ホーム > IT関連 > 10億総ハッカー時代

10億総ハッカー時代

なんだか、できレースのようなおもしろみのない結末でしたが、Googleが中国から正式に撤退しました、と言う話。それに関して、空恐ろしい内容の記事を発見。

グーグルが恐れたサイバースパイ「GhostNet」とは?

悲しいかな、中国だったらやりかねないとか思っちゃいますよね。この一件については、中国国内にその影響が黒い霧のように滞留しているようです。↓こんな記事もありました。

中国、18分野の報道禁止 グーグル撤退直前に通達

この一覧を見ると、今の中国の抱える問題が一目瞭然でおもしろいですね。中国の「大学生の就職難」とか日本では全然話題にもならないですから、非常に興味深いです。大きなシンガポールを目指しているとか言っても、大きいだけあって国民の世論を押さえつけるのは相当大変でしょう。

↓こんな記事もありますよ。

中国のグレートファイアウォール、Googleなしでも穴はある?

ネットの世界には国境はなく、それは中国といえども例外ではなく、国民を旧世紀のように自国の世界だけに閉じ込めておくことは、もはやできないと言うことですね。不謹慎ですが、制約のあるネット社会というのも、その制約を如何にして破るかと言うことを考えるのであれば、結構面白いものかも知れません。もう、10億の国民全員で力を合わせてハッキングしてもらいたいものです。私は命懸けってのは嫌ですけどね。

中国のグレートファイアウォール、Googleなしでも穴はある?中国のグレートファイアウォール、Googleなしでも穴はある?

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。