ホーム > IT関連 > Androidアプリは儲かるのか

Androidアプリは儲かるのか

首題の件に関して、最近よく思いを巡らせます。あえて結論めいたものは書きませんが、関連しそうな幾つかのサイトをログしておきます。

「パッケージ市場崩壊、iPhoneアプリももうからない」 ゲームメーカーが生き残るには

個人開発のAndroidアプリで月収116万円に

Android アプリの開発を教える専門学校が登場

iPhone利用者の50%が毎月有料アプリを購入、Android利用者では21%

怖いのは、iPhoneを擁するAppleとは違って、Androidアプリがさほど売れなくてもGoogle自身のビジネスにはそれほど大きな影響がないと言うこと。もちろん、ビジネス戦略的には大きな軌道修正が必要でしょうが、きっと想定の範囲内なのだと思います。これは、オープンソースなAndroidと自社製端末を持たないGoogleとの関係と、端末もOSも自社製のAppleとiPhoneとの関係の違いという点においても、両者のスタンスの違いというか、命の掛け方に差が出ているように感じます。

一つ言えるのは、Androidアプリに限らず、モバイル、デスクトップ、クラウドと、何れのプラットフォームを選んだとしても、もはやアプリだけで儲けることを考えること自体が無駄だと言うことでしょうか。

全然関係ないですけど、有楽町のビックカメラにXperiaのモックが置いてありますね。iPhoneほどではないですが、思ったより小さくて軽くて良さげす。そして、今週は銀座ソニービルで、Xperiaのタッチ&トライ・イベントが催されています。行こうかなぁ。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , ,
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。