アーカイブ

‘Google’ タグのついている投稿

青の巨人がいよいよ動くぞ

CloudBurstなどでプライベートプラウドに注力すると見せかけていたIBMが、遂にパブリッククラウドへ本格参入する、という話。ちょうど一年前に「データセンターが全てを握る日」というエントリーを書きましたが、全てを握るのはこの巨人かも知れません。

IBM Impact 2010 Report:いよいよ「IBM Cloud」始動、年内に国内でもサービス開始へ

IBMは「IBM Cloud」の正式リリースにより、SaaSのLotus Liveに加えてPaaSをも手にすることになります。そして、上のリンクの記事にも「多くのISVがIBM Cloudを活用してサービス提供してくれることを狙っている。」と書かれているように、IBMは今後、巷のエンタープライズ系のISV達を巻き込んだ壮大なエコシステムを、ゆっくりながらも着実に作り上げていくものと思われます。

これは、システム開発を生業とするSIerには思わぬチャンスとなるかもしれません。IBMは企業向けシステムにおいては一日の長があります。クラウドコンピューティングに対して企業のリーダーが抱いている不安を取り除く方法を編み出すかもしれません。IBM Cloudも他のPaaS同様、ハー ドウェアにかかる費用をかなり抑えた提案ができるでしょうから、うまくいけば、近年ますます重くなっていた企業の情報担当役員の腰を上げさせるきっかけになるかもしれません。

もちろん、それにはSIerがこの新しい運用形態を使いこなせることが前提です。IBM Cloudの日本での正式リリースは今秋以降でしょうか。もうそんなに時間はありませんが、まだ間に合います。↓のリンクからどうぞ。

IBM Smart Business Development & Test

そして、このことに一番警戒しなくてはならないのは、Google Apps Engine擁するGoogleかもしれません。IBM Cloud & Lotus Liveは、Google Apps Engine & GMail他に真っ向勝負を挑む形になってしまいました。

IBMは動きの遅い巨人ではありますが、百戦錬磨の手練れです。未だにベンチャー企業のような動きしかできないGoogleとは、何というか、企業としてのレベルのようなものが違うように思います(そこがGoogleの魅力であったりもしますが)。

一年後が楽しみです。

この記事をついーと

10億総ハッカー時代

なんだか、できレースのようなおもしろみのない結末でしたが、Googleが中国から正式に撤退しました、と言う話。それに関して、空恐ろしい内容の記事を発見。

グーグルが恐れたサイバースパイ「GhostNet」とは?

悲しいかな、中国だったらやりかねないとか思っちゃいますよね。この一件については、中国国内にその影響が黒い霧のように滞留しているようです。↓こんな記事もありました。

中国、18分野の報道禁止 グーグル撤退直前に通達

この一覧を見ると、今の中国の抱える問題が一目瞭然でおもしろいですね。中国の「大学生の就職難」とか日本では全然話題にもならないですから、非常に興味深いです。大きなシンガポールを目指しているとか言っても、大きいだけあって国民の世論を押さえつけるのは相当大変でしょう。

↓こんな記事もありますよ。

中国のグレートファイアウォール、Googleなしでも穴はある?

ネットの世界には国境はなく、それは中国といえども例外ではなく、国民を旧世紀のように自国の世界だけに閉じ込めておくことは、もはやできないと言うことですね。不謹慎ですが、制約のあるネット社会というのも、その制約を如何にして破るかと言うことを考えるのであれば、結構面白いものかも知れません。もう、10億の国民全員で力を合わせてハッキングしてもらいたいものです。私は命懸けってのは嫌ですけどね。

中国のグレートファイアウォール、Googleなしでも穴はある?中国のグレートファイアウォール、Googleなしでも穴はある?

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

失敗の反対の反対なのだ

Xperiaの発売日も決まって、価格も決まって、私のお買上げも決まって、花粉症も悪化して、桜も開花して、ドコモショップにもホットモックが並んでいる春ですね。それはさておき、例のGoogle TVに関して面白い記事を発見。

「Webとテレビの融合」失敗の歴史、Google TVは覆せるか

かつて色々な巨人達が挑んでは失敗してきたTVとWebとの融合ですが、今回もまーぁ無理っぽいですね。

TVというメディアの最大の楽しみは、一方的に垂れ流されるコンテンツを、全くの受け身で視聴できることにあるのではないかと思います。もう、脳ミソなんてなーんにも使う必要ないんだから。少なくとも、多くの人々にとってみればテレビなんてまだそんな程度のものでしょう。少しだけ能動的になれるとすればチャンネルというコンテンツの帯を切替えられることぐらいで、これはこれでザッピングという疑似能動的な楽しみ方もできますけど。

それもこれも、今のTVには何が何でも見たい金払ってでも見たい、と思えるようなコンテンツが無いからで、作り手の問題のように思うのですが、作る側からすれば視聴者がそれを求めているってことになるのでしょうから、つまり、TVなんてその程度のものって言うことですよ。

上のリンクにも書かれていますが、結局のところ、GoogleがTVとWebを融合させて何を見せてくれるかが一番の問題です。既成概念の延長で失敗するのは過去の例から言って間違いないのですが、何がやりたいのか今一つよく見えてこないですよね。

面白いのは、今回はここに、最近やけにAndroid好きのソニーが絡んでいること。虎視眈々と何かを狙っていそうでちょっと期待してみたりもするのですが、何も考えていないようにも見えるよなぁ… この会社は何だかんだ言っても結局最後はただの箱売りメーカーになっちゃうからなぁ

そろそろTVの一方的垂れ流しコンテンツ的な現状を誰かが何とかしてくれないと、僕たちホントにバカんなっちゃうよー

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

Androidアプリは儲かるのか

首題の件に関して、最近よく思いを巡らせます。あえて結論めいたものは書きませんが、関連しそうな幾つかのサイトをログしておきます。

「パッケージ市場崩壊、iPhoneアプリももうからない」 ゲームメーカーが生き残るには

個人開発のAndroidアプリで月収116万円に

Android アプリの開発を教える専門学校が登場

iPhone利用者の50%が毎月有料アプリを購入、Android利用者では21%

怖いのは、iPhoneを擁するAppleとは違って、Androidアプリがさほど売れなくてもGoogle自身のビジネスにはそれほど大きな影響がないと言うこと。もちろん、ビジネス戦略的には大きな軌道修正が必要でしょうが、きっと想定の範囲内なのだと思います。これは、オープンソースなAndroidと自社製端末を持たないGoogleとの関係と、端末もOSも自社製のAppleとiPhoneとの関係の違いという点においても、両者のスタンスの違いというか、命の掛け方に差が出ているように感じます。

一つ言えるのは、Androidアプリに限らず、モバイル、デスクトップ、クラウドと、何れのプラットフォームを選んだとしても、もはやアプリだけで儲けることを考えること自体が無駄だと言うことでしょうか。

全然関係ないですけど、有楽町のビックカメラにXperiaのモックが置いてありますね。iPhoneほどではないですが、思ったより小さくて軽くて良さげす。そして、今週は銀座ソニービルで、Xperiaのタッチ&トライ・イベントが催されています。行こうかなぁ。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , ,

Google vs. Apple (vs. Microsoft)

以前、GoogleがChrome OSを正式発表したそのころに、「Google vs. Microsoft vs…」なんていうエントリーを書きました。それから4ヶ月、Googleの前に新たな敵が立ちはだかりました、という話。

Googleに宣戦布告:Apple、Nexus OneのメーカーHTCを特許侵害で提訴

事の発端は、Googleが年末に発表したNexus Oneかと思われます。かつては比較的良好な関係だった両者でしたが、現在のAppleの牙城であるモバイルの領域をGoogleが本気で狙ってきたことから、両者の溝は決定的になりました。今年1月にはiPhoneのデフォルト検索エンジンからGoogleがはずされるとのうわさが流れました。

Google排除でiPhoneにBing採用の可能性――利するのは誰か

将来発売されるChrome OS搭載端末はiPadと真っ向勝負するものになるでしょうし、Androidの勢いはますます増しています。Google Voiceの件と言い、ここ数ヶ月間の買収合戦も、両者の特にAppleの対抗意識の現れと見て良いでしょう。

ここで言いたいのは、消費者を置き去りにしないでほしいということ。iPhoneユーザーが皆Googleに反感を持っているわけではないし、このような対決の構図が利用者の利便性を損ねるのは本末転倒です。

まぁ、モバイル対決において確実においていかれてしまったのはMicrosoftですね。Windows Phone 7端末が発売されるのはまだまだ先のこと。ダークライはMicrosoftで、神と呼ばれしポケ○ンはAppleでしたかー あ、でもあの映画で最後に立っているのはダークライか。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , ,

子供パワー

子供の発想というのは、大人の想像力の範囲を超えることがよくあります。そんな子供達によるGoogleロゴのコンテストが日本で開かれている、という話。

ねとらぼ:富士山、土偶、うどん――Googleロゴ、日本の子どもが描くとこうなる

日本の小中学生を対象に「私の好きな日本」をテーマに作品を募集したところ、全国から68,142点の作品が応募されたとのこと。現在、Googleの特設サイトでは、Google社員による一次審査を突破した150作品の全てを閲覧することができ、お気に入りの作品に投票することができます。最終審査でグランプリに選ばれた作品は、実際にGoogleのトップページで使用されるとか。

狙ったのか天然なのか奇抜なアイデア作品有り、荒削りだけどプロ顔負けの作品有り、地域ごとの特色有りで、これは見ていて飽きないですね。オリジナルのGoogleロゴに全く囚われない自由な作品や、ロゴの概念を無視した絵画的な作品など、子供ならではの発想には脱帽します。もはやテーマすらも無視した、いや、本人的は無視していないのかも知れないけど、、、そんな作品もあったりして、かなり楽しめました。

おそらく本人達はかなり時間をかけて描き上げているはずで、ひらめいたアイデアの練り上げ方、アイデアの捨て方、道具や技術の使い方など、じっくり見ていくとそれぞれに個性があってとても興味深いです。何より、どの作品も創作を楽しんでいるという雰囲気に溢れていて、心が洗われますね。

投票は1/28までです。150点の作品の全てを閲覧するのも結構大変ですが、是非に是非に。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

どっちもどっちだろ

「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」を企業使命としているGoogleが、そこを曲げてまでも参入した中国市場ですが、ここにきて重大な決断を行おうとしているようだ、と言う話。

Googleが中国からの撤退示唆、「検閲をこれ以上容認できない」

Googleがこの強硬手段に出たのは、中国国内からGMailに対する「高度に洗練された大規模なサイバー攻撃」が原因とのこと。しかもターゲットは中国の人権活動家のGMailアカウントだというから、なんだかきな臭い話ですよね。

ワールドワイドでは文句なしにNo.1検索サービスなGoogleですが、中国ではBaiduのシェアが圧倒的だそうです。中国国内で生活するネットユーザーにしてみたら、Googleがどうだろうと影響はないのかも知れないですね。閉じられたネットで検閲付き検索エンジンでネットサーフィンなんて、私はごめんだけどね。

でも、考えてみると、普段私たちが見ているGoogleの検索結果だってGoogleの独断によるものですから、ある意味Googleによる検閲が行われているとも言えるわけですね。検索エンジンの仕様も公開されていませんし。

中国によるサイバー攻撃はまずかったですが、要は、Googleは検閲されたままでの中国でのビジネスにあまり旨味がないと判断したと言うことなのでしょう。企業使命とか人権がどうとかって言うのは方便じゃないのか?こりゃ、どっちもどっちだな。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

ワシら人間に信じられないものを見せてくれ

こんな大事なニュースを見逃していました。例のGoogle Phoneが正式発表されましたね、という話。

Nexus One Phone – Web Meets Phone

Sorry, the Nexus One phone is not available in your country.

SIMロックフリー版が529 ドル(約 5万円)とちょっと高めではありますが、残念なことに今のところ日本からは購入することができません。これに関して、日本ではソフトバンクから出るとか出ないとかいろいろな憶測が流れているようです。

Nexus Oneが総務省の技適通過、ソフトバンクから登場?

ちなみに、、、ハリソンフォード主演の「ブレードランナー」と言うSF映画があります。エポックメイキング的な作品なのでご存知の方は多いと思いますが、近未来を描いたこの映画の中では、人間が「レプリカント」と呼ばれる人造人間と共生をしている社会が描かれています。この「レプリカント」の製品名がタイレル社製「Nexus 6」なのですね。さらに言うと、ブレードランナーの原作のフィリップ・K・ディック著の小説の中では、人造人間達は「レプリカント」とは呼ばれてはおらず、単に「アンドロイド」と呼ばれています。で、こんな記事もありますね。

「GoogleのNexus Oneは知財権侵害」(ディックの遺族談)

AndroidとNexus Oneというネーミング、開発者の遊び心なのでしょうが、ただの遊び心で済ませておいてほしいものですね。名前よりも中身に注目したいところです。

映画の中で、主人公の刑事に対して、植民地惑星での過酷な労働から脱走してきたレプリカントの一人が吐き捨てます。「おれは、お前ら人間には信じられぬものを見てきた ・・・ そういう思い出も、やがて消える。時が来れば・・・雨の中の涙のように・・・」 おぉ、カッチョイイな。久々にブレードランナー見たくなってきた。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , ,