アーカイブ

‘IBM’ タグのついている投稿

青の巨人がいよいよ動くぞ

CloudBurstなどでプライベートプラウドに注力すると見せかけていたIBMが、遂にパブリッククラウドへ本格参入する、という話。ちょうど一年前に「データセンターが全てを握る日」というエントリーを書きましたが、全てを握るのはこの巨人かも知れません。

IBM Impact 2010 Report:いよいよ「IBM Cloud」始動、年内に国内でもサービス開始へ

IBMは「IBM Cloud」の正式リリースにより、SaaSのLotus Liveに加えてPaaSをも手にすることになります。そして、上のリンクの記事にも「多くのISVがIBM Cloudを活用してサービス提供してくれることを狙っている。」と書かれているように、IBMは今後、巷のエンタープライズ系のISV達を巻き込んだ壮大なエコシステムを、ゆっくりながらも着実に作り上げていくものと思われます。

これは、システム開発を生業とするSIerには思わぬチャンスとなるかもしれません。IBMは企業向けシステムにおいては一日の長があります。クラウドコンピューティングに対して企業のリーダーが抱いている不安を取り除く方法を編み出すかもしれません。IBM Cloudも他のPaaS同様、ハー ドウェアにかかる費用をかなり抑えた提案ができるでしょうから、うまくいけば、近年ますます重くなっていた企業の情報担当役員の腰を上げさせるきっかけになるかもしれません。

もちろん、それにはSIerがこの新しい運用形態を使いこなせることが前提です。IBM Cloudの日本での正式リリースは今秋以降でしょうか。もうそんなに時間はありませんが、まだ間に合います。↓のリンクからどうぞ。

IBM Smart Business Development & Test

そして、このことに一番警戒しなくてはならないのは、Google Apps Engine擁するGoogleかもしれません。IBM Cloud & Lotus Liveは、Google Apps Engine & GMail他に真っ向勝負を挑む形になってしまいました。

IBMは動きの遅い巨人ではありますが、百戦錬磨の手練れです。未だにベンチャー企業のような動きしかできないGoogleとは、何というか、企業としてのレベルのようなものが違うように思います(そこがGoogleの魅力であったりもしますが)。

一年後が楽しみです。

この記事をついーと

Google Appsはクラウド界の「Google」にはなれないのか

IBMが遂にクラウド・アプリケーションに本格的に進出すると言う話。法人市場では一日の長があるIBMがGoogleに対抗するとのことだが、果たして今のGoogleはIBMの相手として充分なのか。

IBM、Google Apps対抗のWebメールサービス開始へ – ITmedia News

確かにCloudforceでのGoogleのセッションはとても人気がありましたが(私 も並んで最前列で聴きましたが(^_^; )、IBMのセッションと比べても見劣りがしました。Googleの提供するアプリケーションはコンシューマ向けの延長みたいにしか見えないのですよ。これではシステム構築を行うITベンダーの興味は引きませんし、上の記事にも書 かれているように、企業相手ではIBMの方が何枚も上手な印象を持ちました。

Googleと、IBMやSalesForceとの違いは、ワンストップの基幹システムを指向しているかしていないかではないかと。今のGoogleのやり方は、企業のITシステムを文字通り「システム」としてとらえられていないように思えます。昔のMicrosoftみたいに、良くできた部品を提供している一介のソフトウェアハウスのよう。クラウドコンピューティング周辺もサーバー・ビジネスと同じで、インフラだけ売っているようではダメってことです。

検索エンジン界隈ではコンシューマのネット検索の実に80%以上を牛耳るGoogleですが、クラウドコンピューティングの世界では今のままでは盤石とは言えないかも。コンシューマ寄りの体質を改善しなくては、いずれIBMやSalesforceに足下すくわれまっせ。

この記事をついーと

やられはせんぞ貴様如きに!やられはせん!

AS/400と呼ばれたマシンがあります。メーカーのブランド戦略に翻弄され、2009年9月現在では「IBM i」と呼ばれているそのマシンは、かつて存在した「オフコン(オフィス・コンピューター)」というジャンルのマシンです。整然として、かつ、現実的なアーキテクチャを持った独自のOSで動作します。CUIとしては格別の操作性を誇っており、しかも、今ではメイン・フレームを凌ぐほどの処理能力と可用性も持っています。

基本的にはクローズドなマシンですが、オープン系のテクノロジーを元々の美しいアーキテクチャと折り合いを付けながら巧みに取り込み、最先端のソフトウェア・アーキテクチャに対応することが可能です。また、メイン・フレームのお下がりでオープン系ではまだ一般的になっていない最先端技術に、いち早く対応するのも魅力の一つです。

そんなAS/400はもう死んでいる!?という話。

誰がAS/400を殺したのか

誰がAS/400を殺したのか その2

刺激を受けたので、私も思うところをぶちまけてみたいと思います。

  • マシンも保守料もメーカーのSE単価も高すぎです。昔はどうだか知りませんが、今はそれに見合う価値があるとは思えません。マシンがどんなに優れていても限界があります。
  • 売る側も使う側も、勝手に活躍のフィールドを限定しないで下さい。このマシンにはもっと色々な事ができるはずです。もっと色々な事に使って下さい。
  • 売る側が訴求するポイントが間違っています。今時、MySQLやPHPが動くことにどれほどの価値があるのか。もっと本質的な部分を見て考えて下さい。
  • 対抗する相手が間違っています。Windows Serverは敵ですか?
  • 売る側はもっとこのマシンの真価を理解して、誇りを持って下さい。どこの現場に行っても、AS/400のエンジニアは自虐的すぎます。メーカーの技術者からしてそうだったりするから目も当てられません。

ま、この記事のタイトルもかなり自虐的ですけどねー

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

IBMからHALが誕生する

2001年宇宙の旅ではチャンドラ博士によって開発され、1997年に誕生したとされる人工知能HAL 9000ですが、HAL誕生以来いつもHALの一歩後ろを歩かされてきたIBM(H・A・Lをアルファベット順で1文字ずつ後ろにずらすとI・B・Mとなることから、HALの由来は「IBMの一歩先を行くコンピューター」であるとする説がある)。そのIBMが真剣に人工知能を開発しているという話。

IBM、米国の人気クイズ番組「ジョパディ!」にチャレンジするコンピューターを開発中

IBM(本社:米国ニューヨーク州アーモンク、会長:サミュエル・J・パルミサーノ、NYSE:IBM)は本日、米国の人気クイズ番組「Jeopardy!(ジョパディ!)」で人間と競い合える先端コンピューター・システムの詳細を発表しました。 …[中略]… ワトソンというコードネームで呼ばれているコンピューター・システムの基礎を成している研究は、コンピューターの知能および人間とコンピューターとのコミュニケーションをかつてないほどのレベルにまで高めることが期待されています。IBMは、様々な業界のお客様がビジネスに関連した質問により早く、正確に答えられるよう、ワトソン向けに開発された他に類を見ない技術力を適用していく意向です。 …[以下略]…

現実世界では1997年にHAL 9000は誕生しませんでしたが、IBMはこの年、Deep Blueというスーパーコンピューターでチェスの世界チャンピオンに勝利しています。そして、今回発表されたワトソンとよばれているシステムは、動的で制約の無い自然言語を処理し、人間の参加者と一緒にクイズ番組に挑戦するようです。ちなみに、「ジョパディ」ですが、日本では1970年代に「クイズ・グランプリ」という番組名でフジテレビ系列で製作・放送されていたそうです。私の記憶にはありませんが…

ワトソンのキモとなる技術は、駄洒落や皮肉を含む曖昧な質問から本当の質問を抽出する技術と、解答の信頼性を自己分析する技術だそうです。そして、これらの処理を超高速に行うためのハードウェアも含まれています。また、これらに対するアプローチは、キーワードの抽出などによる従来のコンピューティング技術とは全く異なる手法をとっているとのこと。

IBMのすごいところは、このような基礎研究を継続的に行っていることと、それを現実のシステムに応用するためのアイデアと手段を持っていることだと思います。こういう会社は、なんだかんだ言っても(言われても)生き残るよ、間違いなく。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,