アーカイブ

‘不景気’ タグのついている投稿

そうよ鉱山も長いのよ

今回は少し趣向を変えて、音楽販売業界の構造不況の話。

音楽のダウンロード購入者数、2009年に前年比100万人の減少–NPD調査

CD 派とダウンロード派で音楽の試聴方法にも違い

最近の仕事柄、音楽販売業の業界のことをいろいろと調べたりしています。音楽販売業も世間一般同様不景気なわけで、小売りでは特にCDが売れない、売れないと嘆いている訳です。一方、音楽のダウンロード販売に関しても、つい先日iTunesが100億ダウンロード突破したとか言って浮かれていますが、上の記事からも、必ずしもダウンロード販売がCD販売に取って代わっているとは言えない事態のようなのです。大手量販店のサイトではダウンロード販売を終了したところも、ちらほらとあるようですし。業界の景気が悪いのは、どうやら単純に世の中一般に言う不景気のせいだけではないようです。

詳細な分析は専門家に任せるとして、想像するに、人々と音楽との関わり方が変わってきているのが原因の一つではないかと思います。周りの若い人々の話を聞いても、CDも買わなければダウンロードしたことも無いという人が結構居たりするし。車を持っていない=ドライブしながら音楽を聴くことがない、と言う人も多いですし、移動時間や待ち合わせの暇つぶしの主役も音楽ではなくなっていますし。

一方、下の記事にも書かれているように、コンサートやライブなどのチケット販売は好調なようで、人々が完全に音楽を購入することから離れてしまっているわけでもなさそうです。

コンビニ「チケット販売戦争」 セブン「ぴあ出資」で激化

不景気故の本物志向の現れなのか、ライブを通してリアルに繋がっていたいという時代感覚の表れなのか… いずれにしても、音楽を作っている人達から見れば、ライブだろうとCDだろうと、「音楽ができる」という点においては大差はないのかも知れないですけど。

古くは造船とか鉱山にしても、構造不況から立ち直った例は聞きません。音楽販売業にはなんとか復活してもらいたいものです。飯の種なので (^_^;

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ:

不景気だけのせいにはできないな

1週間ぶりの更新となります。

この1週間、小売系の某社にシステムを売るための最後の追い込みでがんばってみたのですが、結果、ダメでした。不景気だからと言ってしまえばそれまでですが、買う側にしてみたら、安くなるからとかお得だからとか言うのは、システム導入の決定打にはならないです。そもそも、その提案されたシステムに業務としての必然性、もしくは、経営者の施策に対する必然性が無ければ、モチベーションにはならないということですね。

まぁ、今にして思えば当たり前のことなのですが、この当たり前になかなか気付けないでいます。やってみてダメでガッカリして、こうやって振り返ってみてまた落ち込んでみたりして。。。

エリクサーとその仲間たち

というわけで、でもないですがエリクサーです。今回も発売されていたのですね。以前はポーションだった気もしますが、レベルアップしたわけですか。エリクサーの後ろに並んでいるのは、個人的にはエリクサーと同じぐらい癒し効果のあるCOEDOビールです。近所のスーパーで見かけたので買ってしまいました。まさか横浜でこのビールに出会えるとは。

HPも回復できたことだし、来週からがんばろう!

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ:

2009年はIT業界にとって最悪の年だったらしい

来年もそんなに期待できないのかなぁ、と言う話。

「IT投資は底打った。2012年には平常状態に戻る」—米ガートナーのリサーチ部門最高責任者が予想

前略~ 「2009年はIT業界にとって最低の年だったが,グローバルで見ると,2009年の第3四半期(7~9月)で企業のIT投資は底を打った。2010年は回復基調になり,2012年には2008年の水準まで戻るだろう」と明るい見通しを示した。 ~中略~ 「ただし,2010年に本格回復するのは中国,インドなどの新興国に限られる。日本や欧米諸国のIT支出が2008年の水準に戻るには2012年になるだろう」(ソンダーガード氏)。

確かに今年は悪かったですね。特に後半になるにつれてどんどん悪くなってきている感じがしていました。でも、来年の1Qの方がヤバいんじゃないのかという雰囲気もありますね。とりあえずは、年度が変わるまでどう凌ぐかですね。がんばろう。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

JUAS、「企業IT動向調査2009」を発表

不景気な話題ですが、こんな話があります。

「CIOいらない」、経営者の6割強が回答

日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)は4月8日、「企業IT動向調査2009」を発表した。2008年11月のアンケート回答時点では、2009 年度のIT予算予測について「増加」とする企業と「減少」とする企業はともに35%だったが、昨年秋口以降の急激な景気後退を受けて、今年3月に追加調査を行ったところ、「増加」は20%、「減少」は実に55%を記録した。特に年間売上高が1000億円~1兆円未満の企業で「10%以上の増加」を見込むのはわずか11%、50%が「10%以上の減少」と回答しており、大企業、中でも製造業が深刻な打撃を受けている状況が浮き彫りとなった。

2008年度にはやや底を打った感がありましたが、2009年度に向けては急激に悪化しているようです。各企業とも本業での生き残り施策へ重点的に予算を割り振るため、IT予算の大幅な縮小を余儀なくされているという実体が浮き彫りにされています。また、IT投資に対する事前・事後評価を実施する企業も増えており、提案する側からすると、お客様の現実に即したより緻密な内容が求められてくるものと思われます。

そんな中でも、サーバー集約などの直接的にコストの削減に繋がる提案や、老朽化対策、コンプライアンス系にはまだ芽がありそうとのこと。この辺りを切り口にして、本当の意味でのコスト削減、投資対効果を引き出せる提案ができれば良いと言うことでしょうが、まぁ、そんなに簡単な話じゃぁないですよね。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , ,