ホーム > IT関連 > Windows 7ボリュームライセンスがやって来た

Windows 7ボリュームライセンスがやって来た

以前購入したWindows 7のボリュームライセンスだが、先週末、やっとこさ書類が送られてきました。

ただし、送られてきたのは手続き完了のお知らせのみで、実際のライセンス証書やアクティベーション・キーの入手は、Microsoft eOpenで行う必要があります。eOpenではそのほかにも行わなければならない手続きたくさんがあって、これが結構手こずったのでメモを残して起きます。

  • 何はともあれまずはeOpenのアカウントを作成すること。LiveIDやその他のメールアドレスでeOpenのアカウントを作成。ライセンス契約はこのeOpenアカウントと関連付けられます。
  • eOpenにサインインできるようになったら、最初に、郵送されてきた発注確認書に書かれている「ライセンス証書番号」と「ライセンス番号」を登録すること。
  • 次に、ライセンス契約の規約に同意する。eOpenの「契約の概要」から登録したライセンスをクリックして表示し、ページ最下部の同意ボタンを押す。
  • SAを付けている場合は、SA特典を有効化する。上のライセンス契約の詳細の画面中にリンクがある。サーバーの調子が悪いのか、なかなかアクセスできないが、何度もリトライしてがんばる。
  • MAKを有効化する。個人利用の場合はMAKを利用すると思うので、有効化しておく。

因みに、MAK(Multiple Activation Key)とはアクティベーション方式の一つで、複数回のアクティベーションが可能な1つのキーを使って、ソフトをインストールしたPCから直接アクティベーションを行う方式。いわゆる普通のアクティベーションね。

これに対してKMS(Key Management System)はLAN内にキー管理システムを配置してそこを経由してアクティベーションを行う方式。ただし、KMSはクライアントPCなら25台以上、サーバーなら5台以上無いと利用できない。普通はMAKを利用することになるが、そのためには有効化の作業が必要。

MAKを有効にするにはeOpenのページから「ボリュームライセンスキーの表示」→「MAKの有効化」で有効化します。ついでにVistaのMAKも有効化しておきます。当然ですが、キーの管理には十分な注意が必要です。

ここまでくれば、後はメディアをダウンロードしてインストールするだけです。SAが付いていればEnterprise版が利用できるが、メディアが一覧に出てこないところを見ると、Anytime Upgradeしろってことなのかな。

※追記 [2009/10/20] : Enterpriseのメディアは今朝一覧に現れました。どうやらMicrosoftのサーバーが不調なようで、SA特典の処理がされていなかったようです。下でも書いていますが、このサイトの作りの悪さは問題です。

それにしても、Microsoftのライセンス周りのサイトは実に出来が悪いですね。eOpen、ライセンス・センター、SA特典と、頻繁にサイトを行き来するし、出てくる用語も聞き慣れないもので、その説明も各所に点在していて、はっきり言ってわけがわからない。バックエンドの処理もリアルタイムとは程遠いようで、ライセンスを登録してもライセンスキーへの反映に時間がかかって、販売店のミスでもあったのかと勘繰ったりもした。しかもSAのサイトは頻繁にアクセス不可になっている。

できればあまり関わりたくないサイトだな。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , ,
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。