アーカイブ

‘Xperia’ タグのついている投稿

復活なるか、おサイフケータイ

みなさんXperiaに充電しまくってますかー?Xperiaを使い始めて驚いたのは、バッテリーの持ちが画期的に悪いということと、パケホーダイの上限を4日で超えてしまったということ。という訳で、今回はケータイ料金節約をがんばる話。

NTT docomoのイメージといえば、「繋がる」「音質が良い」というポジティブなものから、「高い!」というネガティブなものまでありますが、どんなに回線品質が良くても通話料金は下げたいのが人情。しかしながら、複雑な料金体系のオプションや割引を駆使して料金を抑えるにも限界があります。かといって、パケットを使うのを我慢するとかはしたくないですしね。

そこで、docomoを使用しながら、docomoではないキャリアを併用して料金を下げる作戦を考えてみたいと思います。まずは、SIMカードについての基礎知識を下のサイトをどうぞ。

SIMカード – Wikipedia

携帯電話の隠れた必須アイテム、SIMカードに迫る!!

で、先日、日本通信からSIMカード「通信電池 b-mobileSIM U300」の単体売りが発表されました。

日本通信、SIMフリー端末向けにSIMカード販売へ

これは何かと簡単に言うと、日本通信という会社が販売する「b-mobileSIM」というSIMカードを手持ちのスマートフォンやデータ通信用のアダプターに装着すると、月額2,483円(固定料金)でパケット通信が使い放題になるという代物です。しかも、日本通信のサイトをみると、なんと、動作確認端末一覧にXperiaが掲載されているではないですか!

この「b-mobileSIM U300」については、下のリンクに詳しく書かれています。

[Xperia_Report] Xperia SO-01B レビュー 第6回 b-mobileSIMで利用料を削減しよう!

詳しくは上記サイトや直接日本通信のb-mobileSIMのサイトを見てもらうとして、簡単に特徴とメリデメを挙げておきます。

  • 特徴
    • docomo FORMA回線を利用
    • 前払いの完全固定料金制
  • メリット
    • 料金が安い。年間契約なら1ヶ月あたり2,483円、1ヶ月のみの契約でも2,980円
    • 回線がdocomo FORMAなので広域で高品質
  • デメリット
    • 通話では利用できない
    • データ転送速度の上限が300Kbpsに抑えられている

デメリットとして「通話はできない」と言うことがあがっていますが、以前利用していたケータイを活用することで克服できそうです。つまり、

  1. 現在Xperiaに装着されているFORMAカードを以前使用していたケータイへ移設して通話専用で使用
  2. Xperiaにはb-mobileSIM装着してメールやWebなどデータ通信専用で使用

という2台体制で運用することで、克服しようというものです。

で、この運用で実際どのくらいお安くなるのかというのを試算するために、自分が現在支払っている料金と、そこにb-mobileSIMを導入した場合の料金の比較をしてみます。試算の前提は以下のとおりです。

  • 通話料金は無料通話分で収まっていると仮定する
  • iモードの利用は無料分に収まっていると仮定する
  • データ通信は上限一杯まで利用すると仮定する
  • b-mobileSIMは1ヶ月契約のパッケージを利用すると仮定する

パケット代の考え方ですが、Xperiaに替えてからの傾向としてはほぼ毎月パケホーダイの上限にいきそうですので、その料金で計算します。一方、b-mobileSIMに移行した場合はiモードはほとんど使わないという前提で、最低料金で計算します。

以上の条件で比較したのが下の表です。

現在の料金 b-mobileSIMを
使った場合
タイプSSバリュー+ファミ割★MAX50適用 980円 980円
付加機能使用料(iモード) 315円 315円
付加機能使用料(メロディーコール) 105円 105円
メロディーコール音源利用料 105円 105円
ケータイ補償 お届けサービス 315円 315円
ユニバーサルサービス料 8円 8円
mopera U スタンダードプラン 315円 315円
パケ・ホーダイ ダブル 5,985円
(上限一杯まで使う)
390円
(無料分で収める)
b-mobileSIM U300 1ヶ月契約 - 2,980円
合計 8,128円 5,513円

なんと、毎月2,615円もお安くなります!!しかも、b-mobileSIMに完全移行した暁には、1年契約のパッケージにしたり、パケホーダイダブルを解約したり、moperaUを解約したりすることでさらに料金を下げることが可能になるわけです!さらに、2台体制をとることで、通話を行わないことによるXperiaのバッテリー消費の低減が期待されたり、何より、おサイフケータイが使えるようになる!という思わぬ副産物(というより、これが狙いか?)があります。

今月は既にパケホ上限オーバーですので、来月からこの作戦に切り替えてレポートしようと思います。乞うご期待。

※2010/4/14追記

少し気になったので日本通信にウェブサイトの質問フォームからいくつか質問してみました。質問の要旨と回答の原文を掲載します。ご参考までに。

質問1:b-mobileSIMカードの利用開始日と期限の考え方は?開通手続きをした時が利用開始?

b-mobileSIM U300の利用期間は、開通手続だけでは開始されません。開通手続後、通信デバイスにSIMを挿入し、接続設定をして、初回通信が行われた日から利用開始となり日数のカウントがスタートします。

ご購入からご利用開始、および、開通手続きを済まされてから利用を開始するまでの日数には特に制限もございません。

おぉ、なんて良心的。

質問2:XperiaはSIMロックされてるけど普通に使える?何か特別な設定がいる?

b-mobileSIMは、DocomoFOMAネットワークが使用できる端末でご利用いただける製品です。

XPERIAは、DocomoFOMAネットワークが使用できる端末ですのでSIMロックに関係なくご利用いただけ、特別な設定も必要ございませんのでご安心ください。

うーん、まぁ、特別な設定なしで使えるって解釈で良いのかな。

質問してから回答まで約1日。対応も丁寧で、イイ感じですね。

※2010/4/14さらに追記

コメントにご指摘があったので、ぎりぎりまで切り詰めた場合の料金表も載せておきます。

docomoのみの
場合
b-mobileSIMを
併用した場合
タイプSSバリュー+ファミ割★MAX50適用 980円 980円
ユニバーサルサービス料 8円 8円
mopera U スタンダードプラン 315円 解約
パケ・ホーダイ ダブル 5,985円
(上限一杯まで使う)
解約
b-mobileSIM U300 1年契約 - 2,483円
(1ヶ月あたりの料金)
合計 7,288円 3,471円

こ、これは2台分の値段じゃないな。ちょっと前まで基本料金だけでもこれぐらいは普通に払っていたよ。

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ: ,

さらばおサイフケータイ

Xperia買いました。発売日当日の4/1に。数日間使用した感想としては、イイ!とてもイイです!

ただし、この感想は、Palmをこよなく愛し、CLIE TH-55の置き換えを狙って購入したデジタルガジェット好きオヤジとしての感想です。そうではない普通の人たちにこのケータイ(スマートフォンではなくあえてケータイと書く)がお勧めかというと、必ずしもそうではないと思いました。

予約が5万件もあったとのこと。iPhoneからの買い替えは無いとして、購入した人の中にはスマートフォンやPDAが初めてと言う人も多かったのではないでしょうか。そう言った人達にとって、Xperiaはかなり敷居が高いのではないかと思います。早くも後悔した人も結構いるのではないかと。

iモードやおサイフケータイなどドコモのサービスが今までどおりには使えないということは各所で散々言われていますが、それよりも文字入力や各種アプリなど、ケータイとしての基本機能の操作方法や使用感があまりに違うことで、「使えねー」と思ってしまった人も多いと思います。

そこで、私が感じたXperiaの「使えねー」ところと、その克服法を挙げてみたいと思います。

  • タッチパネルは操作に慣れが必要

XperiaのタッチパネルはiPhoneなどと同じ静電容量方式です。この方式のタッチパネルは一昔前のものとは比較にならないほど感度が高く、指先が少しかすっただけでも読み取られてしまいます。スタイラスも使えず、CLIEとは全く別物の使い勝手に、最初はかなり戸惑いました。が、すぐに慣れました。

  • 文字入力の問題

標準で付いている文字入力用アプリのPOBox Touchは予測や変換の精度が非常に高く、動作も軽くてとても良いのですが、キートップのサイズが小さすぎます。大きい自分の指ではミスタッチの連続でストレスがたまり、タッチパネルの扱いに慣れるまではかなり苦労しました。慣れればそれなりに高速に入力できるようになります。

文字入力アプリにはsimejiやOpenWnnなどのフリック入力ができるものもそろっています。simejiなどはカーソルキーなども使えて便利なのですが、入力方法が今までに無く特殊なので、扱いには慣れが必要です。また、POBoxに比べ予測と変換の精度が劣るところも少し残念です。フリック入力とPOBoxのようなフルキーのものと、どちらが高速に入力できるかというと、これはもう完全に慣れの問題かと思います。

  • メールがプッシュ配信じゃない

GMailは実はプッシュ配信ではありません。一定時間ごとに自動で確認に行くというものです。メール受信のタイムラグは時間間隔の設定によります。バッテリーとパケット代と相談して設定する必要があります。ケータイのメールをプッシュ配信前提で考えている人は、考え方を改めるか、Xperiaをあきらめるしかありません。

  • アプリ選択のための試行錯誤が必要

PDAから来た人にとっては普通のことですが、いわゆる一般のケータイとは違って、標準で入っているアプリを使い続けなければならないという義理はありません。アプリを好きに入れて使うことができるのですが、自分のやりたいことに合った、デザインや使い勝手も自分好みの、となるとなかなか見つかりません。この辺りを試行錯誤することも醍醐味ですが、これを好んでできる人じゃないと、Xperiaは(スマートフォン全般は)キツイかと思います。

  • 予定表アプリがあまりにもお粗末

これは、Xperia最大の、いや、Android最大の問題かもしれ ません。私は今までCLIE TH-55でAgendusという予定表アプリを使ってきたのですが、これに比べるとAndroidのカレンダーアプリはゴミです。全く使い物になりません。Androidマーケットでいくつかアプリを試してみましたが、 Agendusを置き換えられるようなアプリには今のところお目にかかれていません。これについて書き始めるときりがないので、別の機会に。

  • アドレス帳の移行をやってもらえない

既存のケータイからのアドレス帳などのデータ移行は、ドコモショップをはじめどこの販売店でもやってもらえないと思っておいたほうが良いです。PCを利用したり、SDカードを使って移行したりする方法があるようですが、自分で方法を探して自分で移行する必要があります。私の場合、アドレス帳の件数は200件もないので全て手で移行しました。文字入力の問題もあり、その後行った「アドレス変わりましたよメール」の発信とあわせてかなり苦しみましたが、今となっては良い思い出です。

こういった苦しみを乗り越えられない人にはXperiaは向きません。

  • バッテリーの持ちが悪すぎ

これは仕方のないことなのでしょうか。最初は特にいじりまくりますから、1日に2回の充電が必要でした。そのために各種充電グッズを揃えましたが、こういった出費を惜しんでいるようではXperiaは向かないです。

ま、問題はいろいろありましたが、おおむね「慣れ」だけで克服できるという結論でしょうか。また、こう言ったデジタルガジェットものが好きな人じゃないと、最初のつまずきから復活できなくなってしまうかもしれないという危険はあると思いました。買って後悔してしまった皆さん、がんばって使い続けてみましょう。

実は、自分にとって一番インパクトが大きいのは、おサイフケータイが使えなくなったことだったりするのですが、こればっかりはどうしようもないですね。Suicaオートチャージなど、目的に合わせた代わりになりそうなサービスに切り替えて行くしかないです。

あとは、予定表アプリを何とかしなければ。CLIE TH-55を置き換えるのはまだまだ先になりそうです。

これを機にTwitterはじめました。フォローはお気軽にどうぞ→ aibirdie

この記事をついーと
カテゴリー: IT関連 タグ:

今を買うか未来を買うか

SAMSUNGのWindows Mobile 6.5、QWERTYキー搭載のスマートフォンSC-01Bがついに発売されましたね、という話。WindowsケータイFANに早くも購入レビューが出ています。

WindowsケータイFAN: SC-01B/購入レビュー

SAMSUNG初のdocomo端末ということもあって、新規で17,000円、買換えでも20,000円と、価格もかなり戦略的です。

iモード端末価格調査: P-02B、SC-01B発売

事前の噂どおりの低価格です。この価格は店頭価格なので、各種割引や各種ポイントを利用すると数千円にまで下げられるのでは。これだけ安いと衝動買いしてしまいそうで怖いですね。XperiaかSC-01Bかと迷っていて、最近はAndroid搭載のXperiaに気持ちが移っていたのですが、これはまずいな。しばらくヨドバシには近寄らないようにしよう (w

Xperiaのソニエリ独自のUIやアプリも良いのですが、GMail等のAndroid標準アプリのほうは日常的に使うとなるといまいちこなれていない感じがするのですよね。独自UIにしても、「直観的な操作性がコミュニケーションを自由にする、新感覚エンターテイメントマシン」って、そもそもエンターテイメントも自由なコミュニケーションもケータイにそれほど期待しているわけじゃないし。そんな私のような人間には、現時点で実用的に使えるものを、と思ったらやっぱりSC-01Bに分があるように思います。QWERTYキーも付いてるし。

しかし、しかしながら、Androidはこの先間違いなくモバイルOSのデファクト・スタンダードの一つになると思われます。開発環境なども無料で揃うし、Android OS自体のカスタマイズ性も含めて、黎明期特有の混沌とした面白さがあります。

今を買うか、未来を買うか、、、迷ったら、、、迷ったら、両方買いますか!?いやいや、まさか、、、!?

Android搭載端末と言えば、↓こんな変端末も出ています。カオスですね。

Android搭載/トリプルブート対応の小型端末が発売、UbuntuやWindows CEも起動

実はXperiaよりもこっちの方が気になってたりして。

この記事をついーと

SO-01BとSC-01B

遂に遂に正式発表と相成ったソニエリ・ドコモのAndroid端末「Xperia」。個人的に期待していたWindows Mobile端末はどこかへ吹っ飛んでしまった、と言う話。

ドコモ、ソニー・エリクソン製Android端末「Xperia」発表

このソニエリ端末については、これまでいつ出るかも解らない状態が続いていたために、QWERTYキーボード付きのSAMSUN製Wndows Mobile端末に興味が行っていました。が、SAMSUN端末についても、最近はめっきり露出が減っていて、しかも発売予告の2月まで2週間を切っているにもかかわらずモックはおろか価格の発表もなされておらず、やきもきしておりました。

そこへ来て、ソニエリのこの発表です。しかも、当初の予想より早い4月の発売となれば、うぅぅ、これはちょっと考えてしまいますね。

型番はSAMSUN端末がSC-01Bなのに対して、ソニエリがSO-01Bと僅かに1文字違い。なのに、内容はと言うと、方やビジネスユース優先のSAMSUNに対して、バリバリエンタメのソニエリと、まさに正反対というのも面白いですね。しかも、ソニエリ端末は「ドコモ・スマートフォン」という「PRO Series」とは一線を画した新カテゴリーに入れられています。この待遇の違い。あーぁ、SAMSUNも出すタイミングを間違えたな。年明け前に出ていればまた違っていただろうに。

キーボードレスなので文章入力に不安を感じますが、早く現物が触れるようになることを楽しみにして待ちたいと思います。

この記事をついーと