アーカイブ

‘映画’ タグのついている投稿

映画鑑賞報告:アバター (AVATAR)

遅ればせながら表題の作品、見てきましたよ、という話。

DVDやBlu-rayが発売間近にもかかわらず、いまだに上映しているほどの人気振りですね。私も、大きなスクリーンで3Dを体験してみたくて、仕事が忙しくないのを良いことに、家族に内緒で仕事帰りのレイトショーに行ってしまいました。

感想ですが、映像は大迫力、3Dも効果的で見ごたえ十分です。ストーリーもいろいろなサイトでの評判ほど悪くもなく、娯楽作品としてはA級の部類だと思います。いろいろな映画などにいろいろと影響を受けている感じはしましたが、目くじら立てるほどのことはないですね。

何よりも、パンドラという名の未開の衛星の自然や風景がすばらしく、アクション大作というよりは『アトランティス』や『ディープ・ブルー』『アース』といった類のドキュメンタリー映画として観る楽しみ方もできるかと思います。そういった意味では、原住民たちの暮らしぶりや生態系の描写に物足りなさを感じました。2時間42分の上映時間では表現しきれないということなのでしょう。

ジェイムズ・キャメロン監督が子供のころから暖めていた作品とのこと。もっと掘り下げて、もっと緻密な世界観を見てみたかったです。海辺に暮らす原住民の暮らしぶりや海洋生物達の生態、空を飛ぶ生物達、森の動物達、飛び交う無数の小さな昆虫達、神秘的な発光植物達、狂った磁場の中で生活する生き物達、、、 12回×2クールぐらいのテレビシリーズにしたら良かったかもしれませんね。ディスカバリーチャンネルみたいな感じにして。

3Dについては、↓のような面白いことをやってる人もいるようですよ。

『アバター』3D全方式完全制覇レビュー:It’s a …:So-net blog.

私が見た映画館はRealD方式でした。目は全く疲れませんでした。画面右に出る字幕にはバリバリゴースト出てましたが、体勢に影響なしです。それにしても本当に自然な感じの3Dで、これなら奇をてらった一時的なブームだけでは終わらないかもしれないと思えました。

そういえば、昔、東京ディズニーランドに『キャプテンEO』という3D映画を見せるアトラクションがありましたね。マイケル・ジャクソン主演で。あれ、そろそろ復活しないのかなぁ。

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ:

映画鑑賞報告:BALLAD 名もなき恋の歌

先日、例の映画、『BALLAD 名もなき恋の歌』を観てきました。

BALLAD 名もなき恋の歌

要所要所が原作の『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』に忠実で、原作の雰囲気を損なうことなくうまく実写化してあります。もちろん、原作同様、感動作に仕上がっていました。ラストは原作にはない一捻りがあって、これもなかなか良かったです。原作のラストの青空もかなり良かったですが、それに負けず劣らずです。

原作では、合戦シーンから従来の戦国時代物にあるような「お約束事」を廃し、時代考証に基づいた斬新な解釈で、大人をも唸らせるものがありました。この映画でもそのエッセンスは生かされており、実写であるがためにそれが一層際立っていました。淡々とした合戦シーンは、ハリウッドの中世ヨーロッパの戦争映画を思わせるものがあります。長いアクションシーンのワンカット撮りも見物ですね。

残念だったのは、舞台の「春日の国」が春日部じゃないってこと。あの起伏の多い地形は、どう見ても関東平野のド真ん中にある春日部のものではないです。自分が春日部出身なもので、その辺りにすごく違和感を感じてしまいました。

草彅くんの演技も「鬼の井尻」として違和感はなかったです。総じて満足度は高かったかと。

この記事をついーと
カテゴリー: 日々の雑記 タグ: