ホーム > IT関連 > さらばおサイフケータイ

さらばおサイフケータイ

Xperia買いました。発売日当日の4/1に。数日間使用した感想としては、イイ!とてもイイです!

ただし、この感想は、Palmをこよなく愛し、CLIE TH-55の置き換えを狙って購入したデジタルガジェット好きオヤジとしての感想です。そうではない普通の人たちにこのケータイ(スマートフォンではなくあえてケータイと書く)がお勧めかというと、必ずしもそうではないと思いました。

予約が5万件もあったとのこと。iPhoneからの買い替えは無いとして、購入した人の中にはスマートフォンやPDAが初めてと言う人も多かったのではないでしょうか。そう言った人達にとって、Xperiaはかなり敷居が高いのではないかと思います。早くも後悔した人も結構いるのではないかと。

iモードやおサイフケータイなどドコモのサービスが今までどおりには使えないということは各所で散々言われていますが、それよりも文字入力や各種アプリなど、ケータイとしての基本機能の操作方法や使用感があまりに違うことで、「使えねー」と思ってしまった人も多いと思います。

そこで、私が感じたXperiaの「使えねー」ところと、その克服法を挙げてみたいと思います。

  • タッチパネルは操作に慣れが必要

XperiaのタッチパネルはiPhoneなどと同じ静電容量方式です。この方式のタッチパネルは一昔前のものとは比較にならないほど感度が高く、指先が少しかすっただけでも読み取られてしまいます。スタイラスも使えず、CLIEとは全く別物の使い勝手に、最初はかなり戸惑いました。が、すぐに慣れました。

  • 文字入力の問題

標準で付いている文字入力用アプリのPOBox Touchは予測や変換の精度が非常に高く、動作も軽くてとても良いのですが、キートップのサイズが小さすぎます。大きい自分の指ではミスタッチの連続でストレスがたまり、タッチパネルの扱いに慣れるまではかなり苦労しました。慣れればそれなりに高速に入力できるようになります。

文字入力アプリにはsimejiやOpenWnnなどのフリック入力ができるものもそろっています。simejiなどはカーソルキーなども使えて便利なのですが、入力方法が今までに無く特殊なので、扱いには慣れが必要です。また、POBoxに比べ予測と変換の精度が劣るところも少し残念です。フリック入力とPOBoxのようなフルキーのものと、どちらが高速に入力できるかというと、これはもう完全に慣れの問題かと思います。

  • メールがプッシュ配信じゃない

GMailは実はプッシュ配信ではありません。一定時間ごとに自動で確認に行くというものです。メール受信のタイムラグは時間間隔の設定によります。バッテリーとパケット代と相談して設定する必要があります。ケータイのメールをプッシュ配信前提で考えている人は、考え方を改めるか、Xperiaをあきらめるしかありません。

  • アプリ選択のための試行錯誤が必要

PDAから来た人にとっては普通のことですが、いわゆる一般のケータイとは違って、標準で入っているアプリを使い続けなければならないという義理はありません。アプリを好きに入れて使うことができるのですが、自分のやりたいことに合った、デザインや使い勝手も自分好みの、となるとなかなか見つかりません。この辺りを試行錯誤することも醍醐味ですが、これを好んでできる人じゃないと、Xperiaは(スマートフォン全般は)キツイかと思います。

  • 予定表アプリがあまりにもお粗末

これは、Xperia最大の、いや、Android最大の問題かもしれ ません。私は今までCLIE TH-55でAgendusという予定表アプリを使ってきたのですが、これに比べるとAndroidのカレンダーアプリはゴミです。全く使い物になりません。Androidマーケットでいくつかアプリを試してみましたが、 Agendusを置き換えられるようなアプリには今のところお目にかかれていません。これについて書き始めるときりがないので、別の機会に。

  • アドレス帳の移行をやってもらえない

既存のケータイからのアドレス帳などのデータ移行は、ドコモショップをはじめどこの販売店でもやってもらえないと思っておいたほうが良いです。PCを利用したり、SDカードを使って移行したりする方法があるようですが、自分で方法を探して自分で移行する必要があります。私の場合、アドレス帳の件数は200件もないので全て手で移行しました。文字入力の問題もあり、その後行った「アドレス変わりましたよメール」の発信とあわせてかなり苦しみましたが、今となっては良い思い出です。

こういった苦しみを乗り越えられない人にはXperiaは向きません。

  • バッテリーの持ちが悪すぎ

これは仕方のないことなのでしょうか。最初は特にいじりまくりますから、1日に2回の充電が必要でした。そのために各種充電グッズを揃えましたが、こういった出費を惜しんでいるようではXperiaは向かないです。

ま、問題はいろいろありましたが、おおむね「慣れ」だけで克服できるという結論でしょうか。また、こう言ったデジタルガジェットものが好きな人じゃないと、最初のつまずきから復活できなくなってしまうかもしれないという危険はあると思いました。買って後悔してしまった皆さん、がんばって使い続けてみましょう。

実は、自分にとって一番インパクトが大きいのは、おサイフケータイが使えなくなったことだったりするのですが、こればっかりはどうしようもないですね。Suicaオートチャージなど、目的に合わせた代わりになりそうなサービスに切り替えて行くしかないです。

あとは、予定表アプリを何とかしなければ。CLIE TH-55を置き換えるのはまだまだ先になりそうです。

これを機にTwitterはじめました。フォローはお気軽にどうぞ→ aibirdie

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。