失敗の反対の反対なのだ

Xperiaの発売日も決まって、価格も決まって、私のお買上げも決まって、花粉症も悪化して、桜も開花して、ドコモショップにもホットモックが並んでいる春ですね。それはさておき、例のGoogle TVに関して面白い記事を発見。

「Webとテレビの融合」失敗の歴史、Google TVは覆せるか

かつて色々な巨人達が挑んでは失敗してきたTVとWebとの融合ですが、今回もまーぁ無理っぽいですね。

TVというメディアの最大の楽しみは、一方的に垂れ流されるコンテンツを、全くの受け身で視聴できることにあるのではないかと思います。もう、脳ミソなんてなーんにも使う必要ないんだから。少なくとも、多くの人々にとってみればテレビなんてまだそんな程度のものでしょう。少しだけ能動的になれるとすればチャンネルというコンテンツの帯を切替えられることぐらいで、これはこれでザッピングという疑似能動的な楽しみ方もできますけど。

それもこれも、今のTVには何が何でも見たい金払ってでも見たい、と思えるようなコンテンツが無いからで、作り手の問題のように思うのですが、作る側からすれば視聴者がそれを求めているってことになるのでしょうから、つまり、TVなんてその程度のものって言うことですよ。

上のリンクにも書かれていますが、結局のところ、GoogleがTVとWebを融合させて何を見せてくれるかが一番の問題です。既成概念の延長で失敗するのは過去の例から言って間違いないのですが、何がやりたいのか今一つよく見えてこないですよね。

面白いのは、今回はここに、最近やけにAndroid好きのソニーが絡んでいること。虎視眈々と何かを狙っていそうでちょっと期待してみたりもするのですが、何も考えていないようにも見えるよなぁ… この会社は何だかんだ言っても結局最後はただの箱売りメーカーになっちゃうからなぁ

そろそろTVの一方的垂れ流しコンテンツ的な現状を誰かが何とかしてくれないと、僕たちホントにバカんなっちゃうよー

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , コメント 1 件

いつのまにかeOpenがMicrosoft Volume Licensing Service Center(VLSC)に統合されていた件

何を隠そう、このblogにたどり着いてくれた方々のほとんどは、Googleから「Windows 7 ボリュームライセンス」とかで検索してお越し頂いているようなのです。いらっしゃいましー

以前書いた、「Windows 7をボリュームライセンスで購入しちまった」とか、「Windows 7ボリュームライセンスがやって来た」とかいうエントリーでは、Microsoftの「eOpen」というサイトでライセンスの登録作業を行う手順を紹介したのですが、どうやらこの半年間でその辺りが大幅に変更されているようです。2009年12月以降では「eOpen」は廃止され、「Microsoft Volume Licensing Service Center」(以下VLSC)と言うサイトを使用するようになりました。

VLSC

そこで今回は、開発用ライセンスであるところのVisual Studio Professional with MSDN Premium(以下単にMSDN)のボリュームライセンスを購入した後に行う作業をログしておこうと思います。MSDNは開発者向けのライセンスですが、VLSCの操作自体はWindows 7のボリュームライセンスを購入した場合も同じですので、個人の方の参考にもなると思います。っていうか、何で自分がここまで!?Microsoftのサイトが使い易ければこの記事も必要ないのでしょうけどね。自分用のメモも兼ねてます。因みに、私はMicorosoft社員でもその親族でも関係者でも信者でも何でもありませんのでー (^_^;

※ここに記した内容は個人的なメモですので、MicrosoftやインプレスR&D他の販売店に対してこの記事の内容に関して問い合わせることはしないで下さい。質問等があればこの記事のコメントへどうぞ。ただし、私自身も単なるいちユーザーですのでそこのところはご承知置き下さい。

ではでは… MSDNをインプレスR&Dなんかで購入した後の手続きを大まかに記すと次のようになります。

  • Windows Live IDを取得する
  • 購入したライセンスを確認する
  • MSDN SubscriptionとLiveIDを関連付ける

では、順に見ていきます。

Windows LiveIDを取得する

初めて利用する場合は、Windows Live IDを取得します。LiveIDは次の2種類を用意しておきます。

  • VLSC用のLiveID
  • MSDN用のLiveID

VLSC用というのは、VLSCを使用してライセンスそのものの管理を行う社員用のLiveIDで、MSDN用というのはMSDNのサービスを受ける社員用のLiveIDです。あ、「XX用」とか勝手に言ってますけど、どちらも普通のWindows Live IDですよー。普通にWindows Live IDを取得して下さい。両方を同じLiveID(同じメールアドレス)で共用しても構いませんが、MSDNの使用権はLiveIDに1対1に関連付けられますので、MSDN使用時には「本当の使用者」のLiveIDが必要になります。

また、VLSC用のLiveIDに関連付けるメールアドレスは、販売店で購入したときに登録したメールアドレスと同じである必要があります。例えば、インプレスR&Dで購入した場合は、インプレスR&Dにユーザー登録した際のメールアドレスが必要になります。この辺りは、eOpenとVLSCでの大きな変更点です。購入したライセンスは、あちら側(販売店? Microsoft?)で、登録したメールアドレスに関連付けてくれます。

購入したライセンスを確認する

販売店でのライセンス発注から数週間すると、「マイクロソフトオープンライセンス発注確認書」というタイトルの紙の書類が送付されてきます。これが届くころには、ライセンスが利用できる状態になっているはずです。下記リンクから、上で登録したVLSC用のLiveIDでサインインしてみます。

Microsoft Volume Licensing Service Center

もしかしたら、最初のサインインのタイミングでライセンスとLiveIDを関連付ける作業が必要になることがあるかも知れません。「ライセンス認証番号」と「ライセンス番号」の入力が求められたら、送付されてきた「マイクロソフトオープンライセンス発注確認書」を参考にして入力して下さい。

サインインできたら、画面上段のメニューから「ライセンス」→「契約の一覧」を表示させてみます。書類に書かれているライセンス番号と同じものがリストされているはずです。

VLSC_ライセンス

ボリュームライセンスには、「ライセンスを管理するユーザー」という概念があります。「ライセンスを管理する」というのは、ソフトウェアのメディアをダウンロードしたり、ライセンスキーを参照したりすることです。

なお、「ライセンスを管理するユーザー」は、ソフトウェアをインストールして「ライセンスを使用するユーザー」とは別物です。「ライセンスを使用するユーザー」はLiveIDと紐付けたりVLSCで登録して管理したりはしません。ユーザーが自分達で管理する必要があります。

VLSC用のLiveIDとライセンスとの関連付けは、「ライセンスを管理するユーザー」の中でも「VLSC管理者」という権限を持っているユーザーが行います。購入したライセンスに対する最初の「VLSC管理者」は、あちら側(販売店? Microsoft?)の方で、購入時に登録したメールアドレス=LiveIDに割り当ててくれています。先程の画面の上段のメニューから「管理」→「ユーザー管理」の一覧に、VLSC用のLiveIDのメールアドレスが表示されているはずです。クリックして内容を確認してみます。管理者にチェックがついていますね。

VLSC_ユーザー管理

MSDN SubscriptionとLiveIDを関連付ける

Windows 7のボリュームライセンス版では、ここまでの操作でメディアのダウンロードやライセンスキーの参照が可能になります。(ダウンロードの手順などは「Windows 7ボリュームライセンスがやって来た」を参照のこと)

MSDNの場合、メディアのダウンロードはVLSCからではなくMSDNサブスクライバ・ダウンロードを使用する必要があります。しかしながら、まだこの時点ではMSDNのサービスは受けることができません。MSDNのサービスとLiveIDの関連付けが必要です。 が!この手順が最高に分かり難いですよ。

手順としては、2段階です。

  • VLSC側からMSDNサブスクリプションに対してMSDN用のLiveIDの関連付けを行う
  • MSDN側からその関連付けを登録する

と、まぁ、何ともまどろっこしい手順が必要です。前者はVLSC管理者が行う作業で、後者はMSDNの使用者が行う作業と言った位置付けのようですが、順に説明します。

まずはVLSC管理者側です。VLSC用のLiveIDでサインインした後、メニューの「ライセンス」→「契約の一覧」で契約を一覧表示します。該当のライセンスIDをクリックし、「ライセンス詳細」を表示して下さい。画面上の「ライセンス」タブをクリックすると下図のように、Visual Studioの製品名と共に利用可能なライセンス数などが表示されていると思います。

VLSC_ライセンス詳細

ここで、上図中程に赤丸で囲った、「MSDN サブスクリプションの管理 : ここをクリックしてください」と書かれているリンクをクリックします。すると、「管理 ユーザー一覧」が表示されます。

VLSC_MSDNユーザー一覧

この一覧にMSDNに関連付けたいユーザー、即ち、MSDNの使用者を追加して行きます。上図中の「検索」の枠の中に赤丸で示した「ユーザーの追加」のリンクをクリックし、必要な情報を入力してユーザーを追加します。追加するのはMSDNの使用者、即ち、MSDN用のLiveIDです。注意しなければならないのは、ここで入力する情報とMSDN用のLiveIDに登録されている情報を一致させる必要があると言うことです。特にメールアドレス、氏名は一致させておく必要があるようです。

登録が完了すると、MSDN用のLiveIDのメールアドレスに「お客様のMSDNサブスクリプション特典アクセス番号がご利用いただけるようになりました。」と言ったようなタイトルのメールが届きます。

MSDNの使用者が複数いる(ライセンスを複数購入している)場合は、上の手順を繰り返して使用者全員に特典利用開始メールを送信して下さい。この段階で、VLSC上での使用ライセンス数の更新が行われます。

ここまでがVLSC管理者の作業です。ここからはMSDNの使用者の作業です。

まずは、先程のVLSC管理者の作業により送られてきたメールを確認して下さい。メール本文中に「MSDN サブスクリプションの登録」のURLが書かれているので、ブラウザを使ってアクセスして下さい。LiveIDでのサインインを求められるので、MSDN用のLiveIDでサインインします。

下図のような画面が表示されますので、先程のメールに記載されている名、姓、メールアドレス、サブスクリプション特典アクセス番号を入力します。姓・名ではなく、であることに注意して下さい。

MSDN_アクティブ化

入力が正しければ、登録完了です。お疲れ様でした。

これで、MSDNサブスクライバ・ダウンロードの利用やライセンスキーの生成が可能になります。

MSDN_ダウンロード

VLSCのサイトですが、eOpenの頃よりはまともにはなりましたが、相変わらず概念や用語などが一般的ではないものが多いため、依然として敷居がかなり高いように思います。しかも、頻繁に操作するわけではないのですぐに忘れるし。今回は、自分用のメモも兼ねてのエントリーでした。

Googleの検索結果からの訪問については、「windows 7 オフラインファイル」なんかもかなり上位のキーワードなのですが、何でこのblogが上位に現れるのかは不明です。Yahoo!では全くのランク外ですから。しかも、大した情報はないのに…来て下さった方々、ホントすみませんね。役に立たなくて。これから頑張ります。

この記事をついーと

そうよ鉱山も長いのよ

今回は少し趣向を変えて、音楽販売業界の構造不況の話。

音楽のダウンロード購入者数、2009年に前年比100万人の減少–NPD調査

CD 派とダウンロード派で音楽の試聴方法にも違い

最近の仕事柄、音楽販売業の業界のことをいろいろと調べたりしています。音楽販売業も世間一般同様不景気なわけで、小売りでは特にCDが売れない、売れないと嘆いている訳です。一方、音楽のダウンロード販売に関しても、つい先日iTunesが100億ダウンロード突破したとか言って浮かれていますが、上の記事からも、必ずしもダウンロード販売がCD販売に取って代わっているとは言えない事態のようなのです。大手量販店のサイトではダウンロード販売を終了したところも、ちらほらとあるようですし。業界の景気が悪いのは、どうやら単純に世の中一般に言う不景気のせいだけではないようです。

詳細な分析は専門家に任せるとして、想像するに、人々と音楽との関わり方が変わってきているのが原因の一つではないかと思います。周りの若い人々の話を聞いても、CDも買わなければダウンロードしたことも無いという人が結構居たりするし。車を持っていない=ドライブしながら音楽を聴くことがない、と言う人も多いですし、移動時間や待ち合わせの暇つぶしの主役も音楽ではなくなっていますし。

一方、下の記事にも書かれているように、コンサートやライブなどのチケット販売は好調なようで、人々が完全に音楽を購入することから離れてしまっているわけでもなさそうです。

コンビニ「チケット販売戦争」 セブン「ぴあ出資」で激化

不景気故の本物志向の現れなのか、ライブを通してリアルに繋がっていたいという時代感覚の表れなのか… いずれにしても、音楽を作っている人達から見れば、ライブだろうとCDだろうと、「音楽ができる」という点においては大差はないのかも知れないですけど。

古くは造船とか鉱山にしても、構造不況から立ち直った例は聞きません。音楽販売業にはなんとか復活してもらいたいものです。飯の種なので (^_^;

この記事をついーと

Androidアプリは儲かるのか

首題の件に関して、最近よく思いを巡らせます。あえて結論めいたものは書きませんが、関連しそうな幾つかのサイトをログしておきます。

「パッケージ市場崩壊、iPhoneアプリももうからない」 ゲームメーカーが生き残るには

個人開発のAndroidアプリで月収116万円に

Android アプリの開発を教える専門学校が登場

iPhone利用者の50%が毎月有料アプリを購入、Android利用者では21%

怖いのは、iPhoneを擁するAppleとは違って、Androidアプリがさほど売れなくてもGoogle自身のビジネスにはそれほど大きな影響がないと言うこと。もちろん、ビジネス戦略的には大きな軌道修正が必要でしょうが、きっと想定の範囲内なのだと思います。これは、オープンソースなAndroidと自社製端末を持たないGoogleとの関係と、端末もOSも自社製のAppleとiPhoneとの関係の違いという点においても、両者のスタンスの違いというか、命の掛け方に差が出ているように感じます。

一つ言えるのは、Androidアプリに限らず、モバイル、デスクトップ、クラウドと、何れのプラットフォームを選んだとしても、もはやアプリだけで儲けることを考えること自体が無駄だと言うことでしょうか。

全然関係ないですけど、有楽町のビックカメラにXperiaのモックが置いてありますね。iPhoneほどではないですが、思ったより小さくて軽くて良さげす。そして、今週は銀座ソニービルで、Xperiaのタッチ&トライ・イベントが催されています。行こうかなぁ。

この記事をついーと

Google vs. Apple (vs. Microsoft)

以前、GoogleがChrome OSを正式発表したそのころに、「Google vs. Microsoft vs…」なんていうエントリーを書きました。それから4ヶ月、Googleの前に新たな敵が立ちはだかりました、という話。

Googleに宣戦布告:Apple、Nexus OneのメーカーHTCを特許侵害で提訴

事の発端は、Googleが年末に発表したNexus Oneかと思われます。かつては比較的良好な関係だった両者でしたが、現在のAppleの牙城であるモバイルの領域をGoogleが本気で狙ってきたことから、両者の溝は決定的になりました。今年1月にはiPhoneのデフォルト検索エンジンからGoogleがはずされるとのうわさが流れました。

Google排除でiPhoneにBing採用の可能性――利するのは誰か

将来発売されるChrome OS搭載端末はiPadと真っ向勝負するものになるでしょうし、Androidの勢いはますます増しています。Google Voiceの件と言い、ここ数ヶ月間の買収合戦も、両者の特にAppleの対抗意識の現れと見て良いでしょう。

ここで言いたいのは、消費者を置き去りにしないでほしいということ。iPhoneユーザーが皆Googleに反感を持っているわけではないし、このような対決の構図が利用者の利便性を損ねるのは本末転倒です。

まぁ、モバイル対決において確実においていかれてしまったのはMicrosoftですね。Windows Phone 7端末が発売されるのはまだまだ先のこと。ダークライはMicrosoftで、神と呼ばれしポケ○ンはAppleでしたかー あ、でもあの映画で最後に立っているのはダークライか。

この記事をついーと

Chromeがシェア拡大、IEは60%切り間近!?

Google Chromeのシェアが急伸して、IEのシェアは60%を切りそうだ、という話。

Browser market share

The Google Chrome browser gained .4% of global usage share in January. All other major browsers showed a month-to-month decline.

要は、この1ヶ月でChromeは0.4%のシェア増加を見せているのに対し、IE、Firefoxなどの主要ブラウザは軒並みシェア減少していると。原因までには言及されていませんが、IEに至っては60%切りも目前という状況です。

自分の最近の利用状況を見てみると、

  • メインはFirefox
  • ChromeはGMailとGoogleカレンダー専用
  • IEはMicrosoftのサイト(VLSC等)を見るとき専用
  • Operaをテスト的にちょこっと

といった感じです。IEの起動の遅さはずば抜けているので、自然と使用頻度が減っている感じですね。また、最近Chromeの拡張機能の便利さ、面白さに目覚めてしまって、今後FirefoxとChromeで半々ぐらいに使い分けるようにするかなぁ、といったところです。みなさんはどうでしょう?

久々にNet ApplicationsのMarket Shareを見たので、ついでにOSのシェアも確認してみましょう。

2010年2月時点で、トップはWindowsで92.12%、次いでMac 5.02%、Linux 0.98%となっています。トレンドは、Windowsは10ヶ月前より1.3ポイントのダウン、Macは約0.4ポイントアップとなっています。ここ3ヶ月ほどでは、Windowsは、Mac共にやや下降傾向です。逆に上昇しているのは、Java MEやiPhone、Symbianといったモバイル勢です。

OSのバージョン別シェアでは、WindowsXPがトップで65.49%、次いでVistaの16.51%、Windows7の8.92%です。トレンドは、XPは10ヶ月前より約9ポイントのダウン、Vistaが0.5ポイントのダウンとなっています。

OSバージョン別で現在3位のWindows7ですが、発売からの約4ヶ月間でなんと5ポイント近くのアップとなっております。Vistaの下り具合と7の登り具合を考慮すると、このまま行けばあと3~4ヶ月ほどで7がVistaを追抜くでしょう。

この記事をついーと

今を買うか未来を買うか

SAMSUNGのWindows Mobile 6.5、QWERTYキー搭載のスマートフォンSC-01Bがついに発売されましたね、という話。WindowsケータイFANに早くも購入レビューが出ています。

WindowsケータイFAN: SC-01B/購入レビュー

SAMSUNG初のdocomo端末ということもあって、新規で17,000円、買換えでも20,000円と、価格もかなり戦略的です。

iモード端末価格調査: P-02B、SC-01B発売

事前の噂どおりの低価格です。この価格は店頭価格なので、各種割引や各種ポイントを利用すると数千円にまで下げられるのでは。これだけ安いと衝動買いしてしまいそうで怖いですね。XperiaかSC-01Bかと迷っていて、最近はAndroid搭載のXperiaに気持ちが移っていたのですが、これはまずいな。しばらくヨドバシには近寄らないようにしよう (w

Xperiaのソニエリ独自のUIやアプリも良いのですが、GMail等のAndroid標準アプリのほうは日常的に使うとなるといまいちこなれていない感じがするのですよね。独自UIにしても、「直観的な操作性がコミュニケーションを自由にする、新感覚エンターテイメントマシン」って、そもそもエンターテイメントも自由なコミュニケーションもケータイにそれほど期待しているわけじゃないし。そんな私のような人間には、現時点で実用的に使えるものを、と思ったらやっぱりSC-01Bに分があるように思います。QWERTYキーも付いてるし。

しかし、しかしながら、Androidはこの先間違いなくモバイルOSのデファクト・スタンダードの一つになると思われます。開発環境なども無料で揃うし、Android OS自体のカスタマイズ性も含めて、黎明期特有の混沌とした面白さがあります。

今を買うか、未来を買うか、、、迷ったら、、、迷ったら、両方買いますか!?いやいや、まさか、、、!?

Android搭載端末と言えば、↓こんな変端末も出ています。カオスですね。

Android搭載/トリプルブート対応の小型端末が発売、UbuntuやWindows CEも起動

実はXperiaよりもこっちの方が気になってたりして。

この記事をついーと

MG MS-07B GOUF

実は以前から制作していたRGM-79 GMよりも前に購入していました。未開封のまま10ヶ月近く放置されていたわけですが、この度、やっとこさパチ組み完了です。

MG MS-07B GOUF パチ組み完了

このキットは、プロポーションと言い、作りやすさと言い、MS-06Jとの関連性と言い、キットそのものの出来は非常に良いです。しかし残念なのは、ヒケやパーティングラインがとても多いこと。面積の広い部品が多いからでしょうか。これまでに作ったRGM-79やMS-06Jなんかよりも遙かに多く、目立ちます。よって、やむなく全身を紙ヤスリで磨きました。マットな感じに見えるのはそのせいですね。

設定上は陸戦型のMS-06Jを対MS戦用に強化改良したものとのことで、プラモのほうも基となったMS-06Jとの部品の共通化が図られています。そんな2体のフレーム構造の違いをぜひご確認下さい。

違いのある二人

内部フレームの部品の共通化率は50%程度と言ったところでしょうか。意外と共通化されていないように見えます。初めて実戦投入された試作機YMS-07Bに搭乗していた将校が「ザクとは違うのだよ!」と言ったのも頷けますね。

これからまた半年ほどかけて作り込んでいくわけですが、今度は陸戦型なので、アーマーモデリングでも眺めながら作戦を練るとします。テクが追いつくかという問題もありますけど。あ、写真右のMS-06Jも最近また買っちゃったことは内緒。

この記事をついーと