アーカイブ

‘Android’ タグのついている投稿

Androidアプリは儲かるのか

首題の件に関して、最近よく思いを巡らせます。あえて結論めいたものは書きませんが、関連しそうな幾つかのサイトをログしておきます。

「パッケージ市場崩壊、iPhoneアプリももうからない」 ゲームメーカーが生き残るには

個人開発のAndroidアプリで月収116万円に

Android アプリの開発を教える専門学校が登場

iPhone利用者の50%が毎月有料アプリを購入、Android利用者では21%

怖いのは、iPhoneを擁するAppleとは違って、Androidアプリがさほど売れなくてもGoogle自身のビジネスにはそれほど大きな影響がないと言うこと。もちろん、ビジネス戦略的には大きな軌道修正が必要でしょうが、きっと想定の範囲内なのだと思います。これは、オープンソースなAndroidと自社製端末を持たないGoogleとの関係と、端末もOSも自社製のAppleとiPhoneとの関係の違いという点においても、両者のスタンスの違いというか、命の掛け方に差が出ているように感じます。

一つ言えるのは、Androidアプリに限らず、モバイル、デスクトップ、クラウドと、何れのプラットフォームを選んだとしても、もはやアプリだけで儲けることを考えること自体が無駄だと言うことでしょうか。

全然関係ないですけど、有楽町のビックカメラにXperiaのモックが置いてありますね。iPhoneほどではないですが、思ったより小さくて軽くて良さげす。そして、今週は銀座ソニービルで、Xperiaのタッチ&トライ・イベントが催されています。行こうかなぁ。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , ,

今を買うか未来を買うか

SAMSUNGのWindows Mobile 6.5、QWERTYキー搭載のスマートフォンSC-01Bがついに発売されましたね、という話。WindowsケータイFANに早くも購入レビューが出ています。

WindowsケータイFAN: SC-01B/購入レビュー

SAMSUNG初のdocomo端末ということもあって、新規で17,000円、買換えでも20,000円と、価格もかなり戦略的です。

iモード端末価格調査: P-02B、SC-01B発売

事前の噂どおりの低価格です。この価格は店頭価格なので、各種割引や各種ポイントを利用すると数千円にまで下げられるのでは。これだけ安いと衝動買いしてしまいそうで怖いですね。XperiaかSC-01Bかと迷っていて、最近はAndroid搭載のXperiaに気持ちが移っていたのですが、これはまずいな。しばらくヨドバシには近寄らないようにしよう (w

Xperiaのソニエリ独自のUIやアプリも良いのですが、GMail等のAndroid標準アプリのほうは日常的に使うとなるといまいちこなれていない感じがするのですよね。独自UIにしても、「直観的な操作性がコミュニケーションを自由にする、新感覚エンターテイメントマシン」って、そもそもエンターテイメントも自由なコミュニケーションもケータイにそれほど期待しているわけじゃないし。そんな私のような人間には、現時点で実用的に使えるものを、と思ったらやっぱりSC-01Bに分があるように思います。QWERTYキーも付いてるし。

しかし、しかしながら、Androidはこの先間違いなくモバイルOSのデファクト・スタンダードの一つになると思われます。開発環境なども無料で揃うし、Android OS自体のカスタマイズ性も含めて、黎明期特有の混沌とした面白さがあります。

今を買うか、未来を買うか、、、迷ったら、、、迷ったら、両方買いますか!?いやいや、まさか、、、!?

Android搭載端末と言えば、↓こんな変端末も出ています。カオスですね。

Android搭載/トリプルブート対応の小型端末が発売、UbuntuやWindows CEも起動

実はXperiaよりもこっちの方が気になってたりして。

この記事をついーと

Hello, Deckard!

ソニエリのAndroid端末Xperiaのモックが出回っているとの噂ですね。こことか。Androidの特徴はオープンでフリーなOSということですが、SDKなどの開発環境についても当然無料で利用可能となっています。そこで、折角無料なので、Androidの開発環境を揃えてみました、という話。

Android SDKとIDEのEclipseの入手は以下のサイトから。

Android Developers

Pleiades – Eclipse プラグイン日本語化プラグイン

折角なのでEclipseは最新のGalileoを利用しました。UIは日本語化されていたほうが何かと便利なので、Pleiadesは重宝しています。ただし、Java開発環境を選択するとTomcatやら何やら余計なものが付いて来て重くなるので、インストールはPlatformのみでJDT等は後から追加しています。

Android SDKのインストールはいたって簡単。一応メモしておきます。

  1. 上のサイトからダウンロードしたSDKの圧縮ファイルを任意のフォルダに展開する。
  2. 展開したフォルダのtoolフォルダにpathを通す。
  3. EclipseにADT(Android SDK用のプラグイン)をインストール。インストールはEclipseのメニュー「ヘルプ」→「新規ソフトウェアのインストール…」から。パッケージのURLは「Installing and Updating ADT | Android Developers」を参照。
  4. ADTにSDKのパスを設定。Eclipseのメニュー「ウィンドウ」→「設定」から「Android」を選択し、「SDKロケーション」に1の展開先のフォルダ名を入力。
  5. SDKに付属のAndroidエミュレーター用にAndroid OSをインストール。Eclipseのメニュー「ウィンドウ」→「Android SDK and AVD Manager」を選択し、「Avairable Packages」から利用したいバージョンを選択してインストール。
  6. Androidエミュレーターの仮想端末を作成。先ほどの「Android SDK and AVD Manager」で「Virtual Devices」に仮想端末を作成。

ADK_AVD_Manager

ここまでの約1時間で一通りの開発環境は揃います。詳しいことはAndroid Developersに出ていますが、検索すれば日本語で詳しく解説されているサイトがたくさん見つかりますので、そちらもどうぞ。

AndroidエミュレータはGMailやブラウザも動くのでなかなか面白く、こいつでしばらく遊んでから、お約束の「Hello World」を作ってみました。エミュレータ上では下のように実行できました。

android_em

コーディングに関しては全く予備知識なし&全く調査もせずにてきとーに行いましたが、Microsoft系のUI設計に慣れてしまっている身としては、とてもわかり辛いですね。画像一枚貼り付けるのに四苦八苦してしまいました。これはカンだけでは無理っぽいな。一度、SDKを読み込んでみる必要があると感じました。

実機器がないので今回はここまでです。あれ?「今回は」ってあーた…

ところで、ちょっとセンセーショナルなタイトルの記事を発見。

Androidアプリはビジネスになるのか

内容は大して面白いものではないのですが、最近、iPhoneアプリ・ビジネスのメッキが剥がれてきたっぽい話も聞くので、ちょっと気になりました。この話題は後日改めて。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

SO-01BとSC-01B

遂に遂に正式発表と相成ったソニエリ・ドコモのAndroid端末「Xperia」。個人的に期待していたWindows Mobile端末はどこかへ吹っ飛んでしまった、と言う話。

ドコモ、ソニー・エリクソン製Android端末「Xperia」発表

このソニエリ端末については、これまでいつ出るかも解らない状態が続いていたために、QWERTYキーボード付きのSAMSUN製Wndows Mobile端末に興味が行っていました。が、SAMSUN端末についても、最近はめっきり露出が減っていて、しかも発売予告の2月まで2週間を切っているにもかかわらずモックはおろか価格の発表もなされておらず、やきもきしておりました。

そこへ来て、ソニエリのこの発表です。しかも、当初の予想より早い4月の発売となれば、うぅぅ、これはちょっと考えてしまいますね。

型番はSAMSUN端末がSC-01Bなのに対して、ソニエリがSO-01Bと僅かに1文字違い。なのに、内容はと言うと、方やビジネスユース優先のSAMSUNに対して、バリバリエンタメのソニエリと、まさに正反対というのも面白いですね。しかも、ソニエリ端末は「ドコモ・スマートフォン」という「PRO Series」とは一線を画した新カテゴリーに入れられています。この待遇の違い。あーぁ、SAMSUNも出すタイミングを間違えたな。年明け前に出ていればまた違っていただろうに。

キーボードレスなので文章入力に不安を感じますが、早く現物が触れるようになることを楽しみにして待ちたいと思います。

この記事をついーと

ワシら人間に信じられないものを見せてくれ

こんな大事なニュースを見逃していました。例のGoogle Phoneが正式発表されましたね、という話。

Nexus One Phone – Web Meets Phone

Sorry, the Nexus One phone is not available in your country.

SIMロックフリー版が529 ドル(約 5万円)とちょっと高めではありますが、残念なことに今のところ日本からは購入することができません。これに関して、日本ではソフトバンクから出るとか出ないとかいろいろな憶測が流れているようです。

Nexus Oneが総務省の技適通過、ソフトバンクから登場?

ちなみに、、、ハリソンフォード主演の「ブレードランナー」と言うSF映画があります。エポックメイキング的な作品なのでご存知の方は多いと思いますが、近未来を描いたこの映画の中では、人間が「レプリカント」と呼ばれる人造人間と共生をしている社会が描かれています。この「レプリカント」の製品名がタイレル社製「Nexus 6」なのですね。さらに言うと、ブレードランナーの原作のフィリップ・K・ディック著の小説の中では、人造人間達は「レプリカント」とは呼ばれてはおらず、単に「アンドロイド」と呼ばれています。で、こんな記事もありますね。

「GoogleのNexus Oneは知財権侵害」(ディックの遺族談)

AndroidとNexus Oneというネーミング、開発者の遊び心なのでしょうが、ただの遊び心で済ませておいてほしいものですね。名前よりも中身に注目したいところです。

映画の中で、主人公の刑事に対して、植民地惑星での過酷な労働から脱走してきたレプリカントの一人が吐き捨てます。「おれは、お前ら人間には信じられぬものを見てきた ・・・ そういう思い出も、やがて消える。時が来れば・・・雨の中の涙のように・・・」 おぉ、カッチョイイな。久々にブレードランナー見たくなってきた。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , ,

夢の中の電気羊は雲の上

ここのところ携帯端末の話題ばかりですが、今回もそっち系で。Nexus Oneの発表で最近にわかに注目度が上がっているAndroid OSですが、こんな面白いこともできるのね、という話。

Android のなかの小さなクラウド

そうだよなぁ、中身Linuxなんだから、やり様によっては何でもありだよなぁ。こりゃ良いおもちゃになるよ。おもちゃにするならGoogleのリファレンス実装とも言うべきNexus Oneもよさそう。SIMロックフリーだしね。

ところで、ソニエリの例のAndroid端末ですが、もしかしたら投入が早まるかも、とか期待させられてしまうような記事を発見。

ソニエリのドコモ向けスマートフォンSO-01B/X10a、Wi-Fi認証を取得

折角SC-01Bに心が決まりかけていたのに、なんとも悩ましいところだぁよ。Androidは開発環境が無料でそろうって言うのも大きいんだよなぁ。SC-01B発売まで2ヶ月、、、電気羊の夢でも見ながら、もう少し悩んでみることにします。

Do androids dream of electric sheeps? — Yes, the electric sheeps is already upon the cloud.

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , ,

Next Success.

Googleブランドのスマートフォンがいよいよ登場間近か!?と言う話

Google、独自携帯「Nexus One」を2010年投入?

Googleの携帯電話「Nexus One」、米政府の認可獲得

Googleケータイ「Nexus One」、写真がネットに流出か

製造を担当するHTCは台湾のメーカーですが、docomoから発売されているHT-03Aという初期のAndroid携帯を作っているのがこのメーカーです。しかしながら、HT-03Aは、はっきり言って今一な印象が強いです。今回はOSもAndroid 1.5から2.1に上がるとのことで、今一感を払拭できるかどうか見物ですね。

上の記事曰く、この携帯はキャリア縛り無しのSIMロック・フリーで、Googleが直販するとのこと。キャリアに縛られたくないと言ったところはいかにもGoogleらしいですが、販売奨励金制度などの恩恵にあずかれないので端末価格は高めになりそうです。

それにしても、端末名が「Nexus One」って、、、個人的にはちょっと、、、

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , ,