アーカイブ

‘eOpen’ タグのついている投稿

いつのまにかeOpenがMicrosoft Volume Licensing Service Center(VLSC)に統合されていた件

何を隠そう、このblogにたどり着いてくれた方々のほとんどは、Googleから「Windows 7 ボリュームライセンス」とかで検索してお越し頂いているようなのです。いらっしゃいましー

以前書いた、「Windows 7をボリュームライセンスで購入しちまった」とか、「Windows 7ボリュームライセンスがやって来た」とかいうエントリーでは、Microsoftの「eOpen」というサイトでライセンスの登録作業を行う手順を紹介したのですが、どうやらこの半年間でその辺りが大幅に変更されているようです。2009年12月以降では「eOpen」は廃止され、「Microsoft Volume Licensing Service Center」(以下VLSC)と言うサイトを使用するようになりました。

VLSC

そこで今回は、開発用ライセンスであるところのVisual Studio Professional with MSDN Premium(以下単にMSDN)のボリュームライセンスを購入した後に行う作業をログしておこうと思います。MSDNは開発者向けのライセンスですが、VLSCの操作自体はWindows 7のボリュームライセンスを購入した場合も同じですので、個人の方の参考にもなると思います。っていうか、何で自分がここまで!?Microsoftのサイトが使い易ければこの記事も必要ないのでしょうけどね。自分用のメモも兼ねてます。因みに、私はMicorosoft社員でもその親族でも関係者でも信者でも何でもありませんのでー (^_^;

※ここに記した内容は個人的なメモですので、MicrosoftやインプレスR&D他の販売店に対してこの記事の内容に関して問い合わせることはしないで下さい。質問等があればこの記事のコメントへどうぞ。ただし、私自身も単なるいちユーザーですのでそこのところはご承知置き下さい。

ではでは… MSDNをインプレスR&Dなんかで購入した後の手続きを大まかに記すと次のようになります。

  • Windows Live IDを取得する
  • 購入したライセンスを確認する
  • MSDN SubscriptionとLiveIDを関連付ける

では、順に見ていきます。

Windows LiveIDを取得する

初めて利用する場合は、Windows Live IDを取得します。LiveIDは次の2種類を用意しておきます。

  • VLSC用のLiveID
  • MSDN用のLiveID

VLSC用というのは、VLSCを使用してライセンスそのものの管理を行う社員用のLiveIDで、MSDN用というのはMSDNのサービスを受ける社員用のLiveIDです。あ、「XX用」とか勝手に言ってますけど、どちらも普通のWindows Live IDですよー。普通にWindows Live IDを取得して下さい。両方を同じLiveID(同じメールアドレス)で共用しても構いませんが、MSDNの使用権はLiveIDに1対1に関連付けられますので、MSDN使用時には「本当の使用者」のLiveIDが必要になります。

また、VLSC用のLiveIDに関連付けるメールアドレスは、販売店で購入したときに登録したメールアドレスと同じである必要があります。例えば、インプレスR&Dで購入した場合は、インプレスR&Dにユーザー登録した際のメールアドレスが必要になります。この辺りは、eOpenとVLSCでの大きな変更点です。購入したライセンスは、あちら側(販売店? Microsoft?)で、登録したメールアドレスに関連付けてくれます。

購入したライセンスを確認する

販売店でのライセンス発注から数週間すると、「マイクロソフトオープンライセンス発注確認書」というタイトルの紙の書類が送付されてきます。これが届くころには、ライセンスが利用できる状態になっているはずです。下記リンクから、上で登録したVLSC用のLiveIDでサインインしてみます。

Microsoft Volume Licensing Service Center

もしかしたら、最初のサインインのタイミングでライセンスとLiveIDを関連付ける作業が必要になることがあるかも知れません。「ライセンス認証番号」と「ライセンス番号」の入力が求められたら、送付されてきた「マイクロソフトオープンライセンス発注確認書」を参考にして入力して下さい。

サインインできたら、画面上段のメニューから「ライセンス」→「契約の一覧」を表示させてみます。書類に書かれているライセンス番号と同じものがリストされているはずです。

VLSC_ライセンス

ボリュームライセンスには、「ライセンスを管理するユーザー」という概念があります。「ライセンスを管理する」というのは、ソフトウェアのメディアをダウンロードしたり、ライセンスキーを参照したりすることです。

なお、「ライセンスを管理するユーザー」は、ソフトウェアをインストールして「ライセンスを使用するユーザー」とは別物です。「ライセンスを使用するユーザー」はLiveIDと紐付けたりVLSCで登録して管理したりはしません。ユーザーが自分達で管理する必要があります。

VLSC用のLiveIDとライセンスとの関連付けは、「ライセンスを管理するユーザー」の中でも「VLSC管理者」という権限を持っているユーザーが行います。購入したライセンスに対する最初の「VLSC管理者」は、あちら側(販売店? Microsoft?)の方で、購入時に登録したメールアドレス=LiveIDに割り当ててくれています。先程の画面の上段のメニューから「管理」→「ユーザー管理」の一覧に、VLSC用のLiveIDのメールアドレスが表示されているはずです。クリックして内容を確認してみます。管理者にチェックがついていますね。

VLSC_ユーザー管理

MSDN SubscriptionとLiveIDを関連付ける

Windows 7のボリュームライセンス版では、ここまでの操作でメディアのダウンロードやライセンスキーの参照が可能になります。(ダウンロードの手順などは「Windows 7ボリュームライセンスがやって来た」を参照のこと)

MSDNの場合、メディアのダウンロードはVLSCからではなくMSDNサブスクライバ・ダウンロードを使用する必要があります。しかしながら、まだこの時点ではMSDNのサービスは受けることができません。MSDNのサービスとLiveIDの関連付けが必要です。 が!この手順が最高に分かり難いですよ。

手順としては、2段階です。

  • VLSC側からMSDNサブスクリプションに対してMSDN用のLiveIDの関連付けを行う
  • MSDN側からその関連付けを登録する

と、まぁ、何ともまどろっこしい手順が必要です。前者はVLSC管理者が行う作業で、後者はMSDNの使用者が行う作業と言った位置付けのようですが、順に説明します。

まずはVLSC管理者側です。VLSC用のLiveIDでサインインした後、メニューの「ライセンス」→「契約の一覧」で契約を一覧表示します。該当のライセンスIDをクリックし、「ライセンス詳細」を表示して下さい。画面上の「ライセンス」タブをクリックすると下図のように、Visual Studioの製品名と共に利用可能なライセンス数などが表示されていると思います。

VLSC_ライセンス詳細

ここで、上図中程に赤丸で囲った、「MSDN サブスクリプションの管理 : ここをクリックしてください」と書かれているリンクをクリックします。すると、「管理 ユーザー一覧」が表示されます。

VLSC_MSDNユーザー一覧

この一覧にMSDNに関連付けたいユーザー、即ち、MSDNの使用者を追加して行きます。上図中の「検索」の枠の中に赤丸で示した「ユーザーの追加」のリンクをクリックし、必要な情報を入力してユーザーを追加します。追加するのはMSDNの使用者、即ち、MSDN用のLiveIDです。注意しなければならないのは、ここで入力する情報とMSDN用のLiveIDに登録されている情報を一致させる必要があると言うことです。特にメールアドレス、氏名は一致させておく必要があるようです。

登録が完了すると、MSDN用のLiveIDのメールアドレスに「お客様のMSDNサブスクリプション特典アクセス番号がご利用いただけるようになりました。」と言ったようなタイトルのメールが届きます。

MSDNの使用者が複数いる(ライセンスを複数購入している)場合は、上の手順を繰り返して使用者全員に特典利用開始メールを送信して下さい。この段階で、VLSC上での使用ライセンス数の更新が行われます。

ここまでがVLSC管理者の作業です。ここからはMSDNの使用者の作業です。

まずは、先程のVLSC管理者の作業により送られてきたメールを確認して下さい。メール本文中に「MSDN サブスクリプションの登録」のURLが書かれているので、ブラウザを使ってアクセスして下さい。LiveIDでのサインインを求められるので、MSDN用のLiveIDでサインインします。

下図のような画面が表示されますので、先程のメールに記載されている名、姓、メールアドレス、サブスクリプション特典アクセス番号を入力します。姓・名ではなく、であることに注意して下さい。

MSDN_アクティブ化

入力が正しければ、登録完了です。お疲れ様でした。

これで、MSDNサブスクライバ・ダウンロードの利用やライセンスキーの生成が可能になります。

MSDN_ダウンロード

VLSCのサイトですが、eOpenの頃よりはまともにはなりましたが、相変わらず概念や用語などが一般的ではないものが多いため、依然として敷居がかなり高いように思います。しかも、頻繁に操作するわけではないのですぐに忘れるし。今回は、自分用のメモも兼ねてのエントリーでした。

Googleの検索結果からの訪問については、「windows 7 オフラインファイル」なんかもかなり上位のキーワードなのですが、何でこのblogが上位に現れるのかは不明です。Yahoo!では全くのランク外ですから。しかも、大した情報はないのに…来て下さった方々、ホントすみませんね。役に立たなくて。これから頑張ります。

この記事をついーと

Windows 7ボリュームライセンスがやって来た

以前購入したWindows 7のボリュームライセンスだが、先週末、やっとこさ書類が送られてきました。

ただし、送られてきたのは手続き完了のお知らせのみで、実際のライセンス証書やアクティベーション・キーの入手は、Microsoft eOpenで行う必要があります。eOpenではそのほかにも行わなければならない手続きたくさんがあって、これが結構手こずったのでメモを残して起きます。

  • 何はともあれまずはeOpenのアカウントを作成すること。LiveIDやその他のメールアドレスでeOpenのアカウントを作成。ライセンス契約はこのeOpenアカウントと関連付けられます。
  • eOpenにサインインできるようになったら、最初に、郵送されてきた発注確認書に書かれている「ライセンス証書番号」と「ライセンス番号」を登録すること。
  • 次に、ライセンス契約の規約に同意する。eOpenの「契約の概要」から登録したライセンスをクリックして表示し、ページ最下部の同意ボタンを押す。
  • SAを付けている場合は、SA特典を有効化する。上のライセンス契約の詳細の画面中にリンクがある。サーバーの調子が悪いのか、なかなかアクセスできないが、何度もリトライしてがんばる。
  • MAKを有効化する。個人利用の場合はMAKを利用すると思うので、有効化しておく。

因みに、MAK(Multiple Activation Key)とはアクティベーション方式の一つで、複数回のアクティベーションが可能な1つのキーを使って、ソフトをインストールしたPCから直接アクティベーションを行う方式。いわゆる普通のアクティベーションね。

これに対してKMS(Key Management System)はLAN内にキー管理システムを配置してそこを経由してアクティベーションを行う方式。ただし、KMSはクライアントPCなら25台以上、サーバーなら5台以上無いと利用できない。普通はMAKを利用することになるが、そのためには有効化の作業が必要。

MAKを有効にするにはeOpenのページから「ボリュームライセンスキーの表示」→「MAKの有効化」で有効化します。ついでにVistaのMAKも有効化しておきます。当然ですが、キーの管理には十分な注意が必要です。

ここまでくれば、後はメディアをダウンロードしてインストールするだけです。SAが付いていればEnterprise版が利用できるが、メディアが一覧に出てこないところを見ると、Anytime Upgradeしろってことなのかな。

※追記 [2009/10/20] : Enterpriseのメディアは今朝一覧に現れました。どうやらMicrosoftのサーバーが不調なようで、SA特典の処理がされていなかったようです。下でも書いていますが、このサイトの作りの悪さは問題です。

それにしても、Microsoftのライセンス周りのサイトは実に出来が悪いですね。eOpen、ライセンス・センター、SA特典と、頻繁にサイトを行き来するし、出てくる用語も聞き慣れないもので、その説明も各所に点在していて、はっきり言ってわけがわからない。バックエンドの処理もリアルタイムとは程遠いようで、ライセンスを登録してもライセンスキーへの反映に時間がかかって、販売店のミスでもあったのかと勘繰ったりもした。しかもSAのサイトは頻繁にアクセス不可になっている。

できればあまり関わりたくないサイトだな。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , ,