ホーム > IT関連 > Windows7の新API Direct2Dに注目

Windows7の新API Direct2Dに注目

日本語版Windows7もMSDN Subscribeで利用可能になりましたね。それはさておき、少し古めの情報ですが、Windows7の技術的な説明資料のまとめが掲載されているMSDNサイトをご紹介します。

Windows7ホワイトペーパー

この中で、個人的に注目しようと思っているのは、これです。

Direct2Dの紹介

Direct2DはこれまでのGDI/GDI+に替わる2D描画のためのAPIです。Vista以降、GDI/GDI+によるウィンドウなどの2D描画は、GPUによるハードウェア・アクセラレーションが効かなくなっていました。これは、Vistaのあたらしい描画システムであるAeroがDirectXを基礎としていることに由来するのですが、Aero上でアプリがハードウェア・アクセラレーションの恩恵に与るには、難解なDirectX APIを利用するしかありませんでした。

Direct2Dは、DirectXの追加機能で、2D描画機能に特化し、GDI/GDI+の描画機能を置換えます。Direct3Dのスプライトを使用するよりも簡単に2Dの描画を行うことが出来ます。今まではリッチなUIを実現するためには、DirectX APIを駆使するか、DirectXの分厚いラッパーであるところのWPFやSilverlightを利用するしかなかったのですが、Direct2Dによりその中間の選択肢が与えられたことになります。

ただし、残念なことに現時点では、Microsoftは.NET FrameworkからDirect2Dを含むDirectX APIを直接利用する方法を提供していません。そもそも、.NETからDirectXにアクセスするためのクラスライブラリーであるところのMDX(Managed Direct X)は開発が終了していますし、後継と言われているXNAはXbox360用のゲームの開発環境だし。。。 どうやらMicrosoftはウィンドウ・アプリケーションのUIはWPF/Silverlightに一本化したいような雰囲気なので、.NET FrameworkへのDirect2D直接ゴリゴリ拡張は、今後もあまり期待できないかと思います。

そこで、ここにオープンソースのSlimDXなるクラスライブラリーがあります。SlimDXは、名前のごとくDirectX APIのうすーいラッパーです。これを使用することで、.NET Framework 2.0以降のアプリからDirectX APIにアクセスすることが出来るようになります。もちろん、Direct2Dにもいち早く対応しているとのこと。Windows7入れたら早速試してみようと思います。

ちなみにDirect2Dですが、March 2009以降のバージョンのDirectX 10をインストールしたVista上でも利用できるそうです。

あー その前に壊れたPCをなんとかせねばー

この記事をついーと
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。