アーカイブ

‘業界動向’ タグのついている投稿

Chromeがシェア拡大、IEは60%切り間近!?

Google Chromeのシェアが急伸して、IEのシェアは60%を切りそうだ、という話。

Browser market share

The Google Chrome browser gained .4% of global usage share in January. All other major browsers showed a month-to-month decline.

要は、この1ヶ月でChromeは0.4%のシェア増加を見せているのに対し、IE、Firefoxなどの主要ブラウザは軒並みシェア減少していると。原因までには言及されていませんが、IEに至っては60%切りも目前という状況です。

自分の最近の利用状況を見てみると、

  • メインはFirefox
  • ChromeはGMailとGoogleカレンダー専用
  • IEはMicrosoftのサイト(VLSC等)を見るとき専用
  • Operaをテスト的にちょこっと

といった感じです。IEの起動の遅さはずば抜けているので、自然と使用頻度が減っている感じですね。また、最近Chromeの拡張機能の便利さ、面白さに目覚めてしまって、今後FirefoxとChromeで半々ぐらいに使い分けるようにするかなぁ、といったところです。みなさんはどうでしょう?

久々にNet ApplicationsのMarket Shareを見たので、ついでにOSのシェアも確認してみましょう。

2010年2月時点で、トップはWindowsで92.12%、次いでMac 5.02%、Linux 0.98%となっています。トレンドは、Windowsは10ヶ月前より1.3ポイントのダウン、Macは約0.4ポイントアップとなっています。ここ3ヶ月ほどでは、Windowsは、Mac共にやや下降傾向です。逆に上昇しているのは、Java MEやiPhone、Symbianといったモバイル勢です。

OSのバージョン別シェアでは、WindowsXPがトップで65.49%、次いでVistaの16.51%、Windows7の8.92%です。トレンドは、XPは10ヶ月前より約9ポイントのダウン、Vistaが0.5ポイントのダウンとなっています。

OSバージョン別で現在3位のWindows7ですが、発売からの約4ヶ月間でなんと5ポイント近くのアップとなっております。Vistaの下り具合と7の登り具合を考慮すると、このまま行けばあと3~4ヶ月ほどで7がVistaを追抜くでしょう。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , , ,

Net Applications 2009年11月度のMarket Share

Net Applicationから2009年11月度のデスクトップOS、ブラウザ、検索エンジンのマーケットシェアが発表されています。

Market Share by Net Applications

OSのシェアではWindowsがトップで92.52%、次いでMac 5.11%、Linux 1.00%となっています。トレンドは、Windowsは10ヶ月前より約1.1ポイントのダウン、Macは0.4ポイントアップとなっています。直近だと、Windowsは横這い、Macは下降傾向です。Windowsが下げ止まりの傾向を見せている反面、Macがやや下降トレンド入りしているように見えますが、この点は後述します。

OSのバージョン別シェアでは、WindowsXPがトップで69.038%、次いでVistaの18.60%、Windows7の3.98%です。前回3位のMac OS X 10.5(Leopard)は2.61%で4位に後退しています。トレンドは、XPは10ヶ月前より約7ポイントのダウン、Vistaが3ポイントの アップとなっていますが、どちらも先月よりも約1ポイントづつ下げており、Windows7への世代交代が進みつつあることが窺えます。

Windows7は、日次では既に11月下旬の時点で5%を超えており、反面、XP、Vistaは合わせて約1.7%ものシェアを失っています。

Trend for ‘Windows 7′

11月にはMacのシェアも0.16%下がっていますが、これは、Macが下がったと言うよりは、Windows7が買い換えだけではなく新規需要を掘り起こし、分母が広がったのが原因ではないかと推測されます。

Vistaのシェアが4%を超えるには7ヶ月かかっており、これに比べるとWindows 7のシェア拡大は如何に急速かが分ります。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

2009年はIT業界にとって最悪の年だったらしい

来年もそんなに期待できないのかなぁ、と言う話。

「IT投資は底打った。2012年には平常状態に戻る」—米ガートナーのリサーチ部門最高責任者が予想

前略~ 「2009年はIT業界にとって最低の年だったが,グローバルで見ると,2009年の第3四半期(7~9月)で企業のIT投資は底を打った。2010年は回復基調になり,2012年には2008年の水準まで戻るだろう」と明るい見通しを示した。 ~中略~ 「ただし,2010年に本格回復するのは中国,インドなどの新興国に限られる。日本や欧米諸国のIT支出が2008年の水準に戻るには2012年になるだろう」(ソンダーガード氏)。

確かに今年は悪かったですね。特に後半になるにつれてどんどん悪くなってきている感じがしていました。でも、来年の1Qの方がヤバいんじゃないのかという雰囲気もありますね。とりあえずは、年度が変わるまでどう凌ぐかですね。がんばろう。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

Google vs. Microsoft vs…

神々と呼ばれしポケ○ンが… ではないですが、GoogleとMicrosoftのビジネス領域が近年になって急速に重なり合ってきましたね、と言う話。

GoogleはMicrosoftを恐れるべき――その理由は

で、実際、MicrosoftとGoogleがどんな戦いをしているのかというと、

NetApplications – Top Browser Share Trend

NetApplications – Top Search Engine Share Trend

NetApplications – Top Operating System Share Trend

2009年11月10日現在で、ブラウザではIE 65%に対してChrome 3%、サーチエンジンではBing 3%に対してGoogle 85%、OSではWindows 93%に対して、Androidはランク外という状況です。Windows vs. Androidという見方が妥当かどうかは別にして、一つ言えるのは、Googleはまだまだコンシューマ向けだということ。法人市場ではMicrosoftにはまだ敵わないでしょう。(ただ、そのことはGoogleは良く理解しているようだし、クラウド周りでは打開するための動きも見える)

もし、上のリンクの記事の「GoogleがMicrosoftを恐れるべき理由」に付け加えるとしたら、IBMという巨人と戦ったかつてのMicrosoftと、今のGoogleの立ち位置にとてもよく似ていると言うこと。故に、Microsoftには立ち向かってくるGoogleの考えそうなことがよく見えているかもしれないと言うことと、Microsoftは後出しジャンケンが得意だと言うことですかね。

あと、世間では「反Google感情」なんていうものも芽生えてきているようで。

みんなGoogleが嫌い?:“アンチGoogle”感情は実際に高まっているのか

この辺りはMicorosoftも通ってきた道ですし、それもこれも、Googleがみんなが無視できないほど大きくなったという証でしょう。

これにもう1社ぐらい絡んで三つ巴になると、「片方つぶれて一人勝ち」なんてことにはならなくて、みんなで切磋琢磨できて良いかと思うのですが、どこかに居ませんかねぇ、ダークライ。いずれにしても、単なる潰し合いではなくてユーザーや業界にとってプラスになるような競争をしてほしいですよね。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , ,

Net Applications 2009年10月度のMarket Share

Net Applicationから2009年10月度のデスクトップOS、ブラウザ、検索エンジンのマーケットシェアが発表されています。

Market Share by Net Applications

OSのシェアではWindowsがトップで92.52%、次いでMac 5.27%、Linux 0.96%となっています。トレンドは、Windowsは10ヶ月前より約1.5ポイントのダウン、Macは1.2ポイントアップとなっています。直近だと、 Windowsは下降傾向、Macは上昇傾向です。

OSのバージョン別シェアでは、WindowsXPがトップで70.48%、次いでVistaの18.83%、Mac OS X 10.5(Leopard)が2.82%となっています。そして、Windows 7が前月より0.6ポイント上昇の2.15%で4位に付けています。トレンドは、XPは10ヶ月前より約6ポイントのダウン、Vistaが4ポイントのアップとなっ ています。

月間では2%程度のシェアにとどまっているWundows 7ですが、日次では10月の月末にかけて3%を超えてきているようです。

Windows 7 Breaks 3% in Daily Tracking

この調子だと、来月にはトップ3入りしそうです。Vistaを抜く日もそう遠くないのかもしれません。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

NetCraft ‘09年10月のServer Survey

NetCraftのServer Surveyが出てました。

October 2009 Web Server Survey

傾向としては特に変わらず。トップがApacheで次点がIIS。Apacheに関しては、新規のホストが増えている一方、満期で消えるホストも多く、入れ替わりが激しいです。

先月に引き続き、nginxの伸びは顕著。nginxの中国テレコムでのシェアは支配的とのことです。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , , ,

Net Applications 2009年9月度のMarket Share

Net Applicationから2009年9月度のデスクトップOS、ブラウザ、検索エンジンのマーケットシェアが発表されています。

Market Share by Net Applications

OSのシェアではWindowsがトップで92.77%、次いでMac 5.12%、Linux 0.95%となっています。トレンドは、Windowsは10ヶ月前より約2ポイントのダウン、Macは1ポイントアップとなっています。直近だと、 Windowsは下降傾向、Macは上昇傾向です。

OSのバージョン別シェアでは、WindowsXPがトップで71.51%、次いでVistaの18.62%、Mac OS X 10.5(Leopard)が3.03%となっています。そして、Windows 7が前月に続き0.3ポイント上昇の1.52%で4位に付けています。トレンドは、XPは10ヶ月前より約6ポイントのダウン、Vistaが5ポイントのアップとなっ ています。直近では上位3つのOSバージョンは共に下降トレンドで、WindowsもMacも世代交代が進んでいることが表れています。

先月のWindows 7に続いてMacの世代交代も急激です。

18% of Mac Users Pounce on Snow Leopard in First Month of Release

Snow Leopard(Mac OS X 10.6)が発売されてからの1ヶ月間でOSをアップグレードしたMacユーザーは18%にも上るとのこと。Snow LoepardはWindows 7とは違ってOSの内部構造の大幅な変更が主ですから、アップグレードにはもう少し慎重になるのかとも思えますが… OSとユーザーの性格が表れていて興味深いです。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

NetCraft ‘09年9月のServer Survey

NetCraftのServer Surveyが出ています。

September 2009 Web Server Survey

今月注目すべきはnginxで、823000増のApacheを破り、120万サイトの増加をしました。 ~[中略]~ lighttpdは、200万サイト以上という際だった成長を見せた先月とは対照的に、今月は著しく下落するという憂き目に遭いました。lighttpdは、先月の半分以上を失いました。 ~[以下略]

lighttpdの下落は、Amazon AWSをホスティングしているtubely.comドメインから100万サイトが削除されたのが原因であろうとのこと。

グラフを見ると、IISの落ち込みとGoogle、nginxの伸びが対照的ですね。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , ,