アーカイブ

‘b-mobileSIM’ タグのついている投稿

復活なるか、おサイフケータイ

みなさんXperiaに充電しまくってますかー?Xperiaを使い始めて驚いたのは、バッテリーの持ちが画期的に悪いということと、パケホーダイの上限を4日で超えてしまったということ。という訳で、今回はケータイ料金節約をがんばる話。

NTT docomoのイメージといえば、「繋がる」「音質が良い」というポジティブなものから、「高い!」というネガティブなものまでありますが、どんなに回線品質が良くても通話料金は下げたいのが人情。しかしながら、複雑な料金体系のオプションや割引を駆使して料金を抑えるにも限界があります。かといって、パケットを使うのを我慢するとかはしたくないですしね。

そこで、docomoを使用しながら、docomoではないキャリアを併用して料金を下げる作戦を考えてみたいと思います。まずは、SIMカードについての基礎知識を下のサイトをどうぞ。

SIMカード – Wikipedia

携帯電話の隠れた必須アイテム、SIMカードに迫る!!

で、先日、日本通信からSIMカード「通信電池 b-mobileSIM U300」の単体売りが発表されました。

日本通信、SIMフリー端末向けにSIMカード販売へ

これは何かと簡単に言うと、日本通信という会社が販売する「b-mobileSIM」というSIMカードを手持ちのスマートフォンやデータ通信用のアダプターに装着すると、月額2,483円(固定料金)でパケット通信が使い放題になるという代物です。しかも、日本通信のサイトをみると、なんと、動作確認端末一覧にXperiaが掲載されているではないですか!

この「b-mobileSIM U300」については、下のリンクに詳しく書かれています。

[Xperia_Report] Xperia SO-01B レビュー 第6回 b-mobileSIMで利用料を削減しよう!

詳しくは上記サイトや直接日本通信のb-mobileSIMのサイトを見てもらうとして、簡単に特徴とメリデメを挙げておきます。

  • 特徴
    • docomo FORMA回線を利用
    • 前払いの完全固定料金制
  • メリット
    • 料金が安い。年間契約なら1ヶ月あたり2,483円、1ヶ月のみの契約でも2,980円
    • 回線がdocomo FORMAなので広域で高品質
  • デメリット
    • 通話では利用できない
    • データ転送速度の上限が300Kbpsに抑えられている

デメリットとして「通話はできない」と言うことがあがっていますが、以前利用していたケータイを活用することで克服できそうです。つまり、

  1. 現在Xperiaに装着されているFORMAカードを以前使用していたケータイへ移設して通話専用で使用
  2. Xperiaにはb-mobileSIM装着してメールやWebなどデータ通信専用で使用

という2台体制で運用することで、克服しようというものです。

で、この運用で実際どのくらいお安くなるのかというのを試算するために、自分が現在支払っている料金と、そこにb-mobileSIMを導入した場合の料金の比較をしてみます。試算の前提は以下のとおりです。

  • 通話料金は無料通話分で収まっていると仮定する
  • iモードの利用は無料分に収まっていると仮定する
  • データ通信は上限一杯まで利用すると仮定する
  • b-mobileSIMは1ヶ月契約のパッケージを利用すると仮定する

パケット代の考え方ですが、Xperiaに替えてからの傾向としてはほぼ毎月パケホーダイの上限にいきそうですので、その料金で計算します。一方、b-mobileSIMに移行した場合はiモードはほとんど使わないという前提で、最低料金で計算します。

以上の条件で比較したのが下の表です。

現在の料金 b-mobileSIMを
使った場合
タイプSSバリュー+ファミ割★MAX50適用 980円 980円
付加機能使用料(iモード) 315円 315円
付加機能使用料(メロディーコール) 105円 105円
メロディーコール音源利用料 105円 105円
ケータイ補償 お届けサービス 315円 315円
ユニバーサルサービス料 8円 8円
mopera U スタンダードプラン 315円 315円
パケ・ホーダイ ダブル 5,985円
(上限一杯まで使う)
390円
(無料分で収める)
b-mobileSIM U300 1ヶ月契約 - 2,980円
合計 8,128円 5,513円

なんと、毎月2,615円もお安くなります!!しかも、b-mobileSIMに完全移行した暁には、1年契約のパッケージにしたり、パケホーダイダブルを解約したり、moperaUを解約したりすることでさらに料金を下げることが可能になるわけです!さらに、2台体制をとることで、通話を行わないことによるXperiaのバッテリー消費の低減が期待されたり、何より、おサイフケータイが使えるようになる!という思わぬ副産物(というより、これが狙いか?)があります。

今月は既にパケホ上限オーバーですので、来月からこの作戦に切り替えてレポートしようと思います。乞うご期待。

※2010/4/14追記

少し気になったので日本通信にウェブサイトの質問フォームからいくつか質問してみました。質問の要旨と回答の原文を掲載します。ご参考までに。

質問1:b-mobileSIMカードの利用開始日と期限の考え方は?開通手続きをした時が利用開始?

b-mobileSIM U300の利用期間は、開通手続だけでは開始されません。開通手続後、通信デバイスにSIMを挿入し、接続設定をして、初回通信が行われた日から利用開始となり日数のカウントがスタートします。

ご購入からご利用開始、および、開通手続きを済まされてから利用を開始するまでの日数には特に制限もございません。

おぉ、なんて良心的。

質問2:XperiaはSIMロックされてるけど普通に使える?何か特別な設定がいる?

b-mobileSIMは、DocomoFOMAネットワークが使用できる端末でご利用いただける製品です。

XPERIAは、DocomoFOMAネットワークが使用できる端末ですのでSIMロックに関係なくご利用いただけ、特別な設定も必要ございませんのでご安心ください。

うーん、まぁ、特別な設定なしで使えるって解釈で良いのかな。

質問してから回答まで約1日。対応も丁寧で、イイ感じですね。

※2010/4/14さらに追記

コメントにご指摘があったので、ぎりぎりまで切り詰めた場合の料金表も載せておきます。

docomoのみの
場合
b-mobileSIMを
併用した場合
タイプSSバリュー+ファミ割★MAX50適用 980円 980円
ユニバーサルサービス料 8円 8円
mopera U スタンダードプラン 315円 解約
パケ・ホーダイ ダブル 5,985円
(上限一杯まで使う)
解約
b-mobileSIM U300 1年契約 - 2,483円
(1ヶ月あたりの料金)
合計 7,288円 3,471円

こ、これは2台分の値段じゃないな。ちょっと前まで基本料金だけでもこれぐらいは普通に払っていたよ。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,