アーカイブ

‘SalesForce’ タグのついている投稿

もしかして気付いたのか?このゲームの必勝法に

先日Windows対抗の本命と目されるOSがGoogleから発表されましたが、がぶり四つなMicrosoftとGoogleの勝負の見所は?と言う話。

MicrosoftがChrome OSを打ち負かすための10の作戦

私が思うに、ポイントは2つ。即ち、企業ユーザーを繋ぎ止めることと、オンライン・サービスの改善でしょう。企業ユーザーはGoogleのアキレス腱であり、オンラインサービスはGoogleの本丸ですから、この2分野でうまくやれればMicrosoftの勝利は確実なものになるでしょう。

逆にGoogleからすると、アキレス腱である企業ユーザーを取込むことと、Microsoftが従えている膨大な開発者達をChrome OSに乗換えさせることができれば、勝利は目前です。それには、クラウドの安全性を客観的、定量的に説明し企業ユーザーを説得する必要があるでしょう。また、アイデア次第ではGoogleが提供するWebアプリケーションと同レベルかそれ以上のものを簡単に開発することができる環境を提供し、開発者達を手厚く遇する必要もあります。

お、今気付いたけど、Googleが勝つには、SalesForceあたりと手を組んじゃうのが一番手っ取り早いのかも知れませんね。。。おぉ、Microsoft危うし。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: , , ,

Google Appsはクラウド界の「Google」にはなれないのか

IBMが遂にクラウド・アプリケーションに本格的に進出すると言う話。法人市場では一日の長があるIBMがGoogleに対抗するとのことだが、果たして今のGoogleはIBMの相手として充分なのか。

IBM、Google Apps対抗のWebメールサービス開始へ – ITmedia News

確かにCloudforceでのGoogleのセッションはとても人気がありましたが(私 も並んで最前列で聴きましたが(^_^; )、IBMのセッションと比べても見劣りがしました。Googleの提供するアプリケーションはコンシューマ向けの延長みたいにしか見えないのですよ。これではシステム構築を行うITベンダーの興味は引きませんし、上の記事にも書 かれているように、企業相手ではIBMの方が何枚も上手な印象を持ちました。

Googleと、IBMやSalesForceとの違いは、ワンストップの基幹システムを指向しているかしていないかではないかと。今のGoogleのやり方は、企業のITシステムを文字通り「システム」としてとらえられていないように思えます。昔のMicrosoftみたいに、良くできた部品を提供している一介のソフトウェアハウスのよう。クラウドコンピューティング周辺もサーバー・ビジネスと同じで、インフラだけ売っているようではダメってことです。

検索エンジン界隈ではコンシューマのネット検索の実に80%以上を牛耳るGoogleですが、クラウドコンピューティングの世界では今のままでは盤石とは言えないかも。コンシューマ寄りの体質を改善しなくては、いずれIBMやSalesforceに足下すくわれまっせ。

この記事をついーと

コンセントを探せ

1870年にユダヤ系オーストリア人のジークフリート・マルクスによってガソリン自動車が誕生してから140年、自動車はガソリンで動く内燃機関を 内包し、その技術に磨きをかけて進歩してきました。そして、近年のエコブームにより売れに売れているハイブリッド・カー。さらには、電気自動車という内燃機関を持たない自動車が、明るい未来の自動車として脚光を浴びています。

自動車の技術は、そのコア・テクノロジーである内燃機関と共に発展してきました。ところが、電気自動車には内燃機関がありません。自動車の技術者は、140年間培ってきた内燃機関のテクノロジーを捨て、電動モーターや発電・蓄電システムをコアとするテクノロジーへとスキルチェンジすることを強いられています。

ここに、PCとサーバーをコア・テクノロジーとしたITシステムがあります。1980年代に全盛を誇ったこれらのシステムは、パラダイムシフトであると言われたインターネットですら飲み込みながら、21世紀に入った現在でも未だ現役のテクノロジーとして利用され続けています。

ところがです、インターネットによって起こったと言われるパラダイムシフトには、実は続きがあったのです。インターネット出現後もソフトウェアとハードウェアの技術は着実に進化し、ついには、インターネットを基盤としたクラウドコンピューティングへとたどり着きます。

IT技術者は、過去30年間培ってきたテクノロジー・スキルを捨て去らなければならない時期に来ています。現在のIT技術者の多くが持っているプラットフォーム・スキルは、オープン系のものも含めて、エンタープライズ分野においてはほとんど役に立たなくなるでしょう。テクノロジー・スキルで身を立てようと考えているIT技術者は、ここ数年の間で重大な決断を強いられることになります。

これから先30年でIT業界に起こることは、とてもエキサイティングでバラ色で、且つ、悲惨で残酷なものになります。人々は、GoogleやSalesForceのような一握りの勝ち組企業による容赦のない一人勝ち状態(これはWintelの時の比ではありません)を目の当たりにするでしょう。大企業による独占と支配に対して反発する人々も現れますが、人々の生活は画期的に豊かになるので、それを問題視する者はほとんどいないでしょう。

DSC00621

…というのが、本日開催されたCloudforce Japanにおけるセールスフォース・ドットコム会長兼CEOのマーク・ベニオフによる基調講演を、たっぷり2時間聴いた直後に書いたメモを元にして書いた文章です。かなりマインドコントロールされている感がありますが、手元の資料とあわせて見て思い出しながら書いたらこのような文章になりました。

午後のセッションを聞くうちにクラウドコンピューティングを取り巻く内情が少し分ってきて、クールダウンしました。私のような頭の固いIT技術者が生き延びていくヒントを感じることもできましたが、そのあたりはまた追々。。。

さて、ガソリンエンジン自動車を取り上げられて電気自動車を与えられた技術者はどうすればよいか。まずは、コンセントを探すところから、ですね。

※2009/09/16追記

機能の基調講演の様子は、日経ITProなんかにも関連記事が出ていますね。

クラウドの潮流は「リアルタイム」、セールスフォースCEOが講演

あと、コンセントを探している方は、↓こちら。

developerForce

この記事をついーと

Cloudforce Japan開催

SalesForce主催のクラウドコンピューティング関連のイベントが、9/15に東京・浜松町のザ・プリンス パークタワー東京で開催されます。

日本最大のクラウドコンピューティング・イベント Cloudforce Japan

申し込みは、明日(9/11)までとなっております。参加無料。私も参加してきます。

この記事をついーと