ホーム > IT関連 > 青の巨人がいよいよ動くぞ

青の巨人がいよいよ動くぞ

CloudBurstなどでプライベートプラウドに注力すると見せかけていたIBMが、遂にパブリッククラウドへ本格参入する、という話。ちょうど一年前に「データセンターが全てを握る日」というエントリーを書きましたが、全てを握るのはこの巨人かも知れません。

IBM Impact 2010 Report:いよいよ「IBM Cloud」始動、年内に国内でもサービス開始へ

IBMは「IBM Cloud」の正式リリースにより、SaaSのLotus Liveに加えてPaaSをも手にすることになります。そして、上のリンクの記事にも「多くのISVがIBM Cloudを活用してサービス提供してくれることを狙っている。」と書かれているように、IBMは今後、巷のエンタープライズ系のISV達を巻き込んだ壮大なエコシステムを、ゆっくりながらも着実に作り上げていくものと思われます。

これは、システム開発を生業とするSIerには思わぬチャンスとなるかもしれません。IBMは企業向けシステムにおいては一日の長があります。クラウドコンピューティングに対して企業のリーダーが抱いている不安を取り除く方法を編み出すかもしれません。IBM Cloudも他のPaaS同様、ハー ドウェアにかかる費用をかなり抑えた提案ができるでしょうから、うまくいけば、近年ますます重くなっていた企業の情報担当役員の腰を上げさせるきっかけになるかもしれません。

もちろん、それにはSIerがこの新しい運用形態を使いこなせることが前提です。IBM Cloudの日本での正式リリースは今秋以降でしょうか。もうそんなに時間はありませんが、まだ間に合います。↓のリンクからどうぞ。

IBM Smart Business Development & Test

そして、このことに一番警戒しなくてはならないのは、Google Apps Engine擁するGoogleかもしれません。IBM Cloud & Lotus Liveは、Google Apps Engine & GMail他に真っ向勝負を挑む形になってしまいました。

IBMは動きの遅い巨人ではありますが、百戦錬磨の手練れです。未だにベンチャー企業のような動きしかできないGoogleとは、何というか、企業としてのレベルのようなものが違うように思います(そこがGoogleの魅力であったりもしますが)。

一年後が楽しみです。

この記事をついーと
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。