アーカイブ

‘Chrome OS’ タグのついている投稿

もしかして気付いたのか?このゲームの必勝法に

先日Windows対抗の本命と目されるOSがGoogleから発表されましたが、がぶり四つなMicrosoftとGoogleの勝負の見所は?と言う話。

MicrosoftがChrome OSを打ち負かすための10の作戦

私が思うに、ポイントは2つ。即ち、企業ユーザーを繋ぎ止めることと、オンライン・サービスの改善でしょう。企業ユーザーはGoogleのアキレス腱であり、オンラインサービスはGoogleの本丸ですから、この2分野でうまくやれればMicrosoftの勝利は確実なものになるでしょう。

逆にGoogleからすると、アキレス腱である企業ユーザーを取込むことと、Microsoftが従えている膨大な開発者達をChrome OSに乗換えさせることができれば、勝利は目前です。それには、クラウドの安全性を客観的、定量的に説明し企業ユーザーを説得する必要があるでしょう。また、アイデア次第ではGoogleが提供するWebアプリケーションと同レベルかそれ以上のものを簡単に開発することができる環境を提供し、開発者達を手厚く遇する必要もあります。

お、今気付いたけど、Googleが勝つには、SalesForceあたりと手を組んじゃうのが一番手っ取り早いのかも知れませんね。。。おぉ、Microsoft危うし。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , ,

歴史は繰り返し、そのOSは現れた

Googleの懐刀のChrome OSがついにお目見えしましたね、という話。

Official Google Blog: Releasing the Chromium OS open source project

そんでもって、ソースはこちらから落とせます。

Getting and Building a Chromium-Based OS

Chrome OSでは、「OSとはインターネットである」という思想の基に、アプリケーションとデータの全てをネットワークの先のクラウド上に置くという形態になります。つまり、Googleが集中管理する巨大なコンピューターのリソースを、みんなでシェアして使うという考え方です。ネットワークがインターネットになったこと以外は、大昔の「ホストとダム端」の世界に戻る感じね。正に、歴史は繰り返しています。

オープンソースであることが「ホストとダム端」の世界との大きな違いですが、これは、Googleと当時の汎用機メーカーのビジネスモデルが違うというだけのことです。ま、オープンソースがもたらす価値も大きくはありますが、OSと称するブラウザ上にいつも現れる広告は、さぞかし鬱陶しいでしょうね。 それを言うなら、ここの右とか下とかにある広告は何だ!っていう突っ込みはナシね(笑)

コンパイル済み、インストール済みのVMイメージを配布しているサイトもあるようですね。新し物好きの方は↓からどうぞ。

Download Google Chrome OS for free

この記事をついーと