アーカイブ

‘セキュリティー’ タグのついている投稿

安全神話なんて最初から無いのだ

Macの安全神話は崩壊したなんて馬鹿げた記事もありましたが、クラウドコンピューティングの安全神話にもみそが付いたという話。

クラウドに疑問を突きつけた“大惨事”-「Sidekick」のデータ消失

前略~ ChannelWebは、一般的に多くのエンドユーザーがクラウドベースのサービスは、自社管理やローカル管理のデータベースと、同等あるいはそれ以上に安全だと考えているというPricewaterhouse Coopersの調査結果を引用しながら、クラウドベースのサービスが急速に採用されていく中で、クラウド内のデータの安全性に疑問符を付けたと指摘する。 ~略~ Microsoftは、信頼回復のためにも、Sidekickのデータ消失の原因と経過について、詳細な情報を公表すべきだろう。

この事件に関しては、日本で直接的な被害を受けた人はほとんどいないと思われるので、マスコミでもそれほど大々的に取り上げられてはいません。しかしながら、上の記事にもあるように、この事件はクラウドコンピューティングの未来にとって非常に良くない影響を与えるものと思われます。

先日のCloudforceではSalesForceのCEO兼会長が自社サービスのセキュリティーの高さを盛んにアピールしていましたが、SalesForceやMicrosoftを含むクラウド関連各社は、もっと真摯に、かつ客観的な情報と判断基準で、その安全性を「実証」していくべきだと思います。「安全神話」などという曖昧なもので隠すのはもうやめて。「Macの安全性」と同レベルの話では済まされないですよ。

Sidekickのデータ消失事件の顛末については、下のリンクをどうぞ。

MicrosoftのT-Mobile向けクラウドでユーザーデータ消失

Microsoft,消失したSidekickユーザー・データの復旧にめど

Microsoft、T-Mobileのユーザーデータは「ほぼ復旧」と発表

この記事をついーと

最近のセキュリティ記事

ここ最近のセキュリティー関連の記事をピックアップしてみます。まずは、HotmailやGmailのパスワードが流出したというショッキングなニュースから。

Hotmailの数千のアカウント情報が流出、フィッシング詐欺が原因か

Gmailや米Yahoo!メールも情報流出、パスワードの変更を

いずれも、「パスワード失効」的な偽メールを餌にパスワードを盗むフィッシングサイトから盗まれたパスワードが、サイトに曝されていたとか。みなさん、怪しいメールにはくれぐれもご注意を。

先日Microsoftから発表された無料のウィルス対策ソフトですが、今、Googleなどでこのソフトの名称で検索すると、検索の上位に、マルウェアを配布する偽サイトが表れるとのこと。

MSやGoogleの新製品でSEO汚染、不正ソフト配布に利用 – ITmedia エンタープライズ.

検索エンジン側でも、通報ベースでよいので対応してほしいものです。

フィッシングや検索エンジンに頼らず、ブラウザの通信を乗っ取ってパスワードを盗み出す強者も居るとか。

「広告ウインドウが次々開く」、ブラウザーを乗っ取るウイルスに注意

~前略~ Webページの閲覧履歴や、ブラウザー上で入力したパスワードなどを盗み出すブラウザーハイジャッカーもあるという。 ~以下略~

「ブラウザを乗っ取り、ブラウザ上で入力したパスワードを盗み出す…」って、ブラウザ乗っ取ってしまったら、もうやりたい放題ですよね。プラグインとかツールバーとか、ちょっと怖いなぁ。

よく言われますが、怪しいサイトには近づかない、怪しいソフトはダウンロードしないというのが一番の防御策だと思います。あとは、自分の銀行口座やクレジットカードが荒らされていないか、頻繁にチェックすることですね。

Gmailや米Yahoo!メールも情報流出、パスワードの変更を

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ:

Microsoftから無料のセキュリティーソフト

Microsoftから無料のセキュリティーソフトがリリースされました。日本語版もダウンロード可能になっています。

ウイルス、スパイウェア、マルウェア対策 | Microsoft Security Essentials.

アンチ・ウィルス機能のみで、スパム対策やフィッシング対策機能は含まれていません。Windows 7、Vista、XPで利用可能で、Windows XP Modeもサポートしているとのこと。

Windows XP Modeでメーラーやブラウザを使用しないのであればアンチ・ウィルス機能だけで充分と思われます。懸案のWindows XP Modeのセキュリティー対策に一役買いそうです。どうせなら、XP Modeに最初から入れておいてくれても良かったかと。

この記事をついーと

WordPressを渡り歩くWORM

WordPressの脆弱性を突いてエントリーにマルウェアをコピーし、リンクをたどって渡り歩くWORMがいるそうです。

WordPressの旧版を狙うワーム出現、最新版に更新を

恥ずかしながら、本サイトもさっきまで脆弱性のあるバージョンのWordPressを使用していたのですが、慌ててバージョンアップしましたよ。

本サイトのように、2.6.0以前の古いバージョンからのバージョンアップ方法は下のサイトからどうぞ。お早めに。

WordPress のアップグレード/詳細

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

狙われた老兵Delphi

Delphiの開発環境を狙ったウィルスが出回っています。

「Delphi」を狙ったウイルスの弊社公開ソフトへの感染について(追記2)

問題のウイルス「Induc(W32/Induc-A, Compile-a-virus)」はDelphi4~7の開発環境に感染し、コンパイル・バイナリーに自身のコピーを埋め込んで感染拡大するウィルスだそうです。

拙作のFlipCal横濱夜景散歩もDelphi5と6で作成されています。NAV2009の定義ファイルを最新にしてスキャンしてみましたが、ウィルスは発見されませんでした。なので、使用されている方は、ご安心下さい。

このウィルスの不思議なところは、ウィルスによる直接的な被害がない、ただ感染するだけというものだと言うこと。作者の意図が分りません。とは言え、第三者がこのコードを土台に悪意のあるコードを埋め込むことも可能なので、放置はできませんよね。

また、何でまた今更Delphi?というのも不思議なところですね。これはホントに不思議。

Delphiは、企業ユーザーがメインのVisual Studioとは違って、日曜プログラマーや学生などのアマチュアを中心に草の根的に人気が出ていたツールだと思うのですが、無償版が提供されなくなってから確実にユーザーを減らしているものと思います。今回のウィルス騒動はそれに追い打ちをかけるというか、むしろ、忘れられた存在だったDelphiが再び悪い意味で脚光を浴びる機会になってしまったかなと。

一世を風靡してフィールドを去った老兵の死亡記事を、新聞の片隅に見付けた、そんな心境です。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

Windows XP Modeのセキュリティ

Windows 7上で互換性の理由でどうしても実行できないプログラムを救済するために登場したWindows XP Mode。要は、Win7にVirtual PCをインストールし、そこにXPをインストールして、その上でアプリを動かしてしまおうというモノです。因みに、この時使用するVirtual PCは以前から公開されている「Microsoft Virtual PC」ではなく、「Windows Virtual PC」と呼ばれるもので、Win7の追加機能として公開されています(2009/8/20現在ではRC版)。中身はほぼ同じものなのでしょうが、サポートOSがホストはWin7のみ、ゲストはVista、XPのみとなっているのが違いです。また、ホストOS側との連携機能も強化されているようです。

Windows 7の新機能「Windows XP Mode」を使ってみる

さて、実際にインストールしてみて気になるのは、そのセキュリティーです。Virtual PCを使用すると言うことはパソコンがもう一台増えるようなものなので、セキュリティーに関する世話をホストのWin7と同等に行う必要があります。つまり、セキュリティーパッチが出れば適用するし、ウィルス対策ソフトも当然インストールしなければならないし、それらのアップデートもしなければならないのです。

Windows XPのサポートは既に「延長サポート」の期間に入っており、それも2014年4月14日をもって終了して、以後、Microsoftが認めた例外を除いてセキュリティーパッチなどは提供されなくなります。XP Modeのサポートがこれに該当するのかどうか分りませんが、気になるところです。

マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル

また、ウィルス対策ソフト購入の負担も気になるところです。インストール単位は2台分となりますので、今までと同様のカウント方法では1台で2ライセンス必要になるわけです。実際は1台しか使用していないわけですから、そこのところを対策ソフトのメーカーさんには何とかしてほしいと思います。

そして、こうしたことから懸念されるのは、これらの負担や作業の煩わしさからセキュリティーが等閑にされたXP Modeが大量に出回り、それらがウィルスやワームの温床にならないかと言うことです。XP Modeに寄生することを狙ったボットなんかが出てきても不思議ではないかと。

以上のことから、Microsoftが言うように、XP Modeは最後の手段にすべきでしょう。また、XP Modeを利用するからには責任をもって使用する、ということが大事ですね。

「互換性確保の最終手段にしてほしい」—マイクロソフトがXP Modeの位置付けを説明

この記事をついーと