アーカイブ

‘ガンダム’ タグのついている投稿

MG MS-07B GOUF

実は以前から制作していたRGM-79 GMよりも前に購入していました。未開封のまま10ヶ月近く放置されていたわけですが、この度、やっとこさパチ組み完了です。

MG MS-07B GOUF パチ組み完了

このキットは、プロポーションと言い、作りやすさと言い、MS-06Jとの関連性と言い、キットそのものの出来は非常に良いです。しかし残念なのは、ヒケやパーティングラインがとても多いこと。面積の広い部品が多いからでしょうか。これまでに作ったRGM-79やMS-06Jなんかよりも遙かに多く、目立ちます。よって、やむなく全身を紙ヤスリで磨きました。マットな感じに見えるのはそのせいですね。

設定上は陸戦型のMS-06Jを対MS戦用に強化改良したものとのことで、プラモのほうも基となったMS-06Jとの部品の共通化が図られています。そんな2体のフレーム構造の違いをぜひご確認下さい。

違いのある二人

内部フレームの部品の共通化率は50%程度と言ったところでしょうか。意外と共通化されていないように見えます。初めて実戦投入された試作機YMS-07Bに搭乗していた将校が「ザクとは違うのだよ!」と言ったのも頷けますね。

これからまた半年ほどかけて作り込んでいくわけですが、今度は陸戦型なので、アーマーモデリングでも眺めながら作戦を練るとします。テクが追いつくかという問題もありますけど。あ、写真右のMS-06Jも最近また買っちゃったことは内緒。

この記事をついーと

MG RGM-79 GM ほぼ完成か

去年から懸案のGMですが、ほぼ完成したのでここでひと区切り付けます。

P1010750

前回からの進捗は、マニピュレーターと武器の塗装を完了させたことと、ウォッシングです。

まずはマニピュレーターの塗装に関して。指先は無作為&左右非対称に3色で塗り分けていますが、古い機体の生き残りであるとの設定から、「破損しやすいであろう指の部品は規格外のものを付けざる を得なかった」という解釈によるものです。因みに、お台場ガンダムの濃淡の違う複数の白色による塗り分けは、公式パンフレット によると、「各部材が複数の工廠で作られ、工廠毎の白色が異なったため」との設定によるものだとか。こういう細かい設定を考えている時は楽しいですね。

ウォッシングに関してですが、ペトロールに負けてプラが割れるのを恐れウォッシングは軽めで行いましたが、その分効果も控えめで残念なところです。しかも、これまた残念なことに、注意していたにもかかわらずピシッとひびが入ってしまっている所が何箇所かあります。今回は割れを防ぐためにパーツの裏まで入念にラッカー塗料による塗装を施してコーティングしていたのですが、つま先などは部品の噛み合わせの内部に塗料の届いていない箇所があり、そこから見事にパッカリと割れてしまいました。幸いなことに、修復跡は汚し塗装のおかげで目立ちませんが(汗)。この辺りはスナップフィットの宿命ですが、まだまだ工夫の必要ありです。

カッコ付けに、上のポーズのまま下から煽り気味で撮影してみました。

煽り正面 煽り背面

うん、なかなかカッコいいね。満足した。

あとは、武器の発射口とか背中のスラスター周辺なんかに、カーボン汚れを付けたいのですが、面倒なのでとりあえずこれで完成としましょうかね。あ、シールドとかハイパーバズーカのウォッシングがまだでしたね。もういいや。

この記事をついーと
カテゴリー: プラモ関連 タグ: , , , ,

MG RGM-79 GM だんだんゴールが見えてきた

あけましておめでとうございます。

正月休みなので休暇モードでお届けします。

塗装済み正面 塗装済み正面

こいつを作り始めて、もうかれこれ4ヶ月近くになりましょうか。ようやく基礎塗装が完了し、このような状態です。といっても、マニピュレーターと武器類はまだ下地塗装のままですが。

リアルタイプ・カラー風ですが、白い部分はただの白ではなく、パネルラインで仕切られた面ごとに4色に塗り分けています。赤も3色あります。ハゲチョロの下に見えている下地色の下にはさらにガンクロームの層があって、その層もハゲチョロの下からチラ見せさせています。つまり、ガンクローム→マスキングゾル→下地色→マスキング剥がし→再びマスキングゾル→白4色、赤3色(それぞれ他の色の部分にかからないようにマスキングしながら)→マスキング剥がしという工程を経ているわけです。塗装は基本的にはエアブラシですが、同色の面積があまりにも小さい場合は刷毛塗りもしています。

まぁ無駄に時間をかけているとも言いますが、楽しかったから良しとします。子供のころから一度やってみたかったんですよね、この塗り方。

予想外だったのは、マスキングゾルがアクリル塗料の塗面を侵してしまうことで、下地色が出てほしいのにその下のガンクロームの層まで見えてしまっている箇所があるところです。この辺は次回からは要注意とします(ラッカー系は大丈夫みたいですね)。あと、マスキングゾルを塗った場所は忘れないように写真にでも撮って記録しておかねば、剥がし忘れが。。。

塗装が完了したので、デカールを貼ってつや消しトップコートを行いました。ここからエナメル塗料でウォッシングして汚し塗装を施していく予定です。完成まであと2、3ヶ月はかかるかなぁ

この記事をついーと
カテゴリー: プラモ関連 タグ: , , , ,

MG RGM-79 GM 塗装中…こりゃたまらん

9月の5連休で完成させるはずが、未だこの状態です。お台場ガンダムに相当にインスパイアされてしまって、このザマです。

GM RGM-79 Painting...

かなり使い込まれた空間戦闘用の機体をイメージしています。初期にジャブローで生産され、宇宙に上がってア・バオア・クー以降も生き残った機体の成れの果てとでも言いましょうか。

塗装は、ベースのダークグレーにガンクロームを噴いて、マスキング・ゾルで剥げチョロを描いてから、下地色の灰色を噴いた状態です。ここからもう一度マスキング・ゾルで大きめに剥げ模様を描いてから、ボディー色で塗って終わりです。赤い部品と武器類は未だガンクロームの状態で止まっております。

白のボディー色は、お台場ガンダムよろしく4色に塗り分けてみようかと思います。あと、空間戦闘用なので土汚れとか錆とかは不要だけど、ウォッシングは必須だな… って、こりゃいつになったら完成するかわからん。

そんでもって、こっちが塗装前。

MG RGM-79 Constructing...

素組みに色塗って終わりって言ってたのに、お台場ガンダム並にモールドなんか入れちゃったのがそもそもの敗因です。写真では分かり難いですが、ふくらはぎの辺りなんかはかなり苦労しています。モールドを入れ始めると、他にもいろいろと気になるところが出てきて、結果、現在に至っているわけですね。まぁ、気長にやります。

この記事をついーと
カテゴリー: プラモ関連 タグ: , , , ,

MG RGM-79 GM

シルバーウィークなので、休暇モードです。

MG RGM-79 GMMG RGM-79 GM パチ組み完了

ずいぶん前に購入して放置されていたものです。とりあえずパチ組みしてみました。

内部フレームのABS樹脂の部分だけ、ランナー状態でつや消しトップコート済み。特にいじりたいところもないので、お台場ガンダム風にモールドでも掘って、この5連休中に仕上げようと思います。

この記事をついーと

1/1 RX-78-2 GUNDAM

お台場に立っている例のアレを見に行ってきました。まずは写真から。

次に所感など。

迫力もさることながら、ディテールがものすごいです。目から鱗です。パネルラインの細さ、メンテナンス用のフックやノブ、ハッチなどの数の多さ、整備用の注意書きの細かさ、、、そうか、実物大で考えるとこうなるわな。各ディテールはサイズが小さい(近くで見て適当なサイズ)ので、遠目には目立たないのです。しかも、一つひとつのディテールに存在意義が感じられ、説得力があります。今までガンプラにデカールを貼ってしまうと玩具っぽくなってしまうので嫌っていたのですが、ここまで徹底すると逆にリアリティが増すってことがわかりました。

色にも驚きました。今までリアリティを求めるなら艶消しだと考えていたのですが、こいつには艶がある。ロールアウト直後をイメージしているとのことで、新品の自動車のような艶があります。そして、それが風雨にさらされて程よく汚れていい感じに半艶消しになっています。艶消しじゃなくても充分リアルな存在感があるし、もしかしたら、この方が作者のイメージに近いのかも知れないと思いました。

このガンダムには定期的に首を動かしたり、ダクトから排気ガスを吐いたりするイベントがあります。子供だましだろうと思って斜に構えて見ていたのですが、これが結構感動しました。実物大が動くというのは、プラモデルが動くのとは全く違う迫力と、「本物だぞ」という説得力があります。SFですから実在するわけではないのだけれど、そこにある1/1模型が「本物」に見えてきてしまうから不思議です。おそらく一緒に見ていた皆さんも同じ思いだったんじゃないかなぁ ガンダムが首を動かす度におぉーという歓声が上がって、最後は拍手喝采でした。

8/31までです。入場無料です。親子でどうぞ。ただし、ゆりかもめの混雑にはご注意ください。TDLのアトラクションなみに並びます。早朝がお勧めかな。

この記事をついーと