ホーム > IT関連 > やはりiPhoneはMacになってしまうのか

やはりiPhoneはMacになってしまうのか

ここ最近のAppleの動きについての話。

iPhone アプリ開発から他社ツール閉め出し Appleの真意は?

「Appleの意向で」ヨドバシ通販、Apple製品の扱い中止 Amazon、ジョーシンは継続

これは、Appleのいつもの戦略。今回も、自社の強いブランド力を前面に出してゴリ押しているようですね。このやり口には、先進的ですばらしく良いマシンだったMacintoshを、ただのマイノリティーマシンのMacにしてしまったという前科があります。

販売戦略に関してはもとより、「プラットフォームとしてのiPhone」という観点においては、このゴリ押しは致命傷となる可能性があります。特に、対Androidとして見てみると、まるで往年のオフコンがオープン系のサーバー達に駆逐されていく様を見ているようではありませんか。

プラットフォームを盛り上げるには開発者を増やすのが不可欠。開発者を集めるには自由なフロンティアを用意するのが不可欠。これは過去の歴史からも明らかです。専制君主制のジョブズ帝国に最後まで残っていたのは熱狂的な信者だけ、なんて話にならなければ良いですけどね。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。