ホーム > 日々の雑記 > これはもうパンデミックではないのか

これはもうパンデミックではないのか

言わずと知れた、インフルエンザ・A型の話です。(医療関係でない)一般の企業では身近に感染者が少ないので、もしかしたらピンと来ないかも知れません。電車に乗っていても流行り初めの5月の頃に比べてマスク姿が少ないですし。ところが、小学生の子供がいる方は既知かと思いますが、学校関係での感染状況は、もしかしてこれってパンデミック?とも思える状況です。

ちなみに、、、「パンデミック」とは、「ある感染症(特に伝染病)が世界的に流行すること(Wikipediaより)」ですので、正確にはパンデミックとは言わないかもしれませんが、小学生という特定の集団においてはかなりの感染率に達しています。

こんな記事もありましたよ。

インフルエンザの休校や閉鎖、前週の1.6倍

実際のところ、小学校における感染率はすさまじいものがあります。私の携帯には長男の通っている横浜市内の某公立小学校から週次で報告メールが来るのですが、それによると、全校生徒の約30%が既に感染済みで、今週は3クラスが学級閉鎖、先々週には1学年が学年閉鎖という状況です。

かくいう私の長男も今週の月曜日に感染が確認され、次男は幼稚園から、私も会社から、3日間ほどの自宅待機を命じられて燻っておりました。幸いにして、私も家内も次男も、今のところ感染してはいないようです。

これから本格的な流行期に入ると言われていますが、今度は未感染の大人や幼児がターゲットになるものと思われます。この先毒性が強くなることも危惧されています。皆さんも食事の前と帰宅時の手洗いは忘れぬよう。。。

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。