのこと。しかもターゲットは中国の人権活動家のGMailアカウントだというから、なんだかきな臭い話ですよね。

ワールドワイドでは文句なしにNo.1検索サービスなGoogleですが、中国ではBaiduのシェアが圧倒的だそうです。中国国内で生活するネットユーザーにしてみたら、Googleがどうだろうと影響はないのかも知れないですね。閉じられたネットで検閲付き検索エンジンでネットサーフィンなんて、私はごめんだけどね。

でも、考えてみると、普段私たちが見ているGoogleの検索結果だってGoogleの独断によるものですから、ある意味Googleによる検閲が行われているとも言えるわけですね。検索エンジンの仕様も公開されていませんし。

中国によるサイバー攻撃はまずかったですが、要は、Googleは検閲されたままでの中国でのビジネスにあまり旨味がないと判断したと言うことなのでしょう。企業使命とか人権がどうとかって言うのは方便じゃないのか?こりゃ、どっちもどっちだな。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

ワシら人間に信じられないものを見せてくれ

こんな大事なニュースを見逃していました。例のGoogle Phoneが正式発表されましたね、という話。

Nexus One Phone – Web Meets Phone

Sorry, the Nexus One phone is not available in your country.

SIMロックフリー版が529 ドル(約 5万円)とちょっと高めではありますが、残念なことに今のところ日本からは購入することができません。これに関して、日本ではソフトバンクから出るとか出ないとかいろいろな憶測が流れているようです。

Nexus Oneが総務省の技適通過、ソフトバンクから登場?

ちなみに、、、ハリソンフォード主演の「ブレードランナー」と言うSF映画があります。エポックメイキング的な作品なのでご存知の方は多いと思いますが、近未来を描いたこの映画の中では、人間が「レプリカント」と呼ばれる人造人間と共生をしている社会が描かれています。この「レプリカント」の製品名がタイレル社製「Nexus 6」なのですね。さらに言うと、ブレードランナーの原作のフィリップ・K・ディック著の小説の中では、人造人間達は「レプリカント」とは呼ばれてはおらず、単に「アンドロイド」と呼ばれています。で、こんな記事もありますね。

「GoogleのNexus Oneは知財権侵害」(ディックの遺族談)

AndroidとNexus Oneというネーミング、開発者の遊び心なのでしょうが、ただの遊び心で済ませておいてほしいものですね。名前よりも中身に注目したいところです。

映画の中で、主人公の刑事に対して、植民地惑星での過酷な労働から脱走してきたレプリカントの一人が吐き捨てます。「おれは、お前ら人間には信じられぬものを見てきた ・・・ そういう思い出も、やがて消える。時が来れば・・・雨の中の涙のように・・・」 おぉ、カッチョイイな。久々にブレードランナー見たくなってきた。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , ,

年始に思うこと。

言い訳になりますが、去年の暮れぐらいから、WEBもEメールも外向けのネット関係一切合切が使用禁止という、セキュリティに非常に厳しいお客様のところで仕事をしておりまして、世間のニュースにかなり疎くなっておりました。なもんで、このblogの更新も滞っていたわけです、はい。

で、去年の記事で申し訳ないのですが、若手~中堅のIT関係者にとって耳の痛い記事を発見。不景気の中にあって、サボってるとこれからもっと厳しくなるよ、と言う話。

「幸せなソフトウェア開発」時代の終焉

~略~ 日本のIT企業が抱える根本的な問題は「戦略のなさ」ではないか、と高橋は問う。彼らは「どうやろう」ばかりを考えて、「なぜやるのか」を考えていない。 ~略~

なんとも耳の痛いお言葉ですが、私の年末の失敗はまさにその通りの結果だったと言えましょう。解っちゃいるけど難しいのですよね、これは。毎日の習慣と時間の使い方にポイントがあるような気もしますね。振り返るための時間、たまに俯瞰してみる習慣、考えを整理する時間、、、あまりストイックにならずに実践していきたいものです。

また、記事の中には、『「5年後に自分がなりたい姿」を考えられない中堅層がたくさんいる』なんていう厳しい話も書かれていたりします。「『どうやるか』ではなくて『何をやるのか』という目標を明確に定義でき、周囲をリードして結果を出せる人材が今後必要なのではないか」とのことですが、反対に、実現に至るまでの具体的なプランを持っていないとか、プランはあっても実現するための手を打っていないとか、「どうやるか」が不足しているケースもよく見かけますよね。

新年早々、「目標を持って、プランを持って、頑張りましょう」っていうベタなまとめになってしまい恐縮ですが、ま、お互い頑張りましょうや。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ:

MG RGM-79 GM だんだんゴールが見えてきた

あけましておめでとうございます。

正月休みなので休暇モードでお届けします。

塗装済み正面 塗装済み正面

こいつを作り始めて、もうかれこれ4ヶ月近くになりましょうか。ようやく基礎塗装が完了し、このような状態です。といっても、マニピュレーターと武器類はまだ下地塗装のままですが。

リアルタイプ・カラー風ですが、白い部分はただの白ではなく、パネルラインで仕切られた面ごとに4色に塗り分けています。赤も3色あります。ハゲチョロの下に見えている下地色の下にはさらにガンクロームの層があって、その層もハゲチョロの下からチラ見せさせています。つまり、ガンクローム→マスキングゾル→下地色→マスキング剥がし→再びマスキングゾル→白4色、赤3色(それぞれ他の色の部分にかからないようにマスキングしながら)→マスキング剥がしという工程を経ているわけです。塗装は基本的にはエアブラシですが、同色の面積があまりにも小さい場合は刷毛塗りもしています。

まぁ無駄に時間をかけているとも言いますが、楽しかったから良しとします。子供のころから一度やってみたかったんですよね、この塗り方。

予想外だったのは、マスキングゾルがアクリル塗料の塗面を侵してしまうことで、下地色が出てほしいのにその下のガンクロームの層まで見えてしまっている箇所があるところです。この辺は次回からは要注意とします(ラッカー系は大丈夫みたいですね)。あと、マスキングゾルを塗った場所は忘れないように写真にでも撮って記録しておかねば、剥がし忘れが。。。

塗装が完了したので、デカールを貼ってつや消しトップコートを行いました。ここからエナメル塗料でウォッシングして汚し塗装を施していく予定です。完成まであと2、3ヶ月はかかるかなぁ

この記事をついーと
カテゴリー: プラモ関連 タグ: , , , ,