ホーム > IT関連 > 失敗の反対の反対なのだ

失敗の反対の反対なのだ

Xperiaの発売日も決まって、価格も決まって、私のお買上げも決まって、花粉症も悪化して、桜も開花して、ドコモショップにもホットモックが並んでいる春ですね。それはさておき、例のGoogle TVに関して面白い記事を発見。

「Webとテレビの融合」失敗の歴史、Google TVは覆せるか

かつて色々な巨人達が挑んでは失敗してきたTVとWebとの融合ですが、今回もまーぁ無理っぽいですね。

TVというメディアの最大の楽しみは、一方的に垂れ流されるコンテンツを、全くの受け身で視聴できることにあるのではないかと思います。もう、脳ミソなんてなーんにも使う必要ないんだから。少なくとも、多くの人々にとってみればテレビなんてまだそんな程度のものでしょう。少しだけ能動的になれるとすればチャンネルというコンテンツの帯を切替えられることぐらいで、これはこれでザッピングという疑似能動的な楽しみ方もできますけど。

それもこれも、今のTVには何が何でも見たい金払ってでも見たい、と思えるようなコンテンツが無いからで、作り手の問題のように思うのですが、作る側からすれば視聴者がそれを求めているってことになるのでしょうから、つまり、TVなんてその程度のものって言うことですよ。

上のリンクにも書かれていますが、結局のところ、GoogleがTVとWebを融合させて何を見せてくれるかが一番の問題です。既成概念の延長で失敗するのは過去の例から言って間違いないのですが、何がやりたいのか今一つよく見えてこないですよね。

面白いのは、今回はここに、最近やけにAndroid好きのソニーが絡んでいること。虎視眈々と何かを狙っていそうでちょっと期待してみたりもするのですが、何も考えていないようにも見えるよなぁ… この会社は何だかんだ言っても結局最後はただの箱売りメーカーになっちゃうからなぁ

そろそろTVの一方的垂れ流しコンテンツ的な現状を誰かが何とかしてくれないと、僕たちホントにバカんなっちゃうよー

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,
  1. JTAKA
    2010 年 3 月 25 日 13:55 | #1

    >Xperiaの発売日も決まって、価格も決まって、私のお買上げも決まって
    お買い上げ確定ですか! フォーラムが近々あるでしょうから、そのときにじっくりみせてくださいな!

  1. トラックバックはまだありません。