アーカイブ

2010 年 2 月 のアーカイブ

今を買うか未来を買うか

SAMSUNGのWindows Mobile 6.5、QWERTYキー搭載のスマートフォンSC-01Bがついに発売されましたね、という話。WindowsケータイFANに早くも購入レビューが出ています。

WindowsケータイFAN: SC-01B/購入レビュー

SAMSUNG初のdocomo端末ということもあって、新規で17,000円、買換えでも20,000円と、価格もかなり戦略的です。

iモード端末価格調査: P-02B、SC-01B発売

事前の噂どおりの低価格です。この価格は店頭価格なので、各種割引や各種ポイントを利用すると数千円にまで下げられるのでは。これだけ安いと衝動買いしてしまいそうで怖いですね。XperiaかSC-01Bかと迷っていて、最近はAndroid搭載のXperiaに気持ちが移っていたのですが、これはまずいな。しばらくヨドバシには近寄らないようにしよう (w

Xperiaのソニエリ独自のUIやアプリも良いのですが、GMail等のAndroid標準アプリのほうは日常的に使うとなるといまいちこなれていない感じがするのですよね。独自UIにしても、「直観的な操作性がコミュニケーションを自由にする、新感覚エンターテイメントマシン」って、そもそもエンターテイメントも自由なコミュニケーションもケータイにそれほど期待しているわけじゃないし。そんな私のような人間には、現時点で実用的に使えるものを、と思ったらやっぱりSC-01Bに分があるように思います。QWERTYキーも付いてるし。

しかし、しかしながら、Androidはこの先間違いなくモバイルOSのデファクト・スタンダードの一つになると思われます。開発環境なども無料で揃うし、Android OS自体のカスタマイズ性も含めて、黎明期特有の混沌とした面白さがあります。

今を買うか、未来を買うか、、、迷ったら、、、迷ったら、両方買いますか!?いやいや、まさか、、、!?

Android搭載端末と言えば、↓こんな変端末も出ています。カオスですね。

Android搭載/トリプルブート対応の小型端末が発売、UbuntuやWindows CEも起動

実はXperiaよりもこっちの方が気になってたりして。

この記事をついーと

MG MS-07B GOUF

実は以前から制作していたRGM-79 GMよりも前に購入していました。未開封のまま10ヶ月近く放置されていたわけですが、この度、やっとこさパチ組み完了です。

MG MS-07B GOUF パチ組み完了

このキットは、プロポーションと言い、作りやすさと言い、MS-06Jとの関連性と言い、キットそのものの出来は非常に良いです。しかし残念なのは、ヒケやパーティングラインがとても多いこと。面積の広い部品が多いからでしょうか。これまでに作ったRGM-79やMS-06Jなんかよりも遙かに多く、目立ちます。よって、やむなく全身を紙ヤスリで磨きました。マットな感じに見えるのはそのせいですね。

設定上は陸戦型のMS-06Jを対MS戦用に強化改良したものとのことで、プラモのほうも基となったMS-06Jとの部品の共通化が図られています。そんな2体のフレーム構造の違いをぜひご確認下さい。

違いのある二人

内部フレームの部品の共通化率は50%程度と言ったところでしょうか。意外と共通化されていないように見えます。初めて実戦投入された試作機YMS-07Bに搭乗していた将校が「ザクとは違うのだよ!」と言ったのも頷けますね。

これからまた半年ほどかけて作り込んでいくわけですが、今度は陸戦型なので、アーマーモデリングでも眺めながら作戦を練るとします。テクが追いつくかという問題もありますけど。あ、写真右のMS-06Jも最近また買っちゃったことは内緒。

この記事をついーと

Hello, Deckard!

ソニエリのAndroid端末Xperiaのモックが出回っているとの噂ですね。こことか。Androidの特徴はオープンでフリーなOSということですが、SDKなどの開発環境についても当然無料で利用可能となっています。そこで、折角無料なので、Androidの開発環境を揃えてみました、という話。

Android SDKとIDEのEclipseの入手は以下のサイトから。

Android Developers

Pleiades – Eclipse プラグイン日本語化プラグイン

折角なのでEclipseは最新のGalileoを利用しました。UIは日本語化されていたほうが何かと便利なので、Pleiadesは重宝しています。ただし、Java開発環境を選択するとTomcatやら何やら余計なものが付いて来て重くなるので、インストールはPlatformのみでJDT等は後から追加しています。

Android SDKのインストールはいたって簡単。一応メモしておきます。

  1. 上のサイトからダウンロードしたSDKの圧縮ファイルを任意のフォルダに展開する。
  2. 展開したフォルダのtoolフォルダにpathを通す。
  3. EclipseにADT(Android SDK用のプラグイン)をインストール。インストールはEclipseのメニュー「ヘルプ」→「新規ソフトウェアのインストール…」から。パッケージのURLは「Installing and Updating ADT | Android Developers」を参照。
  4. ADTにSDKのパスを設定。Eclipseのメニュー「ウィンドウ」→「設定」から「Android」を選択し、「SDKロケーション」に1の展開先のフォルダ名を入力。
  5. SDKに付属のAndroidエミュレーター用にAndroid OSをインストール。Eclipseのメニュー「ウィンドウ」→「Android SDK and AVD Manager」を選択し、「Avairable Packages」から利用したいバージョンを選択してインストール。
  6. Androidエミュレーターの仮想端末を作成。先ほどの「Android SDK and AVD Manager」で「Virtual Devices」に仮想端末を作成。

ADK_AVD_Manager

ここまでの約1時間で一通りの開発環境は揃います。詳しいことはAndroid Developersに出ていますが、検索すれば日本語で詳しく解説されているサイトがたくさん見つかりますので、そちらもどうぞ。

AndroidエミュレータはGMailやブラウザも動くのでなかなか面白く、こいつでしばらく遊んでから、お約束の「Hello World」を作ってみました。エミュレータ上では下のように実行できました。

android_em

コーディングに関しては全く予備知識なし&全く調査もせずにてきとーに行いましたが、Microsoft系のUI設計に慣れてしまっている身としては、とてもわかり辛いですね。画像一枚貼り付けるのに四苦八苦してしまいました。これはカンだけでは無理っぽいな。一度、SDKを読み込んでみる必要があると感じました。

実機器がないので今回はここまでです。あれ?「今回は」ってあーた…

ところで、ちょっとセンセーショナルなタイトルの記事を発見。

Androidアプリはビジネスになるのか

内容は大して面白いものではないのですが、最近、iPhoneアプリ・ビジネスのメッキが剥がれてきたっぽい話も聞くので、ちょっと気になりました。この話題は後日改めて。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

アオイ窓ト、シロイ文字

皆様、今月の定期更新はちょっと待った。Microsoftのセキュリティ更新プログラムのインストール後にブルースクリーンが出る可能性あり、と言う話。

MSの更新プログラムでブルースクリーン? ユーザーから報告相次ぐ

ブルースクリーンはマルウェアが原因か、「MS10-015」の配布中止

パッチではなくて環境の問題か、との報告もありますがはっきりしません。対象のOSはWindows XPだけとのことですが、こちらも詳しい情報がまだありません。念のため、Vistaや7でも同障害に対するパッチは見合わせた方が良いのでしょうか。

そういえば、「ブルースクリーンって何ですか?」なんて聞いてくる後輩がいたりして、最初は、おいおいいくら何でもそりゃ経験不足過ぎだぜって思ったのですが、彼曰く、パソコンはWindows XPが最初で、Windows 98/95はおろか、2000/NT4.0ですらも見たことがないとのこと。そして、ブルースクリーンなんてお目にかかったことがないそうな。なんて幸せな。

ブルースクリーン。そう言われてみれば、最近はめっきり見なくなったような気がしますね。Windowsも良くここまでになったものだと思います。感慨深いものがありますね。単なるDOSアプリだったころが懐かしい。あのころはブルースクリーンすらなかったですからね。起動するのにDOSコマンドで「win」とか打たせちゃうあたりがビルゲイツっぽいですけど。

あぁ、よく考えてみたらその後輩とは一回り近く年が離れていますね。唖然…

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , ,

なまりのねJava言語どごしゃべるぞ

IBM developerWorks Japanから面白い記事を2つ。

訛りのない Java 言語を話す

新興のWEB技術

「訛りのない…」は、C、C++、C#などから転向したプログラマーが、書くコードの癖で転向組みだとばれてしまうよ、という話。私も転向組みですが、まぁ、別にバレても良いですけど。何か?

実際のところJavaができるってだけで食っていけるほど世の中甘くないわけで(Java技術者の単価もかなり下がっていますし、最近だとCOBOL技術者の方がよっぽど重宝されたりします)、私なども、Javaはもちろん、Java Script、C#、SQLは言うに及ばず、PythonやPHP、Visual Basic、VBScript、WindowsのBATCH、COBOL、珍しいところではDelphi、IBM iのRPG IV、CLなんかも使いこなしながら日々の仕事をしているわけです。皆さんも大体そんな感じだと思いますけど。もうね、訛りとかあんまり気にしてられないよね。

「新興の…」の方はまだよく読んでいないけど、冒頭を見る限り、堅そうなタイトルとは裏腹にアメリカンジョーク満載の砕けた記事のようです。今週はこえしがら、ぐぐど家さ帰って、しょじゅでもなめながら読んでみるとすど。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ:

MG RGM-79 GM ほぼ完成か

去年から懸案のGMですが、ほぼ完成したのでここでひと区切り付けます。

P1010750

前回からの進捗は、マニピュレーターと武器の塗装を完了させたことと、ウォッシングです。

まずはマニピュレーターの塗装に関して。指先は無作為&左右非対称に3色で塗り分けていますが、古い機体の生き残りであるとの設定から、「破損しやすいであろう指の部品は規格外のものを付けざる を得なかった」という解釈によるものです。因みに、お台場ガンダムの濃淡の違う複数の白色による塗り分けは、公式パンフレット によると、「各部材が複数の工廠で作られ、工廠毎の白色が異なったため」との設定によるものだとか。こういう細かい設定を考えている時は楽しいですね。

ウォッシングに関してですが、ペトロールに負けてプラが割れるのを恐れウォッシングは軽めで行いましたが、その分効果も控えめで残念なところです。しかも、これまた残念なことに、注意していたにもかかわらずピシッとひびが入ってしまっている所が何箇所かあります。今回は割れを防ぐためにパーツの裏まで入念にラッカー塗料による塗装を施してコーティングしていたのですが、つま先などは部品の噛み合わせの内部に塗料の届いていない箇所があり、そこから見事にパッカリと割れてしまいました。幸いなことに、修復跡は汚し塗装のおかげで目立ちませんが(汗)。この辺りはスナップフィットの宿命ですが、まだまだ工夫の必要ありです。

カッコ付けに、上のポーズのまま下から煽り気味で撮影してみました。

煽り正面 煽り背面

うん、なかなかカッコいいね。満足した。

あとは、武器の発射口とか背中のスラスター周辺なんかに、カーボン汚れを付けたいのですが、面倒なのでとりあえずこれで完成としましょうかね。あ、シールドとかハイパーバズーカのウォッシングがまだでしたね。もういいや。

この記事をついーと
カテゴリー: プラモ関連 タグ: , , , ,

BIがクラウドに向いているこれだけの理由

なんとも某ニュースサイト風でセンセーショナルな感じのタイトルになってしまいましたが、大した内容ではありません。はい。まずは、2010年のIT業界のトレンド予想がでてますね、と言う話。

2010年に優先する技術課題は「仮想化」「クラウド」、「BI」は5位

~略~ 景気が回復の兆しを見せ始めるとともに、企業はコスト削減から生産性向上に焦点を移しつつある。これを実現する手段として、仮想化やクラウド・コンピューティングをベースにしたコラボレーション機能やソーシャル・メディア技術の導入が進んでいる。 ~略~

5年連続で1位だったBIは5位に転落したとのこと。一通り行き渡った感じなのでしょうかね。代わりに「仮想化」「クラウド」「Web2.0」が1、2、3位に。

で、思ったのですが、BIってもしかしてクラウド向きでないですか?ってことで、その理由を、システム視点でですがざっくりと考えてみました。

  • Key-Valueストアは照会系が高速

BigTable等で採用されているKey-ValueストアはSybaseIQが採用しているカラムストア型データベースにも似た構造です。BigTable実装のカラムストア型データベースって何か良さげではないですか。

  • DWHのStrageはべらぼうに多いほうが良い

クラウドならStrageはべらぼうに使えます。自前で用意するより遙かに安全でリーズナブル。

  • BIは要求CPUリソースにムラがあり、必要なときには大量に必要

これもクラウドならオンデマンドに利用可能です。

一方、問題点もあります。

  • クラウドベースの本格的な多次元データベースがない
  • 企業活動の肝でありアキレス腱でもあると言える生データの社外への持ち出しに対する壁
  • インターネット経由でのデータロードに案外時間がかかるのでは?

BI製品の満足度はレポーティングツールの出来によるところが大きいですが、このあたりは既存製品も結構問題有りなので、どこかが本気で作れば乗換える企業が出てきても不思議ではないかと。さぁ早い者勝ちだ。

この記事をついーと