アーカイブ

‘クラウドコンピューティング’ タグのついている投稿

青の巨人がいよいよ動くぞ

CloudBurstなどでプライベートプラウドに注力すると見せかけていたIBMが、遂にパブリッククラウドへ本格参入する、という話。ちょうど一年前に「データセンターが全てを握る日」というエントリーを書きましたが、全てを握るのはこの巨人かも知れません。

IBM Impact 2010 Report:いよいよ「IBM Cloud」始動、年内に国内でもサービス開始へ

IBMは「IBM Cloud」の正式リリースにより、SaaSのLotus Liveに加えてPaaSをも手にすることになります。そして、上のリンクの記事にも「多くのISVがIBM Cloudを活用してサービス提供してくれることを狙っている。」と書かれているように、IBMは今後、巷のエンタープライズ系のISV達を巻き込んだ壮大なエコシステムを、ゆっくりながらも着実に作り上げていくものと思われます。

これは、システム開発を生業とするSIerには思わぬチャンスとなるかもしれません。IBMは企業向けシステムにおいては一日の長があります。クラウドコンピューティングに対して企業のリーダーが抱いている不安を取り除く方法を編み出すかもしれません。IBM Cloudも他のPaaS同様、ハー ドウェアにかかる費用をかなり抑えた提案ができるでしょうから、うまくいけば、近年ますます重くなっていた企業の情報担当役員の腰を上げさせるきっかけになるかもしれません。

もちろん、それにはSIerがこの新しい運用形態を使いこなせることが前提です。IBM Cloudの日本での正式リリースは今秋以降でしょうか。もうそんなに時間はありませんが、まだ間に合います。↓のリンクからどうぞ。

IBM Smart Business Development & Test

そして、このことに一番警戒しなくてはならないのは、Google Apps Engine擁するGoogleかもしれません。IBM Cloud & Lotus Liveは、Google Apps Engine & GMail他に真っ向勝負を挑む形になってしまいました。

IBMは動きの遅い巨人ではありますが、百戦錬磨の手練れです。未だにベンチャー企業のような動きしかできないGoogleとは、何というか、企業としてのレベルのようなものが違うように思います(そこがGoogleの魅力であったりもしますが)。

一年後が楽しみです。

この記事をついーと

BIがクラウドに向いているこれだけの理由

なんとも某ニュースサイト風でセンセーショナルな感じのタイトルになってしまいましたが、大した内容ではありません。はい。まずは、2010年のIT業界のトレンド予想がでてますね、と言う話。

2010年に優先する技術課題は「仮想化」「クラウド」、「BI」は5位

~略~ 景気が回復の兆しを見せ始めるとともに、企業はコスト削減から生産性向上に焦点を移しつつある。これを実現する手段として、仮想化やクラウド・コンピューティングをベースにしたコラボレーション機能やソーシャル・メディア技術の導入が進んでいる。 ~略~

5年連続で1位だったBIは5位に転落したとのこと。一通り行き渡った感じなのでしょうかね。代わりに「仮想化」「クラウド」「Web2.0」が1、2、3位に。

で、思ったのですが、BIってもしかしてクラウド向きでないですか?ってことで、その理由を、システム視点でですがざっくりと考えてみました。

  • Key-Valueストアは照会系が高速

BigTable等で採用されているKey-ValueストアはSybaseIQが採用しているカラムストア型データベースにも似た構造です。BigTable実装のカラムストア型データベースって何か良さげではないですか。

  • DWHのStrageはべらぼうに多いほうが良い

クラウドならStrageはべらぼうに使えます。自前で用意するより遙かに安全でリーズナブル。

  • BIは要求CPUリソースにムラがあり、必要なときには大量に必要

これもクラウドならオンデマンドに利用可能です。

一方、問題点もあります。

  • クラウドベースの本格的な多次元データベースがない
  • 企業活動の肝でありアキレス腱でもあると言える生データの社外への持ち出しに対する壁
  • インターネット経由でのデータロードに案外時間がかかるのでは?

BI製品の満足度はレポーティングツールの出来によるところが大きいですが、このあたりは既存製品も結構問題有りなので、どこかが本気で作れば乗換える企業が出てきても不思議ではないかと。さぁ早い者勝ちだ。

この記事をついーと

歴史は繰り返し、そのOSは現れた

Googleの懐刀のChrome OSがついにお目見えしましたね、という話。

Official Google Blog: Releasing the Chromium OS open source project

そんでもって、ソースはこちらから落とせます。

Getting and Building a Chromium-Based OS

Chrome OSでは、「OSとはインターネットである」という思想の基に、アプリケーションとデータの全てをネットワークの先のクラウド上に置くという形態になります。つまり、Googleが集中管理する巨大なコンピューターのリソースを、みんなでシェアして使うという考え方です。ネットワークがインターネットになったこと以外は、大昔の「ホストとダム端」の世界に戻る感じね。正に、歴史は繰り返しています。

オープンソースであることが「ホストとダム端」の世界との大きな違いですが、これは、Googleと当時の汎用機メーカーのビジネスモデルが違うというだけのことです。ま、オープンソースがもたらす価値も大きくはありますが、OSと称するブラウザ上にいつも現れる広告は、さぞかし鬱陶しいでしょうね。 それを言うなら、ここの右とか下とかにある広告は何だ!っていう突っ込みはナシね(笑)

コンパイル済み、インストール済みのVMイメージを配布しているサイトもあるようですね。新し物好きの方は↓からどうぞ。

Download Google Chrome OS for free

この記事をついーと

安全神話なんて最初から無いのだ

Macの安全神話は崩壊したなんて馬鹿げた記事もありましたが、クラウドコンピューティングの安全神話にもみそが付いたという話。

クラウドに疑問を突きつけた“大惨事”-「Sidekick」のデータ消失

前略~ ChannelWebは、一般的に多くのエンドユーザーがクラウドベースのサービスは、自社管理やローカル管理のデータベースと、同等あるいはそれ以上に安全だと考えているというPricewaterhouse Coopersの調査結果を引用しながら、クラウドベースのサービスが急速に採用されていく中で、クラウド内のデータの安全性に疑問符を付けたと指摘する。 ~略~ Microsoftは、信頼回復のためにも、Sidekickのデータ消失の原因と経過について、詳細な情報を公表すべきだろう。

この事件に関しては、日本で直接的な被害を受けた人はほとんどいないと思われるので、マスコミでもそれほど大々的に取り上げられてはいません。しかしながら、上の記事にもあるように、この事件はクラウドコンピューティングの未来にとって非常に良くない影響を与えるものと思われます。

先日のCloudforceではSalesForceのCEO兼会長が自社サービスのセキュリティーの高さを盛んにアピールしていましたが、SalesForceやMicrosoftを含むクラウド関連各社は、もっと真摯に、かつ客観的な情報と判断基準で、その安全性を「実証」していくべきだと思います。「安全神話」などという曖昧なもので隠すのはもうやめて。「Macの安全性」と同レベルの話では済まされないですよ。

Sidekickのデータ消失事件の顛末については、下のリンクをどうぞ。

MicrosoftのT-Mobile向けクラウドでユーザーデータ消失

Microsoft,消失したSidekickユーザー・データの復旧にめど

Microsoft、T-Mobileのユーザーデータは「ほぼ復旧」と発表

この記事をついーと

Google Appsはクラウド界の「Google」にはなれないのか

IBMが遂にクラウド・アプリケーションに本格的に進出すると言う話。法人市場では一日の長があるIBMがGoogleに対抗するとのことだが、果たして今のGoogleはIBMの相手として充分なのか。

IBM、Google Apps対抗のWebメールサービス開始へ – ITmedia News

確かにCloudforceでのGoogleのセッションはとても人気がありましたが(私 も並んで最前列で聴きましたが(^_^; )、IBMのセッションと比べても見劣りがしました。Googleの提供するアプリケーションはコンシューマ向けの延長みたいにしか見えないのですよ。これではシステム構築を行うITベンダーの興味は引きませんし、上の記事にも書 かれているように、企業相手ではIBMの方が何枚も上手な印象を持ちました。

Googleと、IBMやSalesForceとの違いは、ワンストップの基幹システムを指向しているかしていないかではないかと。今のGoogleのやり方は、企業のITシステムを文字通り「システム」としてとらえられていないように思えます。昔のMicrosoftみたいに、良くできた部品を提供している一介のソフトウェアハウスのよう。クラウドコンピューティング周辺もサーバー・ビジネスと同じで、インフラだけ売っているようではダメってことです。

検索エンジン界隈ではコンシューマのネット検索の実に80%以上を牛耳るGoogleですが、クラウドコンピューティングの世界では今のままでは盤石とは言えないかも。コンシューマ寄りの体質を改善しなくては、いずれIBMやSalesforceに足下すくわれまっせ。

この記事をついーと

コンセントを探せ

1870年にユダヤ系オーストリア人のジークフリート・マルクスによってガソリン自動車が誕生してから140年、自動車はガソリンで動く内燃機関を 内包し、その技術に磨きをかけて進歩してきました。そして、近年のエコブームにより売れに売れているハイブリッド・カー。さらには、電気自動車という内燃機関を持たない自動車が、明るい未来の自動車として脚光を浴びています。

自動車の技術は、そのコア・テクノロジーである内燃機関と共に発展してきました。ところが、電気自動車には内燃機関がありません。自動車の技術者は、140年間培ってきた内燃機関のテクノロジーを捨て、電動モーターや発電・蓄電システムをコアとするテクノロジーへとスキルチェンジすることを強いられています。

ここに、PCとサーバーをコア・テクノロジーとしたITシステムがあります。1980年代に全盛を誇ったこれらのシステムは、パラダイムシフトであると言われたインターネットですら飲み込みながら、21世紀に入った現在でも未だ現役のテクノロジーとして利用され続けています。

ところがです、インターネットによって起こったと言われるパラダイムシフトには、実は続きがあったのです。インターネット出現後もソフトウェアとハードウェアの技術は着実に進化し、ついには、インターネットを基盤としたクラウドコンピューティングへとたどり着きます。

IT技術者は、過去30年間培ってきたテクノロジー・スキルを捨て去らなければならない時期に来ています。現在のIT技術者の多くが持っているプラットフォーム・スキルは、オープン系のものも含めて、エンタープライズ分野においてはほとんど役に立たなくなるでしょう。テクノロジー・スキルで身を立てようと考えているIT技術者は、ここ数年の間で重大な決断を強いられることになります。

これから先30年でIT業界に起こることは、とてもエキサイティングでバラ色で、且つ、悲惨で残酷なものになります。人々は、GoogleやSalesForceのような一握りの勝ち組企業による容赦のない一人勝ち状態(これはWintelの時の比ではありません)を目の当たりにするでしょう。大企業による独占と支配に対して反発する人々も現れますが、人々の生活は画期的に豊かになるので、それを問題視する者はほとんどいないでしょう。

DSC00621

…というのが、本日開催されたCloudforce Japanにおけるセールスフォース・ドットコム会長兼CEOのマーク・ベニオフによる基調講演を、たっぷり2時間聴いた直後に書いたメモを元にして書いた文章です。かなりマインドコントロールされている感がありますが、手元の資料とあわせて見て思い出しながら書いたらこのような文章になりました。

午後のセッションを聞くうちにクラウドコンピューティングを取り巻く内情が少し分ってきて、クールダウンしました。私のような頭の固いIT技術者が生き延びていくヒントを感じることもできましたが、そのあたりはまた追々。。。

さて、ガソリンエンジン自動車を取り上げられて電気自動車を与えられた技術者はどうすればよいか。まずは、コンセントを探すところから、ですね。

※2009/09/16追記

機能の基調講演の様子は、日経ITProなんかにも関連記事が出ていますね。

クラウドの潮流は「リアルタイム」、セールスフォースCEOが講演

あと、コンセントを探している方は、↓こちら。

developerForce

この記事をついーと

クラウドのオープン化とインタークラウド

インフラ/運用周りの大手、ネットワンを中心に、PaaSやIaaSで仮想化されたプラットフォームを連携させるためのインターフェースを策定するそうです。インターネットの上にはインタークラウドが浮かんでいたという話。

ネットワンなど,クラウド間連携を検討するアライアンスを11月発足

[前略]~ CBAには現在,ネットワンシステムズを中心にSaaS事業者など13社が設立準備会に参加している。今後,10月に参加企業の募集を正式に開始し,11 月上旬をメドに正式発足させる考えだ。今後はSaaS事業者のほかにもサーバー運用事業者や,データ・センター事業者,ソフトウエア・ベンダー,システム・インテグレータなどに参加を呼びかける。2010年春ころをメドに,CBAで検討した連携サービスの商用化を目指す。

自社ではワンストップでサービスが提供できないようなベンダーやデータセンターがクラウド業界でリベンジするには良い機会になるものと思われますが、こうしたオープン化を経て普及期に入っていくと(目論見が成功して普及期に入っていけばですが…)、PCやサーバーのように差別化が難しくなって来ますよね。行き着く先は結局体力勝負みたいになるのはイヤですね。

この記事をついーと

Cloudforce Japan開催

SalesForce主催のクラウドコンピューティング関連のイベントが、9/15に東京・浜松町のザ・プリンス パークタワー東京で開催されます。

日本最大のクラウドコンピューティング・イベント Cloudforce Japan

申し込みは、明日(9/11)までとなっております。参加無料。私も参加してきます。

この記事をついーと