アーカイブ

‘Windows XP Mode’ タグのついている投稿

Microsoftから無料のセキュリティーソフト

Microsoftから無料のセキュリティーソフトがリリースされました。日本語版もダウンロード可能になっています。

ウイルス、スパイウェア、マルウェア対策 | Microsoft Security Essentials.

アンチ・ウィルス機能のみで、スパム対策やフィッシング対策機能は含まれていません。Windows 7、Vista、XPで利用可能で、Windows XP Modeもサポートしているとのこと。

Windows XP Modeでメーラーやブラウザを使用しないのであればアンチ・ウィルス機能だけで充分と思われます。懸案のWindows XP Modeのセキュリティー対策に一役買いそうです。どうせなら、XP Modeに最初から入れておいてくれても良かったかと。

この記事をついーと

Windows XP Modeのセキュリティ

Windows 7上で互換性の理由でどうしても実行できないプログラムを救済するために登場したWindows XP Mode。要は、Win7にVirtual PCをインストールし、そこにXPをインストールして、その上でアプリを動かしてしまおうというモノです。因みに、この時使用するVirtual PCは以前から公開されている「Microsoft Virtual PC」ではなく、「Windows Virtual PC」と呼ばれるもので、Win7の追加機能として公開されています(2009/8/20現在ではRC版)。中身はほぼ同じものなのでしょうが、サポートOSがホストはWin7のみ、ゲストはVista、XPのみとなっているのが違いです。また、ホストOS側との連携機能も強化されているようです。

Windows 7の新機能「Windows XP Mode」を使ってみる

さて、実際にインストールしてみて気になるのは、そのセキュリティーです。Virtual PCを使用すると言うことはパソコンがもう一台増えるようなものなので、セキュリティーに関する世話をホストのWin7と同等に行う必要があります。つまり、セキュリティーパッチが出れば適用するし、ウィルス対策ソフトも当然インストールしなければならないし、それらのアップデートもしなければならないのです。

Windows XPのサポートは既に「延長サポート」の期間に入っており、それも2014年4月14日をもって終了して、以後、Microsoftが認めた例外を除いてセキュリティーパッチなどは提供されなくなります。XP Modeのサポートがこれに該当するのかどうか分りませんが、気になるところです。

マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル

また、ウィルス対策ソフト購入の負担も気になるところです。インストール単位は2台分となりますので、今までと同様のカウント方法では1台で2ライセンス必要になるわけです。実際は1台しか使用していないわけですから、そこのところを対策ソフトのメーカーさんには何とかしてほしいと思います。

そして、こうしたことから懸念されるのは、これらの負担や作業の煩わしさからセキュリティーが等閑にされたXP Modeが大量に出回り、それらがウィルスやワームの温床にならないかと言うことです。XP Modeに寄生することを狙ったボットなんかが出てきても不思議ではないかと。

以上のことから、Microsoftが言うように、XP Modeは最後の手段にすべきでしょう。また、XP Modeを利用するからには責任をもって使用する、ということが大事ですね。

「互換性確保の最終手段にしてほしい」—マイクロソフトがXP Modeの位置付けを説明

この記事をついーと