ホーム > IT関連 > 今を買うか未来を買うか

今を買うか未来を買うか

SAMSUNGのWindows Mobile 6.5、QWERTYキー搭載のスマートフォンSC-01Bがついに発売されましたね、という話。WindowsケータイFANに早くも購入レビューが出ています。

WindowsケータイFAN: SC-01B/購入レビュー

SAMSUNG初のdocomo端末ということもあって、新規で17,000円、買換えでも20,000円と、価格もかなり戦略的です。

iモード端末価格調査: P-02B、SC-01B発売

事前の噂どおりの低価格です。この価格は店頭価格なので、各種割引や各種ポイントを利用すると数千円にまで下げられるのでは。これだけ安いと衝動買いしてしまいそうで怖いですね。XperiaかSC-01Bかと迷っていて、最近はAndroid搭載のXperiaに気持ちが移っていたのですが、これはまずいな。しばらくヨドバシには近寄らないようにしよう (w

Xperiaのソニエリ独自のUIやアプリも良いのですが、GMail等のAndroid標準アプリのほうは日常的に使うとなるといまいちこなれていない感じがするのですよね。独自UIにしても、「直観的な操作性がコミュニケーションを自由にする、新感覚エンターテイメントマシン」って、そもそもエンターテイメントも自由なコミュニケーションもケータイにそれほど期待しているわけじゃないし。そんな私のような人間には、現時点で実用的に使えるものを、と思ったらやっぱりSC-01Bに分があるように思います。QWERTYキーも付いてるし。

しかし、しかしながら、Androidはこの先間違いなくモバイルOSのデファクト・スタンダードの一つになると思われます。開発環境なども無料で揃うし、Android OS自体のカスタマイズ性も含めて、黎明期特有の混沌とした面白さがあります。

今を買うか、未来を買うか、、、迷ったら、、、迷ったら、両方買いますか!?いやいや、まさか、、、!?

Android搭載端末と言えば、↓こんな変端末も出ています。カオスですね。

Android搭載/トリプルブート対応の小型端末が発売、UbuntuやWindows CEも起動

実はXperiaよりもこっちの方が気になってたりして。

この記事をついーと
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。